ことば学
言葉は心。ことばは人生

2年ぶりの

 
たいして詳しくもないのに、ワイン会なるものに、
定期的に参加していました。
 
 
それが、主催者の方の体調不良により中止となったのが2年前。
 
 
寂しい思いをしていたのですが懇親会として復活しました。
 
 
 
 
 
 
 
場所は、これまでと同じく、表参道の
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大変ステキなレストランです。
 
 
 
 
 
個人では、なかなか手に入れられない貴重なワインと、
それに合わせて特別に考えられたお料理。
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、この空間。
 
 
 
 
 
 
 
 
まさに三位一体の素晴しさ。
 
 
 
そして、テーブルを囲んだ方との楽しい会話。
 
 
 
 
極上の時間を過ごさせていただきました。
 
 
 
感謝 ?
 
 

経済的に

 
最近、またちょっと太りぎみ
 
 
と思いつつ、ハワイ島へ行ってきました。
 
 
 
向こうに行くと、立派な体格のみなさんが
堂々と自信たっぷりに歩いていらっしゃり、
 
 
 
あんまり太った太ったと、気にすることもないかぁ~
 
 
 
と、思ったりもしたのですが……
 
 
 
 
やはり、今持っている洋服が入らなくなるのは不経済なので、
ギリギリ洋服が着続けられる体型は維持したいと思います。
 
 
 
 
 
 

投稿日時: 2019年06月14日

カテゴリ: スケジュール

, ,

思い込みにご用心

 
こんなことって、ありませんか?
 
 
 
例えば……
 
チョコレートが大好きな人がいて、
回りの家族や友だちも、みんなチョコレート好きだと
世界中の人も、みんなチョコレート好きに違いないと
思い込んでしまうってこと。
 
 
 
そんなこと、ありませんか?
 
 
 
 
 
自分にとって、あまりに当たり前のことは、世間でも当たり前だろうって
思い込んでしまうってこと。
 
 
 
わたしには、あります。
 
 
 
 
 
例えば、わたしは昔から夢でメッセージを受け取ったり
不思議な経験をしてきたので、
スピリチュアルな世界はあると、無意識のうちにも信じていたし
ずっと興味があって学んでもきたし、
わたしにとっては当たり前の世界になっていました。
 
 
 
そうなると、自然と、回りにもスピリチュアルに理解のある人が多くなります。
 
 
 
 
すると、世間全体も、スピリチュアルな世界を知っている・理解しているものと、
いつの間にか思い込んでしまっている。
 
 
 
 
でも、ある時、スピには全く無縁の人に出会って
 
 
 
あ、そりゃそうだよな
 
 
 
と、今更ながらに氣づかされる。
 
 
って、そんなこと
 
 
 
 
 
自分と回りが同じような人ばかりだと、自分でも氣がつかないうちに
大袈裟に言えば、世界中の人たちがそういうものだと思い込んでしまう。
 
 
これって、いつの間にか
 
 
視野が狭くなっている
 
 
ってことなんだろうなって。
 
 
 
 
最近、スピに関することではありませんが、
そんなことに改めて氣がつく機会があり、反省したのでした。