ことば学
言葉は心。ことばは人生

『 謙遜 』とは

フェイスブックでつながっている方から、こんな質問をいただきました。

抜粋で紹介させていただきます。

 

* * * *  *

 

謙遜って、 いつ頃日本に入ってきたのでしょうか?

戦国時代に謙遜してたら抜擢されないですよね?

ブッダは唯我独尊って言ってますよね?
自分を大切にしてますよね。

 

いつから、 ややこしくなったのでしょう??

 

* * * * *

 

といった内容でした。

すでに返信済みですが、せっかくなので、もう少し詳しくしたものを、ここに紹介させていただきます。

 

* * * * *

 

まず前提として『言葉は環境から生れたてきた』ものえあるということがあります。


『伝える』という点のみに着目すると、言葉は単なる道具ですが、『環境から生まれる』という点に着目すると、言葉もまた、その国が誇る素晴らしい文化であることがわかります。


『謙遜』は、かつての中国で生まれた言葉(考え)です。
ちなみに、漢字(中国語)はだいたい5C頃から日本に伝わってきたと言われます。

693c041886ec99996f4af75481805e66_s

 


それぞれの漢字の意味は、

謙・・・『へりくだる、でしゃばらない』

遜・・・『へりくだる、少し劣る、譲る』

となっています。


『謙遜』という言葉の意味も、『自分を低いものとして、相手に対して控えめな態度をとる』とあります。

 


よく似た言葉に『謙譲』がありますが、こちらは『自分の能力や功績を人前で誇ったりせず、相手を立てることを第一とする』とあります。


『謙遜』には、まず自分を低いものとするという発想がありますが、『謙譲』には自分に能力や功績があることが前提になっていることがわかります。

『謙譲の精神』という表現があるように、本来の日本人には『謙遜』より『謙譲』の方が、その心に叶っているように思います。

 

ちなみに『謙遜』を言靈でエネルギー翻訳すると、『大いに寄り添う気持ちを表に出す』といった意味になります。

そのエネルギーをどんどん強調していった結果、ただひたすらに自分を低くするという、現在の『謙遜』になっていったのかも・・・

 


さて、『唯我独尊』ですが、これは釈迦が唱えた『天上天下唯我独尊』の略。

つまり、こちらはインドで生まれた言葉です。

言葉の意味は、

 

天と地の間にあって、我より尊い存在はない。

 

という、自尊心を称えた言葉です。


かつての中国で生まれた言葉と、インドで生まれた言葉。

環境が違えば、そこで暮らす人々の思想も異なり、生まれる言葉も変わります。


面白いものです。

 

 

投稿日時: 2016年01月27日

カテゴリ: スケジュール

, , , , ,

“ 勇氣 ” について

彼氏(彼女)が欲しいけれど見つからないと嘆いているあなたへ

mig

 

あなたには、勇氣がありますか?

いつも、誰かとつるんでばかりいては、あなたに声をかけたいと思っている人がいても、なかなか近づけません。

 

あなたには、勇氣がありますか?

 

一人で街に出て、一人で食事をしたり、一人でお茶を飲んだり。

 

あなたには、勇氣がありますか?

 

一人で、一人の場所や時間を過ごす。

 

そんな、勇氣がありますか?

 

* * * * *

 

今朝、ふと降りてきたメッセージでした。

投稿日時: 2015年11月21日

カテゴリ: スケジュール

『 違い 』と『 差 』

わたしは、26歳の時に最初の結婚をし、39歳で離婚しました。

この13年間の結婚生活を長いと見るか短いと見るかは、人それぞれでしょう。

けれど、後ろを振り向かず、新たな人生を開拓していく覚悟を決めるため、わたしにはこれだけの年月が必要だったのだと思います。

 

*****

 

この世には、単純に分けると『男』と『女』がいます。

『男』と『女』は、脳や体の構造(筋肉の付き方とか子宮があるとかないとか)に違いがあります。

違いから来る役割の違いもあります。

 

例えば、妊娠・出産は『女』にしかできないとか、重たいものを持ったりするのは、どちらかといえば『男』の方が向いているとか…

 

けれど、それらは、あくまで『違い』であって、『差』ではないと、わたしは思うのです。

 

重い物を持ち上げることのできる男の方が、持ち上げられない女より優秀なわけではありません。

 

同様に、出産をできる女の方が偉くて、出産できない男が劣っているわけではありません。

それらは、単に『違い』であって、『差』ではありません。

 

『違い』と『差』。

ここを、履き違えると、悲劇です。

 

『違い』は『区別』に繋がりますが、『差』は『差別』に繋がります。

 

今、振り返ってみると、前の夫は、『違い』を『差』と捉える傾向が強かったように思います。

 

※その辺りのことは、今後連載プロフィールの方で、じっくり書いていく予定です。

 

*****

 

『違い』と『差』。

 

人間一人ひとりも同じです。

勉強が得意な人間が、不得手な人間より偉いわけではありません。

足の早い人間が、遅い人間より立派なわけではありません。

それらは、『違い』。

これを言い換えると『個性』になります。

 

それぞれに個性があるわけですから、その個性を活かすための『区別』は必要です。

 

けれど、それが『差別』に繋がらないよう、心していきたいものです。

投稿日時: 2015年09月9日

カテゴリ: スケジュール