ご報告『日本語の素晴しさ再発見』 in NY

ワークショップinニューヨーク - コピー

3月27日に、ニューヨークで 『日本語の素晴しさ再発見』というワークショップを開催させていただきました。

開催場所は、New Amsterdam School

ここはシュタイナー教育を実践している学校だそうです。

そこを月に2回借りて日曜学級を開いている保護者や先生方からの依頼でした。

日曜学級では、子どもたちに算盤・習字といった日本的なことを中心に歌や料理なども教えているそうです。

 

さて、彼の地で暮らす子どもたちは、当たり前のようにバイリンガルとして育っています。

そして、いつしか流暢な英語と、おぼつかない日本語を話すようになっていきます。

そんな子どもたちに、日本人であるご両親は日本語がステキな言葉であることを教え伝えたいと願っています。

でも、どう教え伝えていいのかを悩んでおられたのです。

そこに、「こんな人がいるらしいよ」と、わたしのことが伝わり、今回の依頼となりました。

ちょうど夫がニューヨークに出張に行くことになっていたので、それに便乗してわたしも渡米。

めでたく、ワークショップの開催が実現とあいなりました。

 *ワークショップは、このように日本のみならず海外でも出張開催は可能です。

  ただし、日程調整に数カ月いただく場合があります。

 

まずは、子どもたちに『あおうえい体操』を伝授。

2016-03-26 23.36.26 子どもたちに紹介していただいているところ。

 

それから、保護者さん向けに2時間。こちらは、地下のフリースペースで~2016-03-27 00.30.42

わたしの説明に、

 

そうそう

 

とか、

 

こういう場合は、どうでしょうか

 

といった鋭い質問も・・・

終了後、 保護者のみなさんと記念撮影。

2016-03-27 02.40.12

 

休憩を挟んで先生向けに1時間。

2016-03-27 04.12.31 一階にある教室にて、リラックスムードで~

1時間という短い時間の中で、目いっぱいお話しさせていただきました。

 

みなさん熱心に聞いてくださり、興味深い質問も出たりして、どちらも少し延長してしまいました。

 

ワークショップ受けてくださったみなさん、ありがとうございました。

そして、ブログを読んでくださったみなさまにも感謝です。

 

 

セミナー『 日本語の素晴らしさ再発見 』

IMG_20160107_144427 (1) - コピー

2020年に東京でオリンピックが開催されますね。

そこで、外国語を習得しようとお考えの方もいらっしゃることでしょう。

 

そんな時だからこそ、今改めて日本語を見つめなおしてみませんか?

 

 

豊かな自然に恵まれた島国日本。

そこで生まれ育まれた言葉、日本語。

さあ、一緒に紐解いてみませんか?

 

 

1.『ことだま』ってなんだろう?

日本では古来より言葉には靈的なチカラが宿っていると考えられてきました。

結婚式での忌み言葉などがよい例です。

 

 

2.言葉は、どうして生まれてきたの?

「環境は言語を作り、言語は人を作る」と言われます。

日本語は、どのような環境から生まれてきた言葉なのでしょう。

“ 手段 ” としての言葉と、“ 文化 ” としての言葉について考えてみましょう。

 

 

 3.日本語の特徴

日本語は、世界でも稀有な言語です。

その特徴を他言語とも比較しがら、簡単に整理してみましょう。

 

 

 4.ひらがなに込められたエネルギーについて

日本語の特徴は、特に母音にあります。

母音一音一音の特徴を、体でも感じてみましょう。

 

 

5.各行のエネルギー傾向

ア行、カ行など、各行にもそれぞれの意味(エネルギー傾向)があります。

具体的な例とともに、お話しします。

 

 

 6.漢字について

漢字の持つ意味の具体例をいくつか挙げてお話しします。

 

 

※ 所要時間:約2時間(休憩あり)

  参 加 費  :6000円

※2名様より開催

※年に数回、各地で開催予定

 その際は、随時HPやブログ、FBで告知させていただきます。

※お知り合いの方などお誘いいただいて2名様以上集まれば、出張開催もいたします。

 

お問合せ・お申し込みは、こちらまで ★★★