わたくし的吉貯金

塩姉さんから学ぶ氣学の中で、吉貯金というのがあります。

 

詳しいことは、わが家でも開催していただく氣学教室にお任せするとして、

それは例えて言うなら、日々の10円玉貯金のような感じ。

 

 

あ、それよりスーパーなどのポイントカードのよ方が分かりやすいかも。

 

 

できる日にコツコツしていけば、いつの間にかポイントが貯まっていて、

 

大喜び~っ

 

てね。

 

この吉貯金、それぞれの人の吉方位でするんだけど、

吉方位のない日も、もちろんあります。

 

 

わたしにとってのそんな日は、

 

 

近場で用事を済ませる日

 

と考えております。

 

 

でも、もう一つの考え方は、

 

夫と一緒に出かけてランチしたり~

 

という日。

 

 

これも、また、吉方位ならぬ夫方位?での吉貯金かと……。

 

スカイツリーを見ながらの、お得な焼き肉ランチ。

 

 

美味しいものを美味しく

今日は、塩ねえさんとランチをしてきました。

 

伺ったのは、コレド室町の

 

ラ・ボンヌターブル

 

 

 

 

スパークリングワインとともに、美味しいランチをいただきました。

 

 

美味しいものを美味しくいただけるのは、心も体も健康であることと、楽しく語らえる仲間がいればこそ。

 

本当にありがたいことです。

 

 

そのあと福徳神社にお参り。

 

今日の楽しい時間への感謝を申し上げてきました。

 

 

 

 

 

 

目指せ、人生の目利き!

昨日は、

 

有田焼のルーツを探る

~ 目利きになるには ~

 

という会に参加してきました。

 

テレビ東京の「なんでも鑑定団」でお馴染みの、

勝見充男さんの楽しいお話とランチを楽しむという内容。

 

夫が番組のファンで、見落としのないように毎回ビデオに撮っています。

 

 

さて、先生のお話しになった中で

印象に残ったことを買いておきたいと思います。

 

 

 

目利きとは、

知識と感性のバランスがとれている人

 

 

のことだそうです。

 

 

 

そして、

 

 

偽物は知識に基づいて作られている

 

 

 

つまり、

 

古伊万里というのは、こういう特徴があるから、ここをこうして……

 

と作られる。

 

だから、知識だけで見に行くと偽物を掴んでしまう。

 

と。

 

 

 

 

まずは、

 

自分の感性に訴えてくるか

 

琴線に触れるか

 

それが、大事

 

 

 

でも、感性だけでは、欲しいと思う品物と値段が釣り合っているかがわからない。

 

だから、知識と感性のバランスとれていることが重要なんだそうです。

 

 

 

これは、なにも骨董の世界だけに当てはまる話ではなく、

ごく身近な生活の中でも言えることなのではないでしょうか。

 

 

 

そんなことを考えながら、美味しいフレンチのランチをいただいてきたのでした。