見える景色

 
自書
 
 
氣づきと学び
 
自分を愛して生き抜いて
 
 
が、絶賛?発売中ですが……
 
 
 
 
この本に書いたような人生を生きてきたわたしには、
そこから会得した格言があります。
 
 
 
それは、
 
 
 
苦労も乗り越えてしまえば
いい経験に変わる
 
 
 
です。
 
 
 
 
苦労というのは、やってきた時は
目の前に立ちはだかる険しい山に見えます。
 
 
 
こんな山、とっても乗り越えられない……
 
 
と、思います。
 
でも、苦労から抜け出したければ、
あの険しい山を乗り越えて、あちら側に行くしかありません。
 
 
 
 
よし!
 
 
 
 
と、覚悟を決めて山を上ることにします。
 
 
 
一歩一歩、上っていきます。
 
 
 
上っている間は、上ることに夢中で意外と大変さは感じません。
 
 
 
さらに一歩
 
 
また一歩
 
 
 
 
そうして氣がつくと、いつの間にか
山を乗り越えてあちら側に着いています。
 
 
 
あれ、いつの間に
 
 
と、振り返ってみると、険しい山だと思っていたものが
富士山のような山に変わっている。
 
 
 
 
その美しさといったら……
 
 
 
 
 
 
 
苦労なんてしないで済むなら、
それに越したことはないかもしれません。
 
 
 
けれど、乗り越えた時に見える
 
 
 
景色の美しさ
 
 
 
を考えると、
 
 
 
苦労してみるのも
決して悪くはない
 
 
 
そう思えます。
 
 
 
 
 
♪★*☆♪★*☆♪★*☆♪
 
 
 
 
苦しい今が、人生のすべてではありません。
 
 
いつかは自分で扉を開けて
新たな一歩を踏み出せる日が必ずきます。
 
 
そんな日を迎えるための、お役に立てたら  ※。.:*:・’°☆
 
 
 
 
 
 
 
ご注文は、こちらから 
 
 
 
 

愛は、どこへ

昨日の
 
 
 
語感辞典づくり
 
 
 
の記事について、こんな意見を寄せていただきました。
 
 
 
 
 
私は正直、子供が苦手な人間の1人なのですが、このブログを読んで親よりも子の方が「愛」に溢れた存在の様感じてしまいました。
子供以外に無条件に「大好き」なんて言ってくれる存在って中々いないなぁと。
 
あ、でも、それは親も同じか!
 
 
 
 
 
 
話は、少し変わりますが、
以前、子どもの書いた詩を読んだ親が
 
「うちの子は、天才だ❗️」
 
と喜ぶけれど、子どもの言葉数を知らない中で表現する。
 
それが大人からは、才能があるように見えるだけ。
 
大切なのは、その感性を大人になっても
失わずにいることだ。
 
 
 
という芸術家の話を聞いたことがあり、
 
 
 
 
 
なるほど~
 
 
 
 
と、いたく感心したことがあります。
 
 
 
 
 

 
 
というものは、子どもの中にも大人の中にも同じようにあると思うのです。
 
 
 
けれど、大人になると、
 
 
 
照れ
 
 
 
とか、
 
 
 
 
恥ずかしさ
 
 
 
とか
 
 
 
見栄
 
 
 
とかが、邪魔をして素直に表現することが
できなくなってしまうのでしょう。
 
 
 
 
近しい関係だからこそ
 
言えること
 
言えないこと
 
 
 
 
近しくない関係だから
 
言えること
 
言えない
 
 
 
ってのが、きっとあって……
 
 
 
 
でも、
 
 
 
 
後悔のない人生
 
 
 
 
という視点で考えると、
 
 
 
 
言えるときに
 
 
 
言えることを
 
 
 
言っておきたい
 
 
 
と思います。
 
 
 
 
 
 
 
 

動けば、動く

 
 
こうなって欲しい
 
 
 
 
と思いつつも、
なかなか思い通りに事が進まない……
 
 
 
 
 
 
そんな時は、
 
 
 
 
まず動きましょ 🚶
 
 
 
 
 
 
こうなって欲しい
 
 
 
と思う事に対して、
 
 
 
 
今できること
 
 
 
 
小さな一歩でいいから、
 
 
 
 
 
踏み出して 👣
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そうすれば、
 
 
 
 
 
必ず動き出す
 
 
 
 
 
から。
 
 
 
 
 
 
それは、
 
 
 
ほんの小さな動きかもしれない
 
 
 
いきなりグワッと動くかもしれない
 
 
 
でも、動かなければ、
何も変わらない。
 
 
 
 
だから、
 
 
 
一歩を踏み出そう 👣  👣  👣