美味しいものを美味しく

今日は、塩ねえさんとランチをしてきました。

 

伺ったのは、コレド室町の

 

ラ・ボンヌターブル

 

 

 

 

スパークリングワインとともに、美味しいランチをいただきました。

 

 

美味しいものを美味しくいただけるのは、心も体も健康であることと、楽しく語らえる仲間がいればこそ。

 

本当にありがたいことです。

 

 

そのあと福徳神社にお参り。

 

今日の楽しい時間への感謝を申し上げてきました。

 

 

 

 

 

 

目指せ、人生の目利き!

昨日は、

 

有田焼のルーツを探る

~ 目利きになるには ~

 

という会に参加してきました。

 

テレビ東京の「なんでも鑑定団」でお馴染みの、

勝見充男さんの楽しいお話とランチを楽しむという内容。

 

夫が番組のファンで、見落としのないように毎回ビデオに撮っています。

 

 

さて、先生のお話しになった中で

印象に残ったことを買いておきたいと思います。

 

 

 

目利きとは、

知識と感性のバランスがとれている人

 

 

のことだそうです。

 

 

 

そして、

 

 

偽物は知識に基づいて作られている

 

 

 

つまり、

 

古伊万里というのは、こういう特徴があるから、ここをこうして……

 

と作られる。

 

だから、知識だけで見に行くと偽物を掴んでしまう。

 

と。

 

 

 

 

まずは、

 

自分の感性に訴えてくるか

 

琴線に触れるか

 

それが、大事

 

 

 

でも、感性だけでは、欲しいと思う品物と値段が釣り合っているかがわからない。

 

だから、知識と感性のバランスとれていることが重要なんだそうです。

 

 

 

これは、なにも骨董の世界だけに当てはまる話ではなく、

ごく身近な生活の中でも言えることなのではないでしょうか。

 

 

 

そんなことを考えながら、美味しいフレンチのランチをいただいてきたのでした。

 

 

 

 

 

手放しちゃえ~

先日、友だちが2人、猛暑の中、遊びに来てくれました。

 

年代も環境も全然違う3人が、料理とワインをお供に、あれやこれやとおしゃべり。

 

薬膳土鍋料理と友だちが差し入れてくれたサラダ、

そして夏におすすめの里芋サラダ

 

 

そして、最近はまっているおからキッシュ

 

それぞれが、それぞれに悩みや楽しみを持っていて……もちろん、わたしも。

 

 

わたしには、手放してもいいのに、手放せるのに、手放したくない悩みがあります。

 

手放してもいいのに

手放せるのに

 

手放したくない

 

ってところが、情けないところで。

 

手放したくないっていうか、手放してやりたくない、みたいな?

 

なんと、自分は意地が悪いのかとさえ思ってしまうのですが。

 

手放しても全然困らなくて、手放した方が絶対自分は気楽になれるのに、

なんか許してやりたくない。みたいな?

 

「許してやりたくない」って、別に何をされたわけでもないのです。

 

でも、そんな歪んだ気持ちが、わたしの心の中にあったのですが。

 

直接そのことを、みんなに話したわけではないのですが、

色んなことを話しているうちに、わたしの心の中に

 

手放しちゃっていいかな。

いや、手放せる。手放しちゃえ!

 

 

という思いが湧いてきました。

 

 

会話は不思議です。

 

一人で考えていたらたどり着けない思いに、いつの間にか連れていってくれます。

 

人と話すことは、素敵だなと思った一日でした。

 

 

素敵なお花もいただきました。

ありがとうございます。