思わぬ拾いもの

一昨日、大阪に行ったのは、
とある講演会に参加するためでした。
 
 
 
正直、その講演会に、
それほど興味があったわけではありません。
 
 
 
 
 
講演会にかこつけて、
たまには大阪に行ってみるかな
 
 
 
 
 
そんな、感じ。
 
 
 
 
 
そういうこと、多いです。
 
 
 
 
せっかく行くなら
 
 
 
 
って、グリコのおまけのように、
なにか、他のお楽しみを付けること。
 
 
 
 
だって、その方が楽しいから  💖
 
 
 
 
 
 
で、今回は、ブログに書いたような
神社巡りをしてきたのでした。
 
 
 
 
 
さて、肝心の講演会ですが、
 
 
 
 
子育てに引っかけての
 
 
 
2次元・3次元・5次元の話
 
 
 
や、
 
 
 
 
日本にいると
日本が見えない
 
 
 
 
日本人は、日本に生まれた意味を
今一度よく考えては?
 
 
 
 
 
といった内容で、
大変にわたし好みでした❗️
 
 
 
 
これは、思わぬ拾いものをしたぞ
 
 
 
と思いました。
 
 
 
 
 
 
 
ところで、わたしは以前、
 
 
 
 
日本語教師養成講座
 
 
 
 
に通って資格を取りました。
 
 
 
 
 
でも、それは日本語教師になりたかったからではなく、
日本語を、
 
 
 
 
別の視点から
 
見てみたかったから
 
 
 
 
 
です。
 
 
 
 
 
 
わたしたち日本人にとっての日本語について学ぶ機会は、
学校の国語の授業でした。
 
 
 
 
 
でも、それは、
 
 
 
 
日本人にとっての日本語
 
 
 
 
です。
 
 
 
 
 
わたしは、もっと別の視点から、
見てみたかった、知りたかった。
 
 
 
 
そんなとき、目に入ったのが
 
 
 
 
日本語教師養成講座
 
 
 
 
でした。
 
 
 
 
 
日本人にとっての日本語
 
 
 
 
ではなく、
 
 
 
 
外国人のとっての日本語
 
 
 
 
面白いです。
 
 
 
 
これまでの人生で
 
 
最も
 
 
 
積極的に
 
真面目に
 
 
 
そして、
 
 
 
楽しく
 
 
 
学んだ半年でした。
 
 
 
 
幸せだったなぁ~
 
 
 
 
 
 
 
日本は島国なので、自ら意識して動かないと
日本を外側から見ることはできません。
 
 
 
 
留学なんてしなくても、旅行で十分です。
 
 
 
海外に行って、トイレに入るだけでも、
 
 
 
日本の場合は……
 
 
 
と、日本について客観的に見たり考えたりできます。
 
 
 
 
これは、日本と外国だけでなく、国内でも同じ。
 
 
 
 
たとえは、東京から大阪に行くと、
エスカレーターの並び位置が左右逆ですし、
うどん屋に入れば、出汁が違います。
 
 
もちろん、言葉も。
 
 
 
たた、駅前のお店とかはほぼチェーンで占められているので、
あまり代わり映えがしないのが寂しい。
 
 
 
 
 
 
これからも、あれこれにかこつけて、
あちらこちらに行って、
いろんなものを見て、
いろんなことを感じたりしたいな。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

お金は目的か?

氣学や易学に精通している友人がいます。
 
 
彼女に教えてもらった
 
 
 
吉貯金
 
 
 
 
 
 
恵方参り
 
 
 
は、
 
 
 
できるときに
 
 
 
できる範囲で
 
 
 
 
しています。
 
 
 
 
 
 
いいと言われることは、
 
 
 
 
 

とりあえずやってみる派

 
 
 
 
です。
 
 
 
 
 
そのことを人に説明するときに、
 
 
 
 
わたし、人生に貪欲だから
 
 
と、ちょっとふざけた言い方をしたりします。
 
 
 
 
 
この
 
 
 
人生に貪欲
 
 
 
 
というのは、わたしの中では、
 
 
 
 
人生を大切にする
 
 
 
 
というのと同義語です。
 
 
 
 
 
自分の人生を
 
 
 
 
悔いなく
 
 
 
楽しく
 
 
 
生き尽くしたい
 
 
 
ということ。
 
 
 
 
 
 
 
確かに、そのために、お金は必要です。
 
 
 
 
でも、お金はあくまでも道具。
 
 
 
行きたいところへ行き
 
 
 
食べたいものを食べ
 
 
 
見たいものを見る
 
 
 
 
そんな楽しみを得るための道具
 
 
 
 
お金を稼いだり、貯めたりすることは、
それはそれで快感だとは思います。
 
 
 
でも、ただ稼いだり貯めたりだけって、
 
 
 
 
 
金槌や釘や材木を何種類も、いくつも集めるだけ集めて、
椅子ひとつ作らないようなもの。
 
 
 
わたしは、そう思います。
 
 
 
 
 
 

書くこと、伝えること

 
 
ブログを読んでくださった方から、
たまにメッセージをいただきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
わたしのプロフィールを知って、
 
 
 
わたしにも、こんなことがありました
 
 
 
と。
 
 
 
 
大変、ありがたいことです。
 
 
 
 
 
 
 
自分の辛かった体験を人に語るって、
勇気のいることだと思うからです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
でも、それは言い換えれば
 
 
 
 
語れるようになった
 
 
 
 
ということでもあります。
 
 
 
 
やっと、ここまで来れたんだね
 
 
 
 
と、嬉しくなります。
 
 
 
 
 
 
そして、わたし自身が実際に書いてみて思ったのは、
 
 
 
辛かった体験を書くことは、まず何より、
 
 
 
 
自分自身の癒しになる
 
 
 
 
ということです。
 
 
 
 
 
人のために書いたつもりが、実は、
 
 
 
 
自分の癒しになっていた
 
 
 
 
のです。
 
 
 
 
 
人に伝えるのが不安な方は、誰にも見られない日記など
ノートに書くのもお勧めです。