ご感想をいただきました

 
連載小説『お由布』につきまして、丁寧なご感想を送ってくださった方が
いらっしゃいましたので、紹介させていただきます。
 
 
ごとう ゆみこ様

初めてメッセージします。
(中略)
幼くして両親を亡くしたお由布に、自分と重ね合わせて速いペースで読み進みました。
時代劇は、その風俗を描くのにかなりしっかりした下調べが必要であり、キチンと出来ているなぁ、と思いました。
時代モノは、多くはないですが山本周五郎、司馬遼太郎などを読んでいます。

お由布と清之助。うまく噛みあえば固い絆が結ばれる組み合わせの筈が、どうしても裏目に出る。この辺りの描写はよく描けていると思いました。
読者としては、お由布に肩入れするのが普通だと思いますが、清之助の側の気持ちが良く判ります。真面目にやって来た者ほど相手に厳しくなってしまう。女性とのつきあいもなく、あまり相手を知らないうちに夫婦になり、女房とはこういうものだという先入観に支配されている。
まるで俺のことか(笑)。
その辺りの事は小説の中でも説明されており、いろんなエピソードの中で少しづつ氷解して行くのかな?と思っていましたが、なかなかその距離が縮まらない。それがお由布の持つ「かたくなさ」なのか。

しかし体調不良で寝たり起きたりの女房に、清之助もけっこう辛抱強くガマンしてるなぁと感心。
この状況なら、もっと怒っている筈。その辺りは物事を理性的に考えて、それほど横暴な人間ではないという評価をしています。

お由布が包丁で自害しようとしたところが、この小説のクライマックスですが、その後の清之助の素っ気ない態度で、まるでなかった事の様に過ぎて行く。読者としては少し物足りないところですが、それが筆者としての狙いだったかも知れません。

貸本屋を介して知り合う幸吉については、次第に縮まる距離感が自然でいいと思いましたが、幸吉が飲み屋の帰りでお由布を抱きしめたところが、少し違和感。初めて一緒に飲食をした晩の行動としては早すぎる。
それに輪をかけて、あっさりお由布の心が幸吉に傾いて行くのも軽すぎる。

そして清之助と別れ、幸吉の住む長屋で夕餉を作って待つ。この畳みかけがあまりにも早くて、やや尻切れトンボの感がありました。あえて修羅場を描かないという手法があるのも判りますが・・・

ちょっと惜しいな、という印象です。
前半の描写で清之助の事を、子供の頃から奉公で苦労し女性、妻に対して固定観念はあるものの、情がないわけではないと表現しています。
別れの場面でも、それを活かす事は出来たと思います。
幸吉の存在を知り、怒って修羅場も起きるが、自分の力ではお由布の心を溶かす事が出来ないという事を納得して離縁に応じるという流れもある様に思う。
それか、幸吉の存在で修羅場が起きる事で、清之助の本心が吐露され、それでようやくお由布の心が開くという展開もあり得る。

あの流れで、お由布が何事もなく清之助と別れて幸吉と結ばれる、というのが何か「ハーレクインロマンス」的で、深く心に残らないというのが「惜しい」。

(後略)



Yさま(男性)より
 
 
 
 
勝手に一部省略してしまい、申し訳ありませんでした。
 
 
 
さて、本当に丁寧に読んでいただき、また感想までお送りいただき、感謝しております。
 
 
 
わたし自身、ハーレクインロマンスを読んだことがないので、
 
 
 
なるほど、これがハーレクインロマンスかぁ~
 
 
 
と、納得いたしました。
 
 
 
 
 
さて、小説の書き方は、人それぞれ。
 
 
わたしの場合、多くはラストシーンがまず頭に浮かび、
そこへ向かって話を積み上げていくというタイプです。
 
 
 
それから山場のシーン。
 
これも先に頭に浮かんできたシーンを、どこにどう入れるかを考えます。
 
 
 
頭に浮かぶシーンというのは、本当にその通りで、考えて創り出すわけではありません。
 
 
 
 

不意に浮かんだシーン

 
 
 
そこに惚れ込んで、
 
 
 
ああ、ここに向かっていく書いていきたい
 
 
 
という衝動に駆られて、時代設定・人物設定を考えていく。
 
 
 
そんな感じでしょうか。
 
 
 
 
せっかく丁寧なご感想をいただいたので、これから少しお時間をいただいて
引用しながら、私なりの思いを書いていきたいと思います。
 
 
 
つづく
 
 
 
 
 
 

連載小説『お由布』 あとがきに代えて

『お由布』は、元は原稿用紙30枚ほどの 短編でした。

第79回オール讀物新人賞に応募し、3次選考まではいったのですが、

あえなく敗退。

そこを超えれば最終選考だったのですが……

今から20年近くも前の話です。 

その後、同人誌に掲載し、 そのままとなっていました。

 

今回、新たに大幅に手を入れ、 ブログに連載するという形をとり、

最終的には、原稿用紙100枚を 超える作品となりました。

 

昔書いた作品を読み返すのは、 勇気のいることです。

時間が経つと、自分の作品も 客観的に見ることができるようになるので、

その欠点にも気がついてしまいます。

 

その結果、一人で赤面したりして…

 

 

にもかかわらず、なぜ、 そんな昔に書いた作品を

改めてブログに掲載しようと 思い立ったのか?

 

それは、わたしが 自分の作品の登場人物たちを 愛しているからに他なりません。

愛しているから、彼らに、 なんとか日の目を見せてやりたいと 思ったのです。

親心とでもいうのでしょうか。

 

それに何より、書くことは楽しい💓

 

 

 

 連載中から、感想をお寄せくださった方がいらっしゃり、大変励みになりました。

 

もし、本作をお読みになっての感想をお聞かせいただけるなら、こんな嬉しいことはありません。

 

ご感想は、 ブログメッセージ、 または、こちらまでお寄せいただけると 幸いです。

 

E-mail : yumiko@yumiko-goto.com

 

 

最後になりましたが、この度は、わたしの拙い作品を最後までお読みいただき、

本当にありがとうございました。

心より、御礼申し上げます。

 

 

このあと、しばらくお休みをいただき、

秋頃から、また別の作品を 新たに連載できればと考えています。  

 

 

連載小説『お由布』 その十六(最終回)

  十六

「男の一人住まいなんざ、こんなものさね」

 照れ笑いしながら招き入れられた家は九尺二間の裏長屋だった。しかし、部屋の隅に立てかけられた衝立に脱ぎっぱなしの着物が掛かっているのと、軒先に季節外れの風鈴がぶら下がっているほかは、こぎれいに片付いていた。

 霜月も半ば過ぎ、お由布は初めて幸吉の裏店にある住まいを訪ねた。

「いや、これでも今朝ざっと掃除をしたんだがな」

 慌てて着物を丸めて衝立の向こうに放り込むと、幸吉は明るい笑顔をお由布に向けた。

 季節外れの風鈴が、りんと軽やかな音を立てた。

「ご覧のとおり、四畳半一間きりの裏店暮らしだ。けど、一人くらい増えたってな、かえって賑やかになっていいってもんだ。隣なんざ親子六人……」

 照れ隠しからか、いつも以上に陽気に話し続ける幸吉の顔が、やがて涙で歪んで見えなくなった。

 

 家に戻る頃には、辺りはすっかり夕闇に包まれていた。珍しく清之助は先に帰っていた。

「あら、今日は珍しく早いお帰りで」

 精一杯の優しい笑顔で語りかえると、もの問いたげな清之助の視線とぶつかった。

「何か、顔に付いてまして」

 笑顔を崩すことなく尋ねる。

「いや、なに。今日はまた、随分と顔色も良いようだ」

「ありがとうございます。おかげさまで気持ちの整理もつきました。あなたこそ、お仕事あまり無理をなさらないで。どうぞ、これからもお元気で」

 夫の目を見つめてきっぱり言い切ると、清々しい気持ちで夕餉の支度に取りかかるのだった。

 

 

 お由布は、これまでの自分の人生を顧みて思った。

 これまでは、ただ流されてきただけだったと。父の死。母の死。奉公。そして清之助との祝言。もの言えぬ生活。それはあたかも、降りかかる雨に傘をさしてしのぐだけで精いっぱいのような人生だった。けれど、これからは自分で考えて生きていこう。自分で考えて、そして自分で選んで生きていくのだと。雨が降ってきて濡れたって構うものか。それも、また人生だ。

 

 

 一人の男が、街道を歩いている。京への道を目指し、黙々と歩いている。

 京都の大店の奉公人であるこの男は、本店での代替わりに伴って江戸店から呼び戻されたのだった。本店では、支配役への昇進が決まっている。だが、本来なら横に付き添って歩いているはずの妻の姿はない。一人で黙々と歩を進める男の顔は、少し寂しげだ。それは、必ずしも街道を吹き抜ける北風のせいだけではあるまい。

 

 

 日はとうに西に傾いて、師走の冷たい風が時折り裏店の薄い戸口を揺らす。今もはずさずに軒下に掛けてある季節外れの風鈴の音に、心のひだも軽やかに揺れる。隣家の子供たちはもう寝てしまったのか。先ほどまで聞こえていた騒々しい声も止んで、今はすっかり静かになっていた。

「じき帰ってくる時分だろう」

 お由布は刻んでおいた青菜を小鉢に盛り付けると、ふと顔を上げた。夕闇が迫りつつある部屋の隅には、古びた柳行李と風呂敷包み。

 お由布の髪には、浅草寺で買い求めた赤い玉簪。昨夜、風呂敷包みを抱えてこの長屋にやってきたお由布の髪に、幸吉が挿したのだ。それが、二人の祝言だった。

 風の音に交じって足音が聞こえる。遠くからかすかに聞こえていた足音がだんだん近づいてきて、そして家の前で止まった。

 鍋の蓋を開けると中から湯気が立ち上り、お由布の頬が上気した。

 

    おわり

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

心より御礼申し上げます。