13. 高校時代の思い出5連発 その3 ~ケプラー~

syouzou[1]

わたしは、小さい頃から本を読むのが好きでした。

定期試験や入試などでも、国語の勉強といえば、せいぜい書き取りをしたくらいです。

実力テストの時なんか、

 

今日はどんな文章に出会えるんだろう~

 

と、ときめきながら問題の文章を読んで味わい、感じたままを書けば⭕がもらえたのでした。

それも、子どもの頃からの読書のおかげだと思っています。

 

そんな、わたしの困ったところは、本を読み出すと止められないところです。

 

本を読み続けたいとう誘惑に負けて、授業中も読み続けると、さて、どうなるでしょう~❓

 f04c9b1fb20e0c051269a42a47b89591_s

高校に新しい数学の先生がやってきました。

大学を出たての、新米の男の先生です。

その先生、初めての授業で、いきなり『ケプラーの法則』について話したのです。

当然の結末として、あだ名は” ケプラー “となりました。

 

その頃、わたしには夢中で読み耽っていた本がありました。

授業なんて上の空。

読みたくて読みたくて仕方がありません。

 

そうだ!  ケプラーの授業なら大丈夫だ!!

 

ケプラーをなめていたんですね。

とはいえ、完璧に予習をしてはいきました。

一応、筋を通そうと考えたんですね。ものすごく勝手な筋ですけど。

そうした上で、授業中も本を読み続けたのです。

それも本を机の上に堂々と出して・・・

なんとなく、机の下に本を置いて読むのは潔くないと考えたんです。ものすごく自分勝手な考えですけど。

完璧に予習はしてあるので、いきなり指されても答えられます。

わたしは、ますます調子に乗って本を読み続けました。

 

すると・・・

 

バ~ン !!

 

と、突然大きな音が教室に鳴り響いたではありませんか。

さすがにわたしも気がついて、何事かと顔を上げました。

すると、わたしの机のすぐ横に、怖い顔をしたケプラーが。

と同時に、頭にじわ~っとした痛みが広がってゆくのが感じられました。

 

あれ、もしかして、わたしが教科書で殴られた ?

 

ようやく事態を飲み込んだわたしは、慌て本をしまい・・・?

いえいえ~、それがその~

 

なんで、わたしの読書の邪魔をするの? と言わんばかりに、ケプラーを睨みつけたのでした。

 

恐ろしい !

我ながら、なんという大胆な行為でしょうか ?

 

ケプラーは、おもむろに言いました。

 

あとで職員室に来い。

 

授業が終わり、すごすごと職員室へ行くと、ケプラーが尋ねました。

 

今、何を読んでいるんだ?

 

モーパッサンの『女の一生』です。

 

そうか。あまり、目立たないようにな。

 

はい。

 

終わり・・・です、はい。

 

 ◎◎◎ ⏪ 前      続く ●●●

12. 高校時代の思い出5連発 その2 ~追試は受けない~

誰しも、物の好き嫌いは、程度の差こそあれ、あるのではないでしょうか?

わたしは、勉強に関しては、かなりハッキリしている方でした。

好きな教科は、これでもかっていうほどやるのですが、興味の湧かない教科となると、全くやらない。

だから、テストの点数が悪い。

でも、気にならない。

 

だって、勉強してないし~

 

って、感じです。

 

とりあえず満遍なくやらなくちゃ

 

という発想が、そもそもないのです。

とはいえ、高校になると追試というものがあります。

これだけは、受けたくない。

だって、興味のない教科のテストを再び受けるなんて、その方がよっぽどストレスになります。

b201be908a5c16502b407bfe6633e460_s

さて、そんな興味の湧かない教科のお話。

 

わたしは、小さい頃から運動神経はよく、体育の実技は得意でした。

でも、それだけに、保健体育の座学の方を軽んじていました。

大人になった今は、例えば自動車の運転のことを考えてみても、実技だけでなく知識も絶対に必要だということは分かっていますが、あの頃は、「だって、(実技が)できるから、いいじゃない~」と思っていたのです。

さて、保健体育の先生は体操部の顧問でもあった先生ですが、彼は試験の前になると、

ここさえやっておけば、追試は受けなくて済むからと、いくつかポイントを教えてくれる、いい❓先生でした。

みんな、先生の教えてくださったところを必死でメモしましたっけ~

 

試験も無事終り、答案を返してもらう時のこと。

一人ずつ前に出て受けとるのですが、いよいよわたしの番です。

前に出て答案を受け取ろうといたわたしに、先生がしみじみ言いました。

 

おまえ、本当にオレが言ったとこしかやってないなぁ~

 

そして、呆れたようにわたしの顔を見たのです。

 

えっ、でも、そこさえやっておけば追試は受けなくて済むからって言ってたじゃ~ん。

 

それだけ、先生を信じてたってことで…

09b15a2fa8a451d48932f11c45266d74_s

 ◎◎◎ ⏪ 前      続き ⏩ ●●●

11. 高校時代の思い出5連発 その1 ~初めて絵のモデルになる~

体操部に入ったわたしは、毎日、それは熱心に練習を重ねていました。

 そんなある日、クラスメイトで美術部のOさんが、わたしのところに来て言いました。

 

平均台で演技しているところを描かせてくれない?

 

わたしは、思わず心の中でニンマリしちゃいました!

 

絵のモデルだって~

 

もちろん、いそいそと平均台の上でポーズをとって、モデルになりましたよ!

ルンルン気分で!

PN2010102301000036.-.-.CI0002[1]

 

それから、絵の完成を心待ちにする日々が続きました。

1ヶ月くらい経った頃でしょうか、Oさんから絵が完成したとの知らせが!

ドキドキする気持ちを抑えながら、美術室へと向かいました。

 

ほら、できたよ!

 

Oさんが、誇らしげに絵を見せてくれました。

 

うっ・・・

 

そこにあったのは、ピカソと見まごうばかりの、凡人のわたしには理解不能な作品でした。

 

平均台は、どれ!

わたしは、どこ~!!

 The_Scream[1]

 

 ◎◎◎ ⏪ 前      続き ⏩●●●