21.人生初のイジメに遭う

わたしが短大を卒業するころは、バブル前夜ともいうべき時代でした。

わたしの住んでいた名古屋では、女子の採用のメインが高卒から短大卒へと移行していた頃であったのもラッキーでした。

わたしは運よく大手損保に採用が決まりました。

 

就職したら、家に生活費を入れること。

嫁入り資金も自分で貯めること。

 

就職を目前に母から言われた言葉です。

収入の面からも、福利厚生の面からも、願ってもない大手損保への就職でした。

当初、わたしが配属されたのは、四日市支店の支店長席でした。

 

名古屋から四日市に通うのはかなり大変でしたが、職場環境もよく毎日楽しく仕事に励んでいました。

 

1年経った頃です。

わたしとは逆に、四日市から名古屋支店に通っていた人が体調を崩し、わたしと交換ということになりました。

名古屋支店の新しい職場は、課長と副長以外は女性のみという部署でした。

 

そこで遭遇したのは、先輩Aさんによる酷いイジメでした。

 

まず、挨拶など声をかけても、絶対に返事がしてもらえない。

わたしがどんなに忙しくて、Aさんがのんびりしている時でも、鳴った電話には決して出てくれない。

二人の間にある引き出しの下の段を開けている時に、上の段を突然開けられる。

etc  etc …

b930922c08535e97cba899ac9c7fe6be_s

 

特に悲惨だったのは、Aさんがわたしの教育係だったことです。

異動に伴い、職種も変わったので、わたしはAさんに仕事を教えてもらわなければなりませんでした。

そのAさんからのイジメ。

もちろん、仕事もまともに教えてはもらえません。

わたしの心の中にはAさんへの恐ればかりが膨らんでいきました。

そんな中で仕事を教わっても、覚わるわけがありません。

わたしは、ミスを連発しました。

それに対して、またAさんの機嫌が悪くなるという悪循環に完全にはまっていったのです。

 

わたしは、それまでの人生でイジメを受けたこともなければ、イジメたこともありません。

だからでしょうか、これがイジメだと氣づくまでに、しばらく時間がかかりました。

 

これは、何かの間違いだ。

きっと、そのうち誤解が解けて仲直りできる。

 

ずっと、そう信じていました。

ところが・・・

 

その課には、みんなで積み立てをして、年に一回社員旅行に行くという習慣がありました。

その時は、Aさんの強い要望で京都に行きました。

後で知ったことですが、Aさんには付き合っている彼氏がいて、その彼氏と京都デートを楽しむ計画だったようです。

 さて社員旅行から帰ってきてから、数日後のこと。

Aさんが、他の先輩と笑顔で何やら話していました。

 

上手く出来なくてさぁ~

 

そんな言葉が聞こえてきました。

と、同時に、わたしの目にゴミ箱の中の一枚の写真が・・・

 

ゴミ箱に捨てられていたのは、社員旅行で撮った集合写真でした。

そして、その写真の中のわたしの顔だけが切り取られていたのです。

 

もう、この人とは決して分かり合えないし、仲良くもなれない

 

と、思い知った瞬間です。

 

やがて、朝の出勤時、地下鉄に乗っていると、胸の辺りが苦しくなるようになりました。

 

あ~、これが話に聞いていた出社拒否症というやつなのかなぁ~

 

頭の中で、ぼんやりと考えながら会社へ向かう日々の始まりでした。

 

 ◎◎◎ ⏪ 前   続き ⏩ ●●●

20.人生最初で最後のレジ打ち

短大時代は、ようやくバイトをしてお金も稼げるようになり、仲間と食べたり飲んだり、旅行をしたりと、楽しい時間を過ごしました。

さて今日は、いくつかやったバイトのうちの一つのお話。

 

 * * * * *

 

家の近くに喫茶店ができることになり、通うのも楽だし、オープンしたてでお店もきれいだろうし、ということで、夏休みの間だけバイトをさせていただくことにしました。

450e4db04fd0a279c25f65f5853f6f79_s

夏休みの間だけという短期のアルバイトでしたので、仕事の内容といえば、注文を取ったり、できたものを運んだりという、まあ単純作業でした。

 

さて、ある日のこと。

4人連れのグループが、お帰りになることになりました。

ところが、店内は混んでいて忙しくレジのところには誰もいません。

 

ちょっと、レジやってくれる?

 

やおら店長がわたしに言いました。

 

えっ! レジなんてやったことがない…

 

と思いつつも、

 

はーい (^O^)/

 

と笑顔で返事をしてしまった、わたし。

f5e221ef8cc78248816a41a32d63ebfd_s

緊張しつつも、初めてのレジ打ち。

ドキドキしながら伝票を見て慎重に金額を打ち込んでいったつもり。

そして、いよいよ最後の

 

!!

 

打ち出された金額は、なんと3万何千円という途方もない金額。

 

そこは、街角の喫茶店です。

メニューにあるものといえば、コーヒー・紅茶・ジュースの類、そして

ケーキにせいぜいサンドイッチ。

いくら4人連れとはいえ、3万円なんて金額になるわけがありません。

 

うっ

 

固まるわたし。

どうしよう~

しばしの逡巡ののち、

 

せっかくだから、言うだけ言ってみよう!

 

一体何がどう「せっかく」なのか。

でも、そう思ってしまったわたし。

勇気を出して伝えます。

 

3万何千円ですぅ~けど?

 

ひっ

 

のけ反るお客さん。

 

あ、やっぱり変ですよね。そうですよね。おかしいですよね。

 

うろたえるわたし。

気配を察した店長が駆けつけて、無事に精算は終了。

その後、一度もレジ打ちをする機会に恵まれることなく、短いアルバイト生活は終わったのでした。

 

 

はて、あの時のバイト代で、どこに旅行に行ったんだっけ。。。

 

 ◎◎◎ ⏪ 前   続き ⏩ ●●●

 

 

 

19.剣道、バイト、そして彼氏・・・

短大に入っても、わたしは体操を続けたかったのですが、残念ながら短大には、体操部がありませんでした。

 

新たに作ることも考えましたが、たった2年間で新しい部を作るなんて無理だ!と考え諦めました。

 

そんなある日、わたしは入学式当日に早速仲良くなったSちゃんに、とある部室に連れていかれました。

 

ここに入ると就職活動に有利なんだよ!

 

彼女は言いました。

 

えっ、でも、まだ短大に入ったばかりじゃない!?

 

そこは、剣道部の部室でした。

 

確かに就職試験の面接では、

 

さすがに剣道部だけあって、姿勢がいいね~

 

とは、誉められましたけど…

 

ともあれ、わたしは剣道部の部員となり、たくさんの面白い友人と知り合うことができました。

 

また、剣道部では代々ある結婚式場の巫女さんのアルバイトを引き受けていました。

 

わたしは、Sちゃんとコンビを組みました。

春や秋ともなれば、一日にいくつもの結婚式が行われ、授業に出る暇もありません。

わたしたちは友人に代返を頼み、バイトにいそしみました。

だって、授業に出られないからと言って結婚式の日を変更してもらうことなんてできませんものね。

わたしとSちゃんは、神主さんにもたいそう気に入られ、ゴールデンコンビと呼ばれるまでになったのでした。

 

 

夏休みや冬休みといった長期の休みには、まとまったバイトができました。

そうして稼いだお金で、たくさんの楽しい思い出もできました。

 

IMG_20151211_134033   文化祭の模擬店もがんばりました。(真っ黒に日焼けしてます!)

 

スキーもしました。 IMG_20151211_134330

 

IMG_20151211_134526 (1) 北海道にも行きました。

 

  与論島にも・・・IMG_20151211_134737

 

 

そして、人生初の彼氏もできました 💛

 

実は、高校を卒業したとき決めたことがあるんです。

それは・・・

 

もし誘われたら、デートには行ってみよう。

 

超奥手だったわたしは、それまでデートすらまともにしたことがなかったのです。

 

そして、

 

つまらなかったら途中で帰ってくればいいんだし。

 

と自分に言い聞かせることで、やっとデートに出かける勇気が持てたのです。

 

一度もデートをしたことがない人間にとっては、そうでも思わないと怖くて、とてもとても…(笑)

 

充実した短大時代はあっという間に過ぎていきました。

 

あ、一度夏休みに喫茶店でアルバイトしたことがあるのですが、そこでとんでもない失敗をしたのです。

でも、それは次回のお楽しみ~

 

 ◎◎◎ ⏪ 前   続き ⏩ ●●●