お値打ちの判断基準

わたしは、物心ついた頃から、ずっと名古屋で育ちましたので、

自分は「名古屋人」という意識を持っています。

 

だからか、「お値打ち」という言葉にはめっぽう弱い。

 

 

 

さて、このところ、色々な旅行やイベントに参加しています。

自分で見つけることもあれば、お友だちに誘っていただくことも。

 

 

そこでよく出てくるキーワードが

 

 

お値打ち

 

 

です。

 

 

 

お値打ちだから、行かない?

 

 

これって、お値打ちだからいいんじゃない?

 

 

って。

 

 

ですが……

 

 

例えば、ゴルフにこんな風に誘っていただく場合があります。

 

 

すごく安くプレイできるところがあるんだけど、行かない?

 

 

確かに、聞いてみるとプレイ料金が、普段行くところの半額くらいなのです。

 

 

安い!!

 

 

しかし……

 

 

とても遠い。。。

 

 

遠いということは、それだけ交通費も時間もかかるということです。

 

そして、それに伴う労力も。

 

 

それらをトータルして考えると、これは本当にお値打ちなのか?

 

 

たとえば、スーパーに買い物に行って、ものすごいお買い得品があったとします。

 

 

けれど、それが生鮮品だった場合、使いきれず捨てる羽目に。。。

 

 

それって、本当にお値打ちなの?

 

 

バーゲンに行って、値打ちだからと買い過ぎて、逆に散財なんてことも……

 

 

要は、費用対効果って発想なんだけど。

 

 

 

お金は、

 

楽しく

 

賢く

 

気持ちよく

 

 

使わないとなぁ~

 

 

と、自戒を込めて書いてみました。

 

 


 

自分と向き合うことで幸せになる

旅に出る少し前に、知り合いの娘さんが離婚したと聞きました。

 

でも、彼女には協力な助っ人がいました。

 

彼女の母親です。

 

経済的に弱い彼女は、実家の援助を受けながら、その近くにアパートを借りて一人暮らしを始めたそうです。

 

困った時に助けてくれる人の存在は、とてもありがたいものです。

 

でも……

 

と、わたしは思います。

 

その助けが、

 

いいよ、いいよ。援助してあげるから、あなたは何も考えなくても

 

だと、ちょっと違うかなぁと思うのです。

 

できるなら、

 

しばらくは援助してあげるから、この機会に、これからの人生についてよく考えなさい

 

であって欲しいと思います。

 

 

もちろん、人生は人それぞれ。

 

どんな生き方がいいかなんて、一概には言えません。

 

けれど、自分の人生について考えることは、自分自身と向き合うことであり、それは人生を好転させる絶好の機会です。

 

 

ちなみに、この娘さんは、まもなく40歳だそうです。

 

孤独を怖れない

 

仲間外れにされるのが怖くて、決して居心地がいいわけでもないグループから抜けられない。

 

 

という経験はありますか?

 

 

グループから外れるって、怖いことですか?

 

1人になるって、怖いですか?

 

 

 

そのグループ以外にも、グループはたくさんあるだろうし、

そもそもグループである必要って、あるのかな?

 

 

 

人間は社会的な生きものなので、人とかかわることが基本的には好きだし、大切にします。

 

でも、無理しなければいられないグループからなら、抜けてしまってオッケー。

 

 

そうしないと、本当に自分が楽に楽しくいられる人やグループには出会えない。