ファミレスにて

 
 
珍しく、休日の昼時のファミレスに行きました。
 
 
 
 
 
すぐそばの席に、母子連れが2組。
 
 
 
その中の4~5歳くらいの娘さんが、お母さん同士が話に夢中だったからか、
かなりの大声でお母さんに話しかけていました。
 
 
はっきり言って、わたしにはうるさいと感じられるくらいの声。
 
 
 
 
 
それでも
 
 
 
ここはファミレスだし
 
今日は休日だし
 
それもランチタイムだし
 
 
 
と、じっとガマンしていたのですが……
 
 
 
 
その母子がドリンクバーに行くために、わたしの横を通ったとき、
女の子が、まさしく金切り声を上げ、
つい冷たい視線を送ってしまったのですね。
 
 
 
 
 
直後、
 
 
あのお母さんは、きっといつも
今のわたしのような視線を
受けているんだろうな
 
 
毎日、あの子どもの声を聞きながら
暮らしているんだろうな
 
 
気が滅入ることもあるよな
 
 
 
という思いが沸き上がり、猛省。
 
 
 
なぜ、もっと温かな眼差しを
向けることができなかったのかと。
 
 
 
 
 
子どもだって、
 
 
いつまでも騒ぐわけじゃなし
 
そのうち大人しくなって
(それどころか、ろくすっぽ話さなくなったり)
 
外食のマナーだって覚えるし
 
 
 
と。
 
 
 
 
誰もが、気持ちよく暮らせる世の中って、どんな世の中だろう。
 
 
 
と、休日の昼時のファミレスで、色んなことを考えさせられたのでした。
 
 
 
 
 

当面の目標

当面の目標は、

 

完璧を目指さない

 

にしよう。

 

だって、わたし完璧主義だから。

 

 

 

 

人生のキーワード

このところずっと、わたしが人生で最も価値を置きたいものは

なんだろうかと考えていました。

 

スプリチュアル的には

 

そりゃぁ愛だろ!

 

愛!!

 

と叫びたいところですが……

 

 

あれこれ考えて、わたしが人生で

 

大切にしたいもの

 

手に入れたいもの

 

それらすべてを包括するものとして浮かんできたのが、

 

豊かさ

 

という言葉でした。

 

 

豊かさ

 

というと、お金のことが真っ先に頭に浮かぶ人が多いかもしれません。

もちろん経済的豊かさも外せません。

でも、それだけではありませんね。

 

心の豊かさ

 

人間関係の豊かさ

 

経験の豊かさ

 

豊かな知識

 

ああ、それから

 

豊かな自然

 

も好き。

 

 

また、

 

想像力の豊かさ

 

言葉の豊かさ

 

表現力の豊かさ

 

も、わたしには必須。

 

 

そして、もちろん

 

豊かな愛

 

も。

 

 

というわけで、わたしの人生のキーワードは

 

豊かさ

 

というところに落ち着いたのでした。