父の遺した言葉

わたしの両親の結婚は、母に一目惚れした父の猛アタックから始まったそうです。
 
 
父が就職して直ぐに結婚。
 
 
それから兄・姉・わたしと、若くして3人の子どもの親となりました。
 
 
なので、最初のうちは、経済的にも大変だったようです。
 
 
 
 
そんな折り、父は母にこう言ったそうです。
 
 
 
どんなに貧しくても、
心までは貧しくなるな
 
 
 
父が亡くなったときに母から聞いたこの話は、
わたしの心に深く染み込んだのでした。
 
 
 
 
その後、わたし自身経済的に苦しい時期に、
この言葉は、わたしの支えとなりました。
 
 
 
 

スマートな自己紹介

 
 
最近、続けて会合っぽいものに参加して、
自己紹介をする機会に恵まれました。
 
 
会合などでの自己紹介の1人の持ち時間は、
概ね1~2分のことが多いようです。
 
 
 
 
ですが、ダラダラととりとめのない自己紹介が続き、
ちょいと疲れました。
 
 
 
 
例えば、会合の所要時間が2時間、参加者の数も、
20人だったとしましょう。
 
 
 
それぞれが2分の自己紹介をスムーズにおこなうことができたなら、
自己紹介全体にかかる時間は、
 
2分×20人=40分
 
 
 
2時間は120分だから、
 
120分-40分=80分
 
 
 
つまり1時間以上を、それぞれの自己紹介を踏まえた
交流に充てることができます。
 
 
 
そこに参加した方々の互いの理解は深まりますね。
 
 
 
 
でも、もし、5分とか10分とかの、とりとめのない自己紹介が続いたら?
 
 
 
会合のほとんどの時間は、自己紹介だけで終わってしまいます。
 
 
 
 
それだけではありません。
 
 
 
 
披露宴などで祝辞が続いたときのことを想像してみてください。
 
 
 
はじめのうちは新鮮な気持ちで、
祝辞にも耳を傾けていることができるでしょう。
 
 
 
けれど、長々と続くうちに、だんだんと疲れてきて
きちんと聞かなくなりませんか?
 
 
 

1~2分で

 
 
 
と言われていながら、長々と自己紹介をする人は、
人の時間だけでなく、エネルギーまでも奪っているのと同じことです。
 
 
 
それって、後に控えている人に対しても、失礼だと思いませんか?
 
 
 
 
 
 
それと、もうひとつ
とても大切なこと。
 
 
 

自己紹介の長さ

 
 
と、
 
 
 

聞いている人の理解の深さ

 
 
 
とは、比例しません。
 
 
 
 

短く、要点を押さえたスマートな自己紹介

 
 
 
を心掛けたいものだと、しみじみ思いました。
 
 
 
 
 
 
 

パーソナルカラー講座

 
 
昨日は、高橋明美先生のパーソナルカラー講座を受けてきました。
 
 
それも、とってもお値打ちに~
 
 
 
 
 
高橋明美先生は、パーソナルカラー診断の第一人者です。
 
 
 
 
聞きかじった簡単なプロフィールを、ご紹介してみます。
 
 
 
えんぴつ えんぴつ えんぴつ えんぴつ えんぴつ
 
 
 
アナウンサーとして活躍後、電通に入社。
サントリーなど大手の広告を手がける傍らトータルコーディネーターとしても活躍。
 
その頃 アメリカから入ってきたパーソナルカラーに興味をもち 
今までの経験と優れた才能を活かし パーソナルカラーの日本第一人者となる。
 
芸能人のカラーコンサルタントからブライダル、ビジネススクール、広告、
そして、人から建築、動物まで、そのご活躍は多岐に渡る。
 
 
企業イメージ戦略にも携わられていて、例えば ヘーベルハウスの「まさお君」(犬)を
動物プロダクションから連れてきたり、新宿ミロード も先生のコーディネート。
 
芸能界からの信頼も絶大で、木村拓也ファミリーなど
売れてる芸能人の裏には明美先生の存在があるらしい。
 
業界30年の経歴がある世界のカリスマ講師。
 
 
 
えんぴつ えんぴつ えんぴつ えんぴつ えんぴつ
 
 
 
 
と、ざっと書いただけでも、こんなに❗️
 
 
 
 
実を言うと、これまでにも知り合いに誘われて、
カラー診断といったものを受けたことがあります。
 
 
 
 
けれど、先生の実績を知ると、
 
 
 
受けてみたいなぁ~
 
 
 
って。
 
 
 
 
まず、午前中は、
 
 
 
色彩の講義
 
 
 
お昼を挟んで、
 
 
 
個別カウンセリング
 
 
 
 
 
太陽光と同じ光のライトを設置して顔の下にパネルを置いて
顔や首の肌の色の変化を見たり、瞳の色や指先から似合うヘアカラーや
アイシャドウ、そしてファンデーションや口紅の色まで教えてくださいます。
 
 
 
また、午前中の講義の中で、それぞれの気質も判定。
 
 
 
つまり、気質と肌の色から総合的に、似合う色のタイプを判定。
 
 
 
これって、とっても説得力があります。
 
 
 
色彩の講義も内容が多彩で、とても、ここには書ききれません。
 
 
 
月に1回開催されていますので、興味がおありの方は、ご連絡くだされば、
手配のお手伝いさせていただきます。
 
 
 
いやいや、カラーって、奥が深くて、そして日常生活や仕事にも役に立つ
実に面白いものですね。
 
 
 
 
 
 
わたしは、気質もカラーも
 
 
 
秋(AUTUMN)
 
 
 
でした。
 
 
 
好きな色ばっかりで、良かった💓