方向転換か?

わたしは、毎朝30分くらいヨガをします。

 

e6fdbe6be200007ea89d3107b4dad552_s

 

 

朝ヨガを習慣にしていると、

 

いいな

 

と思えることの1つに呼吸があります。

ヨガは、その動きに合わせて息を大きく吐いたり吸ったりします。

深い呼吸は、体だけでなく心もスッキリ整えてくれます。

 

DSC_0051 (1)

 

 

また、もう1つは、体の調子がよくわかるということです。

 

様々な動きやポーズをするので、

 

あ、ここが張ってるな

 

とか、

 

この辺りが詰まってる

 

とかいうことが、よくわかります。

 

さて、昨日もブログに書きましたが、先日美和子さんの

 

靈氣&クリスタルボウル

 

というパワフルなセッションを受けてきました。

 

 ⇒「靈氣&クリスタルボウルの個人セッションを受けてきました」★★★

 ⇒ ヒーリングサロン美音のHPはこちら☆☆☆

 

セッションを受ける前のわたしは、腰と首が絶不調でした。

 

しかし、靈氣が終わって美和子さんから言われたのは、

 

 

首がすごく詰まっていた

 

 

ということでした。

 

わたしは目がとても悪いので、首や肩がすぐに凝ってしまうのです。

腰の不調も、結局は首から来ていたようでした。

 

b8b25fb3b973b764dd6f1e40c0125952_s

 

セッション翌日、いつものように朝ヨガをしました。

 

セッションの効果は抜群でした。

 

ここ最近経験したことがないくらい、体のどこにも滞りがなく、スッキリと軽やかに動くのです。

 

そして、その効果はセッションから数日経った今も続いています。

 

恐るべし、靈氣&クリスタルボウル!です。

 

おまけのお話です。

 

クリスタルボウルの演奏中に鳴った音叉の音で、わたしは自分を覆っていた殻のようなものが砕け散り、新しい自分が現れるという経験をしました。

 

実は、その後にもう一つ、不思議なビジョンを見たのです。

 

そこには大きな羅針盤のようなものがありました。

 

2357ceba8c44d1e63b350e34d086045f_s

 

それが、わたしの意志ではなく、何か別のチカラによってググーッと方向を変えさせられたのです。

 

わたしは、まだ変化をするのでしょうか?

 

もし、するとしても、それはいい方向に違いありません。

 

わたしは、その羅針盤の指す方向へと、素直に流されていきたいと思います。

 

 

 

 

 

あなたの使う言葉が、あなたの望む人生を連れてくる

環境が言葉を作り

言葉が人を作る

 

と言われます。

 

それは、つまり

 

言葉は人生も作るということです。

 

 

 

あなたは、どんな人生を手に入れたいですか?

 

その人生の中で使われるにふさわしい言葉は、どんなものですか?

 

 

 

もし、それがイメージできたなら、

 

さあ、今日から、その言葉を使いましょう。

 

あなたの使う言葉が、

 

あなたの望む人生を連れてくるのです。

 

 

人生史上、最も美しい光景

その時、わたしはバス停にいました。

バスを待っているわたしのすぐ近くに、一組の親子が楽しそうに笑いながら、追いかけっこをして遊んでいました。

 

お父さんの方は、50代後半から60代前半。

男の子の方は20代前半だったでしょうか。

男の子には、軽い知的障害があるようでした。

 

690ab35aca6967fcc27411cf738dc57b_s

 

弾けんばかりの笑顔

青空に響く笑い声

入り混じる軽やかな足音

 

回りとは全く違う空気感が、彼らを取り囲んでいました。

きらきらとした輝きが、そこにはありました。

 

わたしは、訳もわからず胸がいっぱいになって、涙がこぼれるのを抑えることができませんでした。

0ee12252e8b815201b9330c6dc5d34f3_s

 

彼らも毎日そんなに笑顔で暮らしているわけではないでしょう。

こんな風に笑顔で追いかけっこができるのも、ごくまれなことかもしれません。

 

f78e8a4a17176594c153129069ae803c_s

 

その後も、時々その時の光景を思い出すのですが、そのたびに泣けてきます。

今、ブログを書いていても、やっぱり、また泣けてきます。

 

 

あの時の輝きは、愛の輝きだったのだと思います。

命の輝きだったのだと思います。

 

お父さんの、息子さんに対する愛。

息子さんの、お父さんに対する愛。

そして、彼らの命の輝き。

 

6f09ba72250d1ca86448553aabd7abc8_s

 

 

この時の光景は、わたしの人生の中で最も美しい光景です。

そして、今後も、これ以上美しい光景に出会うことはないだろうと思うのです。