あなたの使う言葉が、あなたの望む人生を連れてくる

環境が言葉を作り

言葉が人を作る

 

と言われます。

 

それは、つまり

 

言葉は人生も作るということです。

 

 

 

あなたは、どんな人生を手に入れたいですか?

 

その人生の中で使われるにふさわしい言葉は、どんなものですか?

 

 

 

もし、それがイメージできたなら、

 

さあ、今日から、その言葉を使いましょう。

 

あなたの使う言葉が、

 

あなたの望む人生を連れてくるのです。

 

 

人生史上、最も美しい光景

その時、わたしはバス停にいました。

バスを待っているわたしのすぐ近くに、一組の親子が楽しそうに笑いながら、追いかけっこをして遊んでいました。

 

お父さんの方は、50代後半から60代前半。

男の子の方は20代前半だったでしょうか。

男の子には、軽い知的障害があるようでした。

 

690ab35aca6967fcc27411cf738dc57b_s

 

弾けんばかりの笑顔

青空に響く笑い声

入り混じる軽やかな足音

 

回りとは全く違う空気感が、彼らを取り囲んでいました。

きらきらとした輝きが、そこにはありました。

 

わたしは、訳もわからず胸がいっぱいになって、涙がこぼれるのを抑えることができませんでした。

0ee12252e8b815201b9330c6dc5d34f3_s

 

彼らも毎日そんなに笑顔で暮らしているわけではないでしょう。

こんな風に笑顔で追いかけっこができるのも、ごくまれなことかもしれません。

 

f78e8a4a17176594c153129069ae803c_s

 

その後も、時々その時の光景を思い出すのですが、そのたびに泣けてきます。

今、ブログを書いていても、やっぱり、また泣けてきます。

 

 

あの時の輝きは、愛の輝きだったのだと思います。

命の輝きだったのだと思います。

 

お父さんの、息子さんに対する愛。

息子さんの、お父さんに対する愛。

そして、彼らの命の輝き。

 

6f09ba72250d1ca86448553aabd7abc8_s

 

 

この時の光景は、わたしの人生の中で最も美しい光景です。

そして、今後も、これ以上美しい光景に出会うことはないだろうと思うのです。

 

 

 

ゴルフと人生

わたしは今、ゴルフにはまっています。

DSC_0329 *昨年の冬のゴルフ場のイベントで撮っていただきました

 

夫と二人歳を取ってからも、のんびり楽しめるスポーツを

ということで、選んだのがゴルフだったのでした。

歳を取ってからのんびり楽しむためには、今のうちに上手くなっておかなければなりません。

というわけで、特にこの2~3年は、精進の日々です。

LINE_P20160704_211114993

 

ゴルフというスポーツは、完全に自己責任のスポーツです。

基本的には4人で回りますが、そこに審判が一緒について回るわけではありません。

だから、インチキしようと思えばできてしまう。

でも、しない。

それがゴルフです。

 

スコアは、もちろん大事ですが、それよりもマナーやルールが重んじられるといっても過言ではありません。

自分の判断と技術で勝負します。

雨が降ったり風が吹いたりしますが、それは一緒に回っているみんな同じ条件ですから、天気のせいにもできない。

 

今この地点から

どこに向かって

どのクラブを使って

どう打つか。

 

すべて自分で考え、自分の技術で立ち向かう。

迷いが出ると、まずミスります。

いかに自分を信じて打てるか。

だからといって、信じた結果がうまくとは、また限らないのが面白いところでもあります。

むしろ、うまく行かないことの方が、今のわたしには多いくらいです。

判断が間違っていることもあれば、技術が追いついてこないこともあるし、うっかりミスも、もちろんあります。

ミスがあって当たり前。

それが、ゴルフです。

 

DSC_0299

 

 

ゴルフを始めたころ一番つらいと思ったことが、どんなにミスをしてモタモタしても、

 

わたしのことは放っておいて、先に行ってて~

 

とは、言えないことです。

4人で回っていれば、その4人全員のプレーが終わらなければ、次のホールへは移動できません。

 

お先にどうぞ

 

も、

 

先に行って待ってるね

 

もできないのです。

 

 

でも、ありがたいのは、どんなに下手くそでモタモタしたとしても、それは、誰もが通ってきた道。

そのことに文句を言う人は、基本的にいません。

 

他のプレーヤーのことを氣にしつつ、自分のプレーに集中する。

自分のプレーに集中しながらも、互いに氣を使い合う。

 

それが、ゴルフかなと思っています。

 49d2e967b6851e7d6ecd7ff9d908f214_s

 

さんざんミスを繰り返してきた今、悟ったことがあります。

 

例えば、バンカー(砂場)や林の中に打ち込んでしまったとき、これまでは、その時点でミスったと考えていました。

2125d5ba427b140bfe58b03d719e793a_s

 

でも、実はそうではないのです。

バンカーや林の中からでも、次の一打がうまく打てれば、その前のことはミスではない。

次の一打を、焦ったり、取り返そうと欲張って打ち、さらに悪い状況にしてしまった場合に、初めてバンカーや林に打ち込んだことがミスになるのです。

そう考えられるようになってから氣が楽になり、逆にいわゆるミスが減りました。

 

 

これって、何かに似ていると思いませんか?

 

そう、人生です。

 

人生には色々なことが起きます。

でも、そのこと自体に価値があるわけではありません。

価値は、その後の自分の生き方で決まってくるのです。

yam0080-009 - コピー - コピー

 

 

ゴルフと人生は似ていると、最近しみじみ思います。

 

そして、どちらも深い~