みなさまに感謝

わたしが初めてプチ癒しフェスタに出展したのは、今から2年くらい前のことでしょうか。

先に出展していたお友だちに声をかけてもらったのが始まりでした。

初出展の日、わたしの元にやってきてくださったお客様は、確か2名だったと思います。

お隣のブースには、顔なじみらしいお客様がいらして賑やかでした。

回りのブースも、それぞれにお客様でにぎわっていました。

そんな中で、身の置きどころのないような氣分でいたのを、よく覚えています。

 

訪れる人のほとんどないブースに、一人ぽつねんと座っている辛さに耐えきれず、わたしは方針を変更しました。

 

せっかくだから、この機会に色々な人のセッションを受けよう!

 

ふらふらと会場をうろついて、氣になるブースを見つけてはセッションを受けました。

 

それはそれで、わたし自身楽しめたイベントになったのは事実です。

 

今は、おかげさまでいいリズムで、お客様がわたしのブースにやってきてくださいます。

 

そんなお客様の一人が、先日のセッションのことをブログに書いてくださいました。

 ⇒ ☆☆☆近藤ひとみさんのブログ

 

ひとみさんは、事前に予約を入れた上で来てくださいました。

 

一度も会ったことのない、人から噂すら聞いたことのない人間に連絡を取るのは、とても勇気のいることだと思います。

ひとみさんの、そんな勇気のおかげでお会いすることができて、本当に幸せです。

ひとみさんの勇気に感謝です。

 

+ + + + + + +

 

さて、セッションでいつもお話しさせていただくのは、エネルギーは抽象的なものだということです。

その抽象的なエネルギーをどう具体化して生きていくかは、その人それぞれの自由な裁量に任されています。

たとえば、わたしの「ゆみこ」という名前は、クラスにいつも二人はいましたよ。

そのくらい平凡な名前です。

でも、みんなそれぞれに違う人生を生きているはずです。

同じエネルギー(個性や特徴)を持って生まれてきても、具体的な形にするのは、それぞれの「ゆみこ」さんの自由です。

手先が器用という特徴を持っているからといって、みんなが例えばキルト作家になるわけではないでしょう。

一人は器用さを生かして美容師になるかもしれないし、別の一人は、パティシエになるかもしれません。

それぞれが、『自分の人生の主人公』というのは、そういう意味です。

 

+ + + + + + +

 

さて、もう一人。ブログに書いてくださった方がいます。

クレイセラピーの教室を運営していらっしゃる佐藤圭子さんです。

わたしは、彼女のミネラルファンデとリキッド下地の大ファンです。

使い心地が軽くて、そして使うほどにお肌の調子が良くなる優れもの。

これを使ったら、もうほかの化粧品は使えなくなります~

 ⇒☆☆☆クレイ・マム主宰 佐藤圭子さんブログ

 

彼女は「いこりん」という仕事上のお名前の診断をご所望でした。

「けいこ」の「いこ」に「りん」を付けて「いこりん」。

「りん」を付けたところが、秀逸です。

ご自分のことや、これからの展望がよく表れていてステキです。

 

14日(金)のミネラルファンデ&リキッド下地WS楽しみにしています!!

 

プチ癒しフェスタに出ると、こうして色々な方との出会いがあり、輪が広がっていきます。

 

このイベントを主催してくださっている艶ちゃんには、心から感謝しています。

 ⇒☆☆☆プチ癒しフェスタ公式ブログ

 

それから会場で会うと、いつも笑顔で接してくれる他の出展者の皆さま、ありがとうございます。

 

これからも、どうぞよろしくお願いします。

 

 

実家でしみじみ

たいそう久しぶりに、名古屋の実家に来ました。

 

新聞記者だった父と同じ道を歩んだ姉が、今年めでたく定年退職を迎え、昨夜は少し酔った姉と色々な話をしました。

 

 

父が亡くなった45歳という年齢を迎える前は、少し恐ろしいような気分であったこと。

45歳になったとき、まだまだ迷ったり悩んだりしている自分に氣づき、あの自信に満ちたように見えていた父も、実はこんな感じだったのかと愕然としたこと。

越えてみたら、トントンと歳を重ねていってしまったこと。

 

 

 

姉が退職するとき、職場の方々が入れ替わり立ち替わり送別会を開いてくださったそうです。

ですが、姉の思い出話というよりは、父の足跡を、みなさん調べてくださったようです。

 

そんな中に、こんな話がありました。

 

父は30台後半の頃、大学の先生方と協力して、新聞の連載小説を書いていたことがあります。

そのあとがきのようなものが見つかり、そこには父のこんな記述があったそうです。

 

 

文章を書くのに必死で、子どもの相手もままならないこともあった。

 

 

父が、そんな風に思っていたとは…

 

わたしの記憶の中の父は、休みの日でも、机に向かって原稿を書いていました。

あれは、もしかしたら連載小説だったのでしょうか?

 

 

そんな思い出話の数々をしたあと、姉がポツリと言いました。

 

お父さんも、(定年まできちんと勤め上げた自分のことを)少しは認めてくれるかな。

 

驚きました。

 

わたし自身は、親に認めてもらうという発想を持ったことがありません。

要領のいい末っ子として、わりと誉められて育ったからかもしれません。

父と同じ道を進んだ姉には、姉なりの複雑な思いがあったのでしょう。

 

 

『父の死』という事実は家族共通のものですが、それぞれがそれぞれの受け止め方をし、それぞれの思いの中で生きてきたのだと、しみじみ思った夜でした。

 

img_20161003_134254

 

 

img_20161003_134318

 

姉が最近仲間とやっている畑。

昔は花すら育てことがなかったのに…

人は変化する動物だ~

 

  ⇒連載プロフィール目次

 

 

 

今という時にシフトする

ここ1カ月ばかり、何度か昔のことが夢に出てきました。

 

学生の頃の友人や、OL時代の上司との間の出来事です。

 

あのとき、どうしてああしたの?

と、聞かれて答えたこともあれば、

 

わたしの方がそう問いかけて、答えてもらったり。

 

過去の浄化なのかな?

まだ残っていたのかな?

 

 

そこで、久しぶりに『Power Thought Cards』を引いてみました。

 

dsc_0267

 

出てきたのは、このカード。

 

%e8%a1%a8

 

%e8%a3%8f

 

 

そうですね・・・

 

過去は手放したつもりでした。

 

でも手放すだけでは不十分だったのです。

 

大切なのは、今この時に完全にシフトすること。

 

そう、わたしには、もう今だけでいいのです。

 

幸せで満ち足りた今ここに、自分をすっかりすべてシフトしていいのですね。

 

そのことを、確認したカードでした。