映画 『 ドリーム 』 つづき

運よく、アフリカからの帰りの飛行機の中で観ることのできた『 ドリーム 』。

 

この映画の中で印象に残ったセリフがあります。

(正確ではありませんが、こんなやり取りでした)

 

白人の仕事仲間が、主人公の一人に

 

あなたを差別しているわけじゃない

 

と言うと、彼女はこうこたえます。

 

わかっているわ

あなたが氣がついていないことは

 

 

確か、こんな内容のやり取りでした。

 

 

 

生まれてからの環境は、本人にとっては当たり前のことです。

例えば、方言もそうですね。

生まれてからずっと使っている言葉は、日本全国共通のものだと思い込んでいます。

ところが、別の土地へ行くと通じない。

そこで初めて、自分が当たり前に使ってきた言葉が方言であったことを知る。

 

そんあ経験は、ありませんか?

 

 

生まれてからの環境と、所属する社会の規則。

実は、それが差別そのものであっても、その中にずっといる人間は、なかなか氣づかない。

知らないことの怖さは、そこにあります。

 

 

 

 

ところで、人種差別のような大きな問題には関心をもっても、身近にある多くの差別には氣づきにくいものです。

 

人間が人間としてこの世に生まれてきた以上、同じ人間としてみな平等のはずだし、そうでなければおかしいいと、わたしは思います。

 

わたしの考える平等というのは、少なくとも、すべての人が同じチャンスに恵まれることです。

 

わたしは中学3年生のときに父を病気で亡くしました。

そのために進路を少々変更し、短大も奨学金をもらって通いました。

(就職してから、3年くらいかかって返済しました)

 

例えば、親が亡くなりお金に余裕がなくなったからといって、上の学校に進みたいのにできないのはフェアじゃない。

わたしの思う最低限の平等というのは、そういうことです。

 

わたしはそう考えるから、子どもたちの教育援助には募金や寄付を、微力ながら続けています。

 

半分の人間が必死になって両手を出さなくても、全員が片手を出せばいいじゃない。

そんな感覚です。

 

 

 

 

 

 

映画 『ドリーム』

観たいと思っていた映画 『ドリーム』、ラッキーにも飛行機の中で観ることができました。

 

『ドリーム』詳しくは、こちら

 

彼女たちの素敵なところは、いじけず諦めず、常に前を向いて歩き続けたことだと思います。

 

何かを変えたいと思うなら、たとえ一歩でも前に進まないと。

 

 

たとえ一歩でも前にすすんだなら、

 

たとえ一段でも階段を上ったなら、

 

 

そこから見える景色は、必ず変わる。

そこで出会う人たちは、必ず変わる。

そして、ふと氣がつけば、大きな変化を遂げている。

 

 

わたしは、そう思います。

友だちって

わたしには、大切な友が何人かいます。

そのうちの二人とは、すでに30年の付き合いになります。

仮に二人をA子さん、B子さんとしましょうか。

 

わたしがA子さんと知り合ったのは、彼女のお店のオープンをひょんなことから手伝うことになったのがきっかけです。

彼女の幼馴染のB子さんとも、それで知り合うことになりました。

 

これまで彼女たちには、どれだけ慰められ、励まされ、支えられてきたかわかりません。

心に染みた言葉

 

現在東京に住んでいるわたしと、四日市に住む彼女らとは、年に数回会えればいい方です。

メールのやり取りも滅多にしません。

B子さんの家に遊びに行ったことはあるけど、A子さんの家に行ったことはありません。

(お店に行けばいつでも会えたというのもありますが)

 

それでも、わたしたちは仲の良い友人同士なのです。

 

何が言いたいかというと、相手のことをどれだけ知っているかということと、信頼できる友であるかどうかということは、必ずしも一致しないということです。

 

たとえば、興信所にでも依頼して根掘り葉掘り調べ上げたら、その人とは友だちですか?

違うでしょう。

 

確かに付き合っていくうちに、互いにいろいろ知り合い、より一層仲が深まることもあるでしょう。

けれど、大切なのは量ではなくて質です。

「 質」 というのは 「 秘密 」という意味合いではありません。

相手に対する姿勢といったことでしょうか。

 

彼女らに悩みを打ち明けたり、相談に乗ってもらったことは、もちろん何度もあります。

けれど、彼女らは、決してズカズカとわたしの心の中にまで入ってこようとはしません。

それでも、親身に寄り添ってくれます。

だから、わたしは、彼女らを信頼しています。

わたしも、また彼女らにとって、そういう存在でありたいと思っています。

 

 

互いのことを深く知っても知らなくても、その姿勢に信頼感を持てるかどうか。

信頼できる人が、わたしにとっての大切な友です。