社会貢献は、大変か?

とても久しぶりに、スワンベーカリー&カフェ赤坂店に行ってきました。

 

 

 

スワンベーカリー&カフェは、ヤマト福祉財団のやっている障害者雇用施設でもあります。

ここでは、健常者と障害者が共に働いています。

ここに来れば、わたしは美味しいパンを食べることができ、なおかつ障害者の方の自立にもお役に立てます。

一石二鳥のステキなお店です。

 

 

 

社会貢献は、決して特別で難しいことではなく、日常生活の延長で、いくらでもできると思っています。

 

 

たとえば、

 

コンビニで買い物をしたとき、お釣りを募金箱に入れる

 

とか

 

最近はクレジットカードのポイントを社会貢献へ寄付できるようなのもあるので、ポイントを商品に交換するついでに、そうしたところへ寄付する

 

とか。

 

 

 

あるいは、

 

毎月、決めた団体に寄付する

 

など。

 

寄付金を口座引き落としではなく、クレジットカード払いにすれは、寄付するたびにポイントも貯まっちゃう!

ラッキー‼

 

てな具合。

 

なんでもそうだけと、楽しくなければ続かない~

 

 

中身を見る

このところ、

 

死にたい

 

と言葉に出したために命を奪われた人たちのことが、世間を賑わせていますが……

 

わたしは、

 

なぜ、生きているのだろう

死んだら楽になれるのに

 

と思ったことはありますが、それは「死にたい」ということとは、違います。

 

 

 

小学生の頃、苦手な歌のテストが近づいてくると、

 

 

タイムワープできないかな

 

 

と真剣に望みました。

 

 

タイムワープして、戻ってきたら歌のテストは終わってる

 

なんてことにならないかな~

 

なんて。

 

 

でも、それもやっぱり「死ぬ」こととは違います。

 

 

「一時的に姿を消したい」という意味でした。

 

 

 

ねえ、だから安易に

 

死にたい

 

なんて言葉にしてはダメなのです。

 

 

死にたい

 

と思ったときは、その「死にたい」という言葉の中身がなんなのか、ちょっと立ち止まって考えてみて欲しいのです。

 

 

ちょっと立ち止まって考えてみたならは、きっとその中身は、「死んでしまう」こととは違うと思うのです。

 

 

 

 

 

運の蛇口

昔からの知り合いに、とても恵まれた人がいます。

 

『恵まれた』というのは、裕福な家庭に生まれ、頭もよくて一流大学を出ていることなどです。

 

ですが、その人を見ていると、どうもあまりいい人生を生きていないのですね。

 

 

転職を繰り返す

せっかく入った会社が吸収合併されて冷や飯を食わされる

挙句の果てに、病気になって大手術を受ける

リハビリを経て、さあ、これから人生立て直しというときに、今度は奥様が大病を患う

 

 

といった具合です。

 

 

不思議でした。

 

 

あれだけの幸運を生まれながらに持っていたら、どんな人生も思いのままになるだろうと単純には思ってしまいます。

 

 

なのに、なぜ?

 

 

そこで、その人の人生の来し方をじっくりと振り返ってみました。

 

すると、見えてきたことがあります。

 

 

 

その人は、

 

お金を借りたら借りっ放し

人にお世話になっても、なりっ放し

人に暴言を吐いても、吐きっ放し

 

 

なのです。

 

 

 

『 やりっ放し 』 というのは、水道で言えば、蛇口を開きっ放しにしているのと同じことです。

 

 

 

喉が渇いたり、何かを洗いたければ、水道の蛇口を開けて水を出します。

 

でも、用が済んだら閉めますよね。

 

水を流しっ放しになんてしません。

 

人生もこれと同じです。

 

 

お金が足りなければ、人から借りることもあるかもしれません。

でも、借りたら返す。

当たり前のことです。

 

 

また、人にお世話になったら、なにも大げさなことはしなくてもいいから、まずはお礼を言う。

これも当たり前のことですね。

 

 

そして、人に対して失礼なことを言ってしまったと思ったなら、謝る。

これも当たり前のこと。

 

 

と、ここまで書いて、

 

 

う~ん、もしかして、わたしにも開けっ放しにしてきた蛇口あるかも…

 

 

と、ちょっと振り返り反省…

 

 

※  ※  ※  ※  ※

 

 

運の蛇口も開けっ放しにしていては、どんなに恵まれた人でも、いうかは枯渇してきます。

 

 

その方は、大学に入るまでは順風満帆。

社会に出てからは苦難続き。

持って生まれた運が、尽きてきたからではないでしょうか。

 

 

 

往々にして、生まれながらに運のいい人は、それを当たり前と思ってしまいます。

 

 

裕福で、当たり前

人に大事にされて、当たり前

甘えが許されて、当たり前

 

 

すると、知らず知らずのうちに、蛇口を閉めることを忘れてしまう。

 

 

 

さて、わたしは昔はおせっかいで、そんな人にも一生懸命アドバイスを試みていました。

でも、今はそんなことはしません。

聞く耳を持たない人にいくら言っても無駄だということに氣づいたからです。

 

 
 

 

もちろん、昔言った一言が、もしかしたら今頃役に立っているということも、ないとは言えませんが…

 

けれど、それより今まさに本氣で自分の人生をよくしたいと思っている人に真剣に向き合いたい。

 

そう考えています。

 

 

何より、その方が、わたし自身楽しいからです。

 

わたし自身が楽しめないなら、それは、わたしがわたしに対して申し訳ないとも思います。