ご褒美きたよ

 
1ヶ月ほど前から、何かにつけて
 
 
 
ありがとう
 
 
 
と言い続けていました。
 
 
 
 
そう言おうと、自分で決めたのです。
 
 
 
 
イラッ
 
 
 
としそうなときも、
 
 
 
ありがとう
 
 
 
と心の中で3回も言うと、
頭に昇っていた血がスーッと降りてきて
気持ちが穏やかになります。
 
 
 
 
そんなことを実感していくと、
 
 
 
ありがとう
 
 
 
と言うのが楽しくなってきます。
 
 
 
 
楽しくても
 
ありがとう
 
 
 
腹が立っても
 
ありがとう
 
 
 
嬉しくても
 
ありがとう
 
 
 
 
嫌なことがあっても
 
ありがとう
 
 
 
 
1ヶ月も続けると、クセになります。
 
 
 
習慣として根付きます。
 
 
 
 
 
そうして、次に思いついたのが、
 
 
 
赦す
 
 
 
こと。
 
 
 
 
始めは、過去に多少なりとも因縁のあった人たちを赦していたのですが、
それがいなくなると、今度は、
 
例えば……、
 
 
 
 
街でマナーの悪い人なんかを見ると、ちょっと氣分が悪くなるのですが、
そんなとき、
 
 
 
わたしは、この人を赦します
 
 
 
 
と、心の中で言うのです。
 
 
 
 
すると、不思議なことにマナーが悪いように見えていた人が、良い行いをするのです。
 
 
 
電車の中で、足を組んでふんぞり返って、スマホでゲームに夢中だったお兄さんが、
お年寄りが乗ってきた途端に、バシッと立って席を譲ったり……
 
 
 
 
ええっ!
 
 
 
 
って感じ。
 
 
 
 
勝手に、
 
 
 
マナーが悪い
 
 
 
なんて、決めつけちゃって、
 
 
 
ごめんなさい
 
 
 
って。
 
 
 
人を見た目で判断しては、いけないってことだね
 
 
 
 
 
すかさず、心の中で
 
 
 
ありがとう
 
 
 
と言います。
 
 
 
 
 
そんな日々を送っていたら
今日、ささやかながら嬉しいことがありました。
 
 
 
 
 
ありがとう
 
 
 
 
 
 
赦す
 
 
 
のサイクル、
 
 
 
半端ないって!!
 
 
 
 
 
 
 
 

赦す

 
とりあえずは順調なのですが……
 
 
 
なんだか、微妙な感覚が……
 
 
 
 
そこで、思いついたのが
 
 
 
 
赦す
 
 
 
こと。
 
 
 
 
 
これまでに、
 
 
 
ある種の因縁
 
 
 
のあった人たちを、
 
 
 
赦す
 
 
 
ことにしたのです。
 
 
 
 
別に、ずっと恨みに思って生きていたわけではありません。
 
 
 
でも、何かが心の皺の間に、挟まっているような氣がしたのです。
 
 
 
こういうのって、理屈じゃない。
 
 
 
 
それで、
 
 
 
赦す
 
 
 
ことをしてみたらと、思いついたのでした。
 
 
 
 
1人、また、1人
 
 
 
思いついた人から順に
 
 
 
赦して
 
 
 
いきました。
 
 
 
 
そして、最後に
 
 
 
自分自身
 
 
 
を赦しました。
 
 
 
 
人によって、なにも感じない人や、
胸がキュッとなった人がいました。
 
 
 
心の皺の間に挟まっていたものが
きれいになったかも……
 
 
 
 
 
この先の変化が楽しみです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

体は正直

 
最近、しみじみ感じていること。
 
 
 
体は正直
 
 
 
 
これでも、昔は運動神経が良くて足も早かったし、鉄棒も上手だったし、テニスやスキーも得意でした。
 
 
 
でも……
 
 
 
 
還暦も過ぎた最近は、バス停にバスがいるのが見えてもダッシュできない。
 
 
走ったとしても、すぐに息が切れる。
 
 
 
 
 
先日も、湯船から上がろうとして足が滑り、
浴槽の縁で肋骨をしたたかに打ちました。
 
 
 
 
痛かった 😢
 
 
 
 
ヒビが入ったみたいで、日課としている朝ヨガもできず 💧
 
 
 
 
 
若くはない自分の体を、受け入れることにしました。
 
 
 
 
 
今は、湯船から上がる時には、浴槽の縁に、
ちゃんと両手をついて、体をしっかり支えるようにしています。
 
 
 
 
バス停にバスが見えても焦らず、
間に合わなければ、次のバスを待ちます。
 
 
 
 
でも、これって、
 
 
 
 
自分の体を大事にする
 
 
 
 
ってことでもあるね 🎵