映画『検察側の罪人』

ブログに、観た映画の感想を書いています。
 
 
 
でも、
 
 
 
これは、ちょっとな
 
 
 
と思った映画については、書かないことにしています。
 
 
感想は人それぞれだし、わざわざ
 
 
良くなかった
 
 
なんて、書くことはないかなと。
 
 
 
 
 
ですが……
 
 
 
 
今日は、前々から封切りを心待にしていた映画
 
 
『検察側の罪人』
 
 
 
を観てきました。
 
 
 
 
客席には、キムタクや二宮クンの
ファンに加え、
雫井ファンらしき硬派?の方々の姿も
かなり見受けられました。
 
 
 
観終わったあと、映画館近くのビア・レストランで
夫と、ある意味大いに盛り上がりました。
 
 
 
なぜ
 
 
 
なんで
 
 
 
どうして
 
 
 
と。
 
 
 
盛り上がった理由の1つは、キムタクの演技についてです。
 
 
 
詳しく書こうとすると悪口になってしまいそうなのですが、
端的に言うと、
 
 
 
キムタクが、こんな役やります❗️
 
 
 
は、アリけれど、
 
 
 
役者 木村拓哉
 
 
 
は、ちょっと……
 
 
 
 
あの役は、玉木宏なんかいいんじゃない?
 
いや、田中哲司でも、面白かったんじゃないか?
 
 
 
な~んてね。
 
 
 
あくまで、我々夫婦の勝手な感想です。
 
 
 
 
 
そして、話の展開も(キムタクの演技のせいか、脚本のせいか)、
説得力に欠け、物語に入り込めない。
 
 
 
ラストも思い切り尻切れとんぼ。
 
 
 
観客に任せる
 
 
とも感じられない。
 
 
 
 
 
残念です。
 
 
 
 
 
幸か不孝か原作を読んでいないので、この程度の感想で済んだのかな~
 
 
 
 
願わくば、二宮クンに、もっとでかいスケールで演じさせてあげたかったかな。
 
 
 
彼のことは、役者として結構買っているので……
 
 
 
 
 
期待が大きかっただけに、残念です。
 
 
 
わたし的には、松重豊さんと酒向芳さんが、良かったなぁ~
 
 
 
勝手なことを書いて、申し訳ありませんでした。
 
 
 

映画「コード・ブルー」

泣けます。

ハンカチは必需品です。

映画「コード・ブルー」です。

 

 

初めに書いておきますが、わたしは山ピーのファンではありません。

 

なので、

 

山ピー、素敵!

 

とかいうことは、この先書いてありませんので、悪しからず……。

 

 

さて、テレビドラマとしての「コード・ブルー」は、リアルタイムでは見ていなかったのですが、

たまたま暇な時に夕方放映されていた再放送を見たら、それからはまってしまい、

その後ビデオに撮って、ずっと見続けたのでした。

 

 

どこが良かったかというと、

 

 

一人一人の登場人物のキャラが立っている

 

 

つまり、

 

 

物語に厚みがある

 

 

つまり、

 

 

見ごたえがあった

 

 

からです。

 

 

もちろん、こんな若くて腕のいい、

しかも美男美女揃いの医師や看護師のいる病院なんて、

あるわけねぇ~だろ

 

と頭ではわかっていますが、それらを差っ引いたとしても、

十分に楽しめるドラマでした。

 

 

今回の映画版も、とても面白かったです。

 

 

わっ

 

と思わず声を出しそうになる場面あり

心揺さぶられ涙の零れる場面あり

自分の人生と重ね合わせて、しみじみする場面あり

 

 

ただ、惜しむらくは、涙で鼻を詰まらせた夫のグズグズ鼻息に、

もう一つ物語に入りきれなかったことです。

 

もっと、ズッポリはまり込んで観たかった~!!

 

映画『万引き家族』

今日・明日と先行上映の映画『万引き家族』を観てきました。

 

 

映画の前半は、万引き家族の日常が丁寧に描かれていきます。

 

 

こんな生活、長くは続かない

 

 

と思いながら観ていると、

あることをきっかけに家族の秘密が暴かれていくのですが……

 

 

リリー・フランキーは、もうこの人しかできないよね!

というほどのはまり役でしたが、

安藤さくらをはじめとした他の役者のみなさんも

本当に素晴らしかったなぁと思います。

 

 

 

わたしたちは、普段、いわゆる一般社会という常識の中で生きています。

 

それがあるべき姿と信じることで、

安心して暮らしていると思うのです。

 

 

でも、その一般常識というのを、

 

 

一度取っ払ってみたら

疑ってみたら

 

 

と考えさせられました。

 

 

 

後半で、警察官が(一般常識的親切心)から色々言うのですが、

それがとても残酷な言葉に聞こえてきてしまいました。

 

 

含みを持たせた終わり方で、

子どもたちの今後が気になります。