「終わりよければすべて」のタイ旅行 ⑥

初めて見るタイの街並みは、思っていた以上に近代的で驚きました。

そして、その車の量にもまた驚かされました。

 

というわけで、道路は大変な渋滞。

いつも、そうなんだそうです。

 

経済発展に伴う車の増加に、道路の整備が追いついていないんですね。

 

 

 

 

さて、渋滞・渋滞の道のりを終えて、ようやくホテルに着きました。

 

見た感じ、なかなかイケてるホテルです。

 

 


 

 

もぉ~

Aさんたら~

わたしたちが一緒だからって、がんばっちゃってぇ~

 

 

なんて、A氏を茶化しながら、いそいそとホテルに入るわたしたちでした。

 

 

フロントでA氏、S子さんと順番にチェックインを済ませていきます。

 

 

 

 

昨年の7月には、S子さんから教えてもらったサイトを通して、航空チケットとホテルの予約を済ませていたわたしです。

 

プリントアウトしてあった予約票をカウンターに出します。

 

 

 

ん?

 

 

 

フロントマンが、怪訝な顔つき。

 

それを見ていたわたしも

 

 

 

ん?

 

 

 

と怪訝な顔つきになります。

 

 

一体、なにごと?

 

 

フロントマンが、おもむろに言いました。

 

 

これは、うちのホテルの予約票ではない。

 

 

 

はい?

今、なんておっしゃいました?

わたし、英語そんなに達者じゃないんです…

 

 

 

横で聞いていたA氏が言いました。

 

 

 

ゆみちゃんの予約票、ここのじゃないってよ

 

 

 

え~

そんな~

バカな~

まさかでしょ~

 

 

どうも、このホテルはチェーンホテルで、バンコク市内に3つもあるそう。

わたしが予約したのは、このチェーンの別の場所にあるホテルだそうです。

 

 

こちらのホテル、日本人御用達のようで、

わたしたちのすぐそばには、別の日本人のグループがいて、

このやりとりの一部始終を聞かれていました。

 

 

 

恥ずかしい!

恥ずかしい!!

恥ずかしすぎる~!!!

 

 

 

こんなとき、

 

え~!

 

と言って気絶できたら、どんなにいいでしょう。

 

 

どうしよう

 

 

と泣き崩れることができたら、どんなにかいいでしょう。

 

 

そうして気絶や泣いている間に、

みんながなんとかしてくれれたなら…

 

 

気が付いたら、すべてが解決していた

 

な~んてことだったら…

 

 

 

だが

しかし

But

 

 

 

ごとうゆみこ、58歳。

逃げるわけには参りません。

 

にしても・・・です 💦

 

 

 

なんだ、ホテルの名前、ちゃんと確認して予約しなかったのか

 

 

もはやA氏も、大人の対応を忘れたようです。

 

 

 

なんでぇ? ホテルの名前ちゃんと教えたよね

 

S子さんも、驚きを通り越して呆れまくっています。

 

 

 

いや

その

え~っと

○○ホテルのBangkokってのはちゃんと確認した

と、思う…

 

 

 

はぁ?

ホテルの名前の最初と最後しか確認しない人間なんて、初めてだ!

 

 

A氏の言葉に、うなだれるしかないわたし。

こんなふうにうなだれるのは、これで何度目だろう?

 

 

 

まさかバンコクに、このホテルのチェーンが3つもあるなんて知らなかったもんね

Aさんも教えといてくれればよかったのに

 

 

 

S子さん、わたしの憔悴ぶりに哀れを感じたのか、

慰める方針に変えたみたい。

 

 

と安心したとおもいきや

 

 

 

どうする?

一人で予約したホテルに泊まる?

ここから近いみたいだし。

 

フロントに置いてあるホテルのパンフレットを見ながら、

平然と言うS子さん。

 

 

 

お願い

わたしを見捨てないで!

初めてのタイで一人でホテルになんて泊まれない。

だいたい、ゴルフに行くのだっていちいち大変じゃ~ん!

 

 

 

ここで、わたしは腹をくくりました。

 

 

 

もし、このホテルに空いている部屋があるなら、

先に振り込んだ宿泊代が無駄になってもここに泊まるぞ。

 

 

 

A氏が話をしてくれた結果、

 

部屋は空いていること、

泊代はこちらの分に振り替えできること

ただし追加料金は発生することなどが判明。

追加料金は、日本円で4500円ほど。

 

 

払います!

払います!!

払いますとも!!!

 

 

 

フロントのカウンターを飛び越えんばかりの勢いで叫んだわたし。

 

 

はぁ~

生き返った~

 

 

しみじみ空気が体の隅々まで行き渡るのを感じました。

 

 

 

生きているって素晴らしい!!!

 

 

 

 

 

良かった

良かった

 

 

の言葉と共に、A氏さん、S子さん、それぞれに部屋へと去っていきました。

 

しんと静まり返ったフロントに一人残されたわたし。

 

フロントマンが小さな声で囁きました。

 

 

 

あなたの部屋はグレードアップされてますよ

 

 

なるほど

 

そうか

 

つまり、

私の部屋は超得早割用の部屋ではないということね。

 

 

通された部屋は、きれいな上にウォシュレット付き。

 


 

 

瓢箪から駒

 

いや、

 

禍を転じて福と為す

 

か。

 

 

かくして無事チェックインも済ませ、タイの初めての夜は更けていくのでした。

 

この夜、爆睡したことは言うまでもありません。

 

(つづく)

 

 

 

「終わりよければすべて」のタイ旅行 ⑤

坐骨神経痛で摺り足歩行しかできないA子さんは、まだ当分私たちの元にはやってきそうにありません。

 

 

オレがS子さんを待っているから、先に入国審査に進んでいいよ

 

 

と言うA氏の優しさに甘えて、入国審査の列に一人並んだわたしでした。

 

 

飛行機の中での嫌なことは忘れよう!

タイよ!

タイ!!

 

 

明日から始まる楽しい日々を思うと、心も踊ります。

 

さて、わたしの番が来ました。

 

パスポートと入国カードを係員に提示します。

 

 

ん?

 

 

係員が何か早口で言っている…

 

 

わからん

 

 

訳がわからないので、航空チケットを見せてみる。

 

後ろに並んでいたカップルらしき人たちが、

 

 

ほら、航空チケットも見せるんだよ

 

 

なんて、ささやき合っている。

 

 

いや、いや、たぶん見せなくてもいいはずなんだけどね…

 

 

 

No 

No

 

 

 

と、係員は、またもや早口で何やら言っている。

 

 

ニンゲントハ ヨソウモシテイナイコトヲ トツゼンイワレルト

アタマガ パニックヲオコシテシマイ 

リカイフノウニ オチイッテシマウ ドウブツナノダ

 

 

仕方がない。

奥の手を使おう。

 

わたしは、係員の目を見て、きっぱりとこう言いました。

 

 

 

I don’t   know

 

 

 

係員は、わたしの顔を見つめ、

やがて何かを諦めたように、「行け、行け」という仕草を見せました。

 

 

なんとか入国。

ん、もぐりこんだのか?

いや、これでいいのだ!

 

 

 

すると、わたしよりずっと後ろの方に並んでいたはずのA氏とS子さんが、

すでに入国審査を終えて、わたしを待っているではありませんか。

 

 

 

どうしたの~

わたしたち、すんなり通してもらえたよ~

 

とS子さん。

 

 

いや~

わたしも、何が何だかわからないのよ~

 

 

と、言いながら何気に見つめた彼女の手元・・・

 

 

 

わかった!!

 

どうしよう!!!

 

 

ええっ、なに、どうしたの?

 

 

焦るS子さん。

 

 

うん…

 

 

わたしはS子さんの手元を指さし、言いました。

 

 

出国カード

 

 

ん?

それがどうしたの?

 

 

わたし、入国審査で入国カードしか出さなかった。

 

 

え~!!

 

 

のけぞるS子さん。

 

 

なんでぇ~

勝手に切り取ってはダメって確か書いてあるよねぇ?

 

 

う~ん

いやぁ

入国するんだから、入国カードだけでいいと、なぜか思って、

ビリビリッと、切り…離し…ちゃった…

 

 

え~

信じらんな~い!

よくそれで通してもらえたよねぇ

だいたいさぁ、ゆみちゃん、最近しょっちゅう海外行ってるじゃない

 

 

・・・

う~ん

・・・

いつもはダンナと一緒だし

・・・

 

 

ニンゲントイウノハ トキドキ ジブンデモ リカイフノウナコトヲ

シテシマウ ドウブツナノダ

 

 

もう!

ごとうさんたら、ゆみちゃんを甘やかしすぎ

 

 

ダンナのこともよく知っているS子さんなのです。

 

 

ゆみちゃん

 

 

口調を改めて、S子さんは言いました。

 

 

今回の旅は、あなたの自立の旅にしなさいね

 

 

ふぁい…

 

 

うなだれるわたし。。。

返す言葉もありません。。。

 

 

 

まあ、なんとかなるぞ

 

 

大人の対応を見せるA氏の笑顔に救われます。

 

 

 

にしても…

 

 

入国だけして出国の予定がないかのようなわたしは、

ずいぶんと怪しい奴だ

 

 

と恥ずかしくもあり、

 

 

で、帰りは無事出国できるのか

 

 

と不安にもなり、

 

 

とりあえず入国はできたんだから楽しんで、

帰りのことは帰りに心配しよう

 

 

と、結局は開き直ったわたしなのでした。

 

 

 

やれやれとばかりに三人そろって荷物を受け取り、

タクシーに乗り込んで、いざホテルへ!

 

 

初めて見るタイの街並み。

想像以上に都会です。

 

 

 

明日から始まるゴルフ漬けの日々に心躍らせながら、車は一路ホテルへ。

 

まさか、このあと、この旅最大のピンチに見舞われるとは、誰が想像したでしょうか?

 

(つづく)

 

 

 

 

 

 

「終わりよければすべて」のタイ旅行 ④

 

さて、無事飛行機に乗り込みまして

 

わたしの席は

S子さんは、通路を挟んだ

そして、わたしの前の

 

いよいよ離陸です。

 

 

 

わたし、結構、この離陸する時の感覚好きなんです。

スピードがぐんぐん上がっていって、そしてフワッと浮き上がる。

 

たまりません~

 

あ、でもジェットコースターは、全然ダメなのです。

人間の感覚って面白いですね。

 

 

話が逸れました。

 

飛行機は無事離陸し、しばらくすると安定飛行に入りました。

乗客も、どこかホッとして、荷物を出してみたりゴソゴソしだすとき。

その時、氏が、いきなり座席をど~んとマックスに倒してきたのです。

 

マックスです!

マックス!!

 

 

角度にすると、約130~140度ですかねぇ。

 

 

おっと~

 

 

なんとなくイヤな予感…

これから約6時間、この人の後ろか~

でも、とりあえず我慢。

 

 

食事タイムには、当然のことながら背もたれはすっかり元に戻されました。

 

しかし食事が終了すると、再び背もたれマックスに。

と思ったら、背もたれマックスのまま、自分は体を起こしてパソコンをいじり出しました。

 

多分、タイに赴任中、あるいは出張のサラリーマンなのでしょう。

(以降、氏のことはサラリーマン氏とします)

 

にしても、

 

パソコン使うなら背もたれ戻せよ!

 

心の中で叫びます。

しばらくすると、サラリーマン氏疲れたのか、突然

 

あーあ

 

と大きな声を出しました。

 

あーあ

 

と、大きな声を出しながら、マックスの背もたれに体を預け、両腕を思い切り伸ばしたのです。

 

気持ちよさそうに

 

あ~あ

 

と言いながら、伸びをしたわけです。

当然、彼の両手は、わたしのすぐ眼前に。

 

うぉっ

なんだぁ?

 

わたしは、「このやろう」とばかりに、

その両腕をパシッと払い落とし…

 

たかったけれど、我慢しました。

疲れた時のこのポーズ、気持ちはわからないでもない。

 

続いてサラリーマン氏、靴を脱いだ足を前の壁にガバッと立てかけました。

(この表現でわかっていただけますかねぇ)

 

 

 

わたしの頭の中で、

 

プチッ

 

と、小さな音がしました。

 

 

 

これからの数時間、この男の後ろで我慢し続けるのは精神衛生上よろしくない。

 

小さな決意をしました。

 

あの~

 

後ろからサラリーマン氏の肩を軽く叩いてお声がけ。

 

ここエコノミー席で狭いので、もう少し背もたれを戻していただけませんか。

 

サラリーマン氏曰く。

 

いくらエコノミー席だからって、背もたれは倒れるようにできているし、ここはそうしていい席なんだ。

 

???

 

意味不明~

 

エコノミー席に、そんな特別席があったのか?

 

確かに、壁のすぐ後ろの席は前が広くなっているので、人気の席と聞いたことはあります。

でも、それはお得感のあるラッキーな席なのであって、

後ろのことも考えず好きにしていい〝 特別席 ″ ではないのでは?

 

 

 

だいたい、あんたさぁ

じゃあ、車が200キロまで出せるようにできているからって

どこもかしこも200キロでぶっ飛ばすか?

制限速度は守るだろうし、横を人が通ったりしたら徐行するだろうが

てめえみたいなのを、手にした権利を振りかざすことしか考えない

『権利バカ』って言うんだよ!!

 

 

と、言いたいのをグッとこらえました。

ここで揉めると、回りの乗客を不愉快にさせるし…

 

 

とはいえ、席をマックスに倒されたままだと、

わたしは自分の座席の画面が光っちゃって全然見えない。

いくら6時間ほどの旅とはいえ、退屈しちゃうよ!

 

そこで考えたのが、席を移動するということ。

 

CAさんに事情を話し、どこかに空いている席はないか探してもらいました。

 

ですが、残念ながら満席だったようです。

するとCAさんがチーフパーサーらしき男性を連れてきました。

わたしは、再び「これでは画面が見えない」と言いました。

すると、チーフパーサーは言いました。

 

あなたも同じように席を倒せば見える

 

 

え~!

そうですか!!

そういうもんですか!!!

 

 

目から鱗というか、びっくり仰天というか…

だって、それ、後ろの席の人にわたしと同じ思いをさせろってことですよね。

わたしの中にそういう発想はありませんでした。

ある意味、新鮮な発想。

でも・・・

 

 

わたしにはできない!!

 

 

もちろん、こんなやり取りをしている間も、

前席のサラリーマン氏は全くの知らん顔。

 

 

おめえのことだよ。

おめえのことで、こんなに揉めてんだよ!!!

 

と思ったけれど我慢しました。

 

 

そこで再チャレンジ。

 

あの~

 

再びサラリーマン氏に声をかけました。

 

テーブルで作業したいので、席をもう少し戻していただけませんか?

 

作業したいと言えば応じてくれるかもと思ったのです。

 

 

眠い

 

のひと言で却下。

 

 

きぇ~い

 

 

の掛け声と共に、前席をガ~ンと蹴り上げ、頭から水をぶっかけ

 

たかったけれど、我慢しました。

 

 

だって、わたし大人だもん。

そんなことをすれば、わたしの方が変な奴にされる。

こんな奴のために、なんでわたしが変人扱いされなければならない。

 

でも、

 

心の中は嵐。

 

 

 

それでも、わたしがグッと堪えたのは、

 

もしかして、わたしの方が間違っているのか?

 

と思う気持ちもあったから。

 

 

そんなこと、ありませんか?

 

自分が正しいと信じてきたことが、周りの人に当たり前のように否定されたとき、

 

もしかして、わたしが間違っているのか??

 

と、自分の価値観を疑ってしまうってこと。

そんな経験、ありませんか?

 

 

半分は、そんな状態。

もう半分は、飛行機を降りたらA氏に聞いてみようと思っていたから。

長年航空会社でチーフパーサーとして働いてきたA氏に聞いてみよう。

 

そう思って、じっと我慢していたのでした。

 

 

さて、通路を挟んで座っていたS子さん。

 

坐骨神経痛との戦いに必死のご様子。

 

たまにチラッと見ては、

 

大丈夫?

 

と声をかけてみたのですが、

 

ウン

 

と小さな声で応えるのみ。

 

あとは、お地蔵さんよろしくジ~ッつと固まってました。

ご苦労様でございます。

 

 

さあ!

そうこうするうちに、

やっと

やっと

飛行機がタイに着きました。

 

 

わぉ~!!

 

 

叫び出したいほどの喜びと解放感。

 

 

喜び勇んで飛行機を降りると、A氏に中でのことをまくしたてました。

 

 

ま、たしかに座席がそういう風にできてるからね、

倒すのがダメとは言えないわなぁ。

 

 

ダメなんて言ってないよ。

少し戻してほしいとお願いしたんだよ。

だいたいエコノミーにそういう特別席ってあるの?

 

 

A氏、笑いながら、

 

 

あるわけないよ。

エコノミーはエコノミーだよ。

 

 

でも、ここはそういう席なんだって言ったもん。

 

 

そういう奴、結構いるんだよね。

俺は、さんざんそういう奴の相手をしてきた。

特に、タイとかに赴任している奴って、

(タイではいい待遇だから)なんか勘違いしてるのが多いんだよね。

 

 

そうだ、そうだ!

アイツはおかしい!

ほんと感じ悪かった!!!

 

 

中での出来事を思い出して、新たな怒りに燃えるわたしの足取りは、

どんどん早くなり、一緒に歩くA氏もまた軽やかな足取り。

 

哀れ、坐骨神経痛で摺り足歩行のS子さんは、

どんどん遅れる

離れていく~

 

 

 

やがて、入国審査場に到着。

 

振り返ってみてもS子さんの姿は見えず…

入口でS子さんを待つというA氏のお言葉に甘えて、

わたしは一足先に、審査を待つ人々の列に加わりました。

 

 

いよいよ、タイだわ!

ここで気持ちを切り替えよう!!

もうここで、飛行機の中での嫌なことは忘れよう!!!

 

 

 

希望に胸を膨らませ審査を待つわたし。

 

 

まさか、新たな試練が、またここでも待っていようとは、

誰が想像したでしょうか。

 

(つづく)