念願叶って高千穂へ ~1~

わたしには、かねてより

 

ぜひ、ここには行きたい!

 

と思う所がいくつかあります。

 

 

そのうちの一つ高千穂に、今回ようやく行くことができました。

 

これまでも、何度か行こうと思ったことがあるのですが、10年ほど前に夫と話し合って車を持たない生活を選択していたので、公共の交通機関の整っている所でないと、なかなか行く気になれなかったのです。

 

 

今回、ちょうど希望に合ったツアーがあったので、喜び勇んで申し込み、今回の旅となりました。

少しぜいたくなツアーですが、せっかくの高千穂なので、奮発しました。

 

 

 

羽田空港から熊本に入り、そこからバスで移動です。

 

まず向かったのは国見ケ丘。

 

 

ここは早朝の雲海で有名なところだそうです。

 

 

 

晴天の中、美しい眺めと爽やかな空気を楽しみ、いよいよ高千穂へ向かいます。

 

 

お宿は、神呂木の庄 神仙

 

大浴場はなく、各部屋に24時間入れるラジウム温泉の露天風呂が付いています。

 

 

お料理はお食事処でいただくのですが、毎回お部屋が変わり、それぞれ違う趣で楽しむことができました。

 

殿様気分の、こんな部屋も。

 

 

 

 

 

 

夜は、高千穂神社での夜神楽見学。

 

 

観光客向けに毎晩開催されています。

 

 

本来は、一晩かけて33番を演じるそうですが、こちらで毎晩開催されているのは、観光客向けにわかりやすい4つの場面で構成されたものです。

 

 

 

客席に降りてきてもくれます。

 

 

こちらに来る前の晩、不思議な夢を見ました。

 

 

~  ~ ~ ~ ~

 

 

わたしは、まるで山伏のように夜の山を、仲間とともに駆けています。

 

暗いトンネルや、断崖絶壁の際を、ものすごいスピードで走ってゆくのです。

そんな勇気などを試されるようなポイントがいくつもあり、最後の関門は長いロープをよじ登るというものでした。

わたしは、仲間が差し出してくれた手につかまって無事上ることができました。

 

そのとき、手を貸してくれた仲間が、

 

 

ありがとう、踊り子

 

 

と言ったのです。

 

その仲間の(顔はわからないのですが)爽やかな青年っぽい声と、手を貸してもらったのはわたしの方なのに、なぜ「ありがとう」と言われたのか、なぜ『踊り子』と呼ばれたのか。

 

それらのことが、目が覚めてから気になって気になって……

 

けれど、昔わたしにはアマノウズメがついていると言われたことがあることと、今回の高千穂旅行のこととを考え合わせると、腑に落ちる感じがしました。

 

 

なので、2番目のアマノウズメの舞では緊張しちゃいましたよ。

 

 

 

 

一時間ほどの夜神楽が終わり部屋に戻ると、こんなお夜食が…

 

普段、夜食は食べないのですが、ついつい食べてしまいました。

 

そのあとは、ゆっくり温泉に浸かり、移動疲れもあったのでしょう、朝まで爆睡しました。

 

 

アフリカンな日々 その9

ブルートレインはケープタウンに着きました。

 

 

ケープタウンと言えばテーブルマウンテン、喜望峰、そしてビクトリアフォールズ。

 

それでは、一気にご紹介。

 

まずは、テーブルマウンテン。


ロープウェイで上に登れます。

ただ、朝早く行かないと、ものすごく並ぶそうです。

わたしたちは1時間ほど並んで乗ることができました。

 

 

それからビクトリアフォールズ。

 

わたしたちが行ったのは、乾季でしたので、こんな感じ。

 

雨期になるとどこからどこまでが滝かわからないくらいの水量だそうです。

 

 

虹もかかってきれいでした。

 


 

 

そして、社会科の教科書でしか知らない喜望峰。

 

 

 

こんなふうに両手を広げるのがお決まりのポーズ! とは、ガイドさんのお話。

 

 

途中、野生のダチョウにも会えました。

びっくりです。

海辺のダチョウ・・・

 

 

近くに赤ちゃんダチョウもいたのですが、バスの中からなので、うまく撮れませんでした。残念。

 

 

 

アフリカペンギンの生息地にも行きました。

浜辺はもちろん、草むらにも…

 

 

 

 

ワインランドにも行きました。

 

南アフリカのワインは、世界的にも有名だそうです。

 

5種類のワインを試飲させていただき、ランチの際にも美味しいワインを飲めました。

 

 

また、ケープタウンはマグロもたくさん水揚げされる場所柄、ツアー最後の夜は、

日本人の方のやっておられるお店で、豪華なお寿司をはじめとした和食を堪能いたしました。

 

 

大トロから赤身まで。

こんなマグロ尽くしのお寿司、日本でもめったに食べないなぁ~

 

最後は、南アフリカで見た美しいお花の写真をご覧ください。

 


 

 


 

 

旅紀行『 アフリカンな日々 』は、これにて終わりです。

最後までお読いただき、ありがとうございました。

 

 

次回からは、国内有数のスピリチュアルスポット、高千穂の旅紀行をお送りします。

 

アフリカンな日々 その8

ブレトリアで美しいジャカランダの花を堪能したあとは、再びヨハネスブルクに戻り、

いよいよブルートレインに乗車です。

 

昨年、運よくJR九州のななつ星に乗ることができました。

それ以来、わたしの中で寝台列車への関心が高まっています。

今回のアフリカ旅行も、野生の動物に会えるとともにブルートレインに乗れるというのが、

このツアーに参加を決めた大きな理由でした。

 

 ⇒ななつ星の旅行については、こちらをご覧ください

 

 


 

専用のラウンジからの乗車です。

乗務スタッフの紹介。

 


お世話になります。

 

これがブルートレイン。

 


 

私たちの部屋のナンバーは、『 22 』。

いわゆるマスターナンバーと呼ばれる番号です。

マスターナンバーというのは、二けたのゾロ目の番号のことで、特別なエネルギーを持った数字だそうです。

『 22 』という数字のエネルギーには、私たちの肉体や精神、感情といった人間にとって大切なすべての領域に安定とバランスをもたらす意味があり、また物質世界と精神世界のバランスと調和という意味もあるそうです。

 

 

数霊で見てみると、『 22 』は安定化をもたらす数霊。

基礎が固まり、型が整った中から鷹が飛翔するようにエネルギーが噴出していく。

また、高次元からの転生である空海・イエスと同じ数霊を持つことから、高次元からのメッセージを受け取りやすくなり、自らのインスピレーションが鋭くなる数霊ということです。

 

 

ジンバブエでラッキー7のバンガローに泊まり、Futureと出会い、そしてブルートレインではNo.22の客室に泊まる。

これからの人生の展開が楽しみです。

 

 

 

さて……

 

客室に入ると、フルーツのサービスが。

すかさず、シャンパンを注文しました。

 


 

夫と出発の乾杯~♪

 

 

お食事も、大変おいしかったです。



 

そして、翌日の午前中の降車前に、展望車でチップの贈呈式がありました。

お世話になったスタッフのみなさんへ感謝の気持ちを表します。

 

用意されていたのは、こんなきれいなカクテル。

その名も、ブルートレインです。


 

一泊二日の短い旅でしたが、バスタブ付きの客室で、のんびりくつろぎながらの移動ができました。

 

 

JR九州のななつ星は、こうした海外の寝台列車を参考に、そしてさらに良いものをと作られたことが、

今回のブルートレインの旅でよくわかりました。

世界には、まだまだ多くの寝台列車があると思いますが、わたしの中ではななつ星が、やっぱり一番かな。