ナイルの流れに遭いたくて ⑨

 
 
エジプトツアー6日目は、ルクソールに入港です。
 
 
午前はルクソール西海岸の観光。
 
 
まずは、王家の谷。
 
 
 
 
 
 
世界各地から大勢の観光客が来ています。
 
 
でも、これでも少ない方だとか。
 
 
わたしたちは朝早く来たので、この程度。
これからガンガンやって来るそうです。
 
 
 
なんと言っても、ここにはあのツタンカーメンの墓があるのです。
(ツタンカーメンの墓の内部は撮影禁止)
 
 
 
 
 
 
 
 
他にも、ラメセス9世、トトメス3世、ラメセス4世らの墓もあり、
これらの内部の壁画の美しいこと。
 
 
 
必見です。
 
 
 
 
 
愛らしさを感じます。
 
 
 
 
 
 
右に描かれているのはスカラベ。
ふんころがしです。
ふんころがしが丸めた糞を太陽に見立てて
「太陽をつかさどる神の化身」とされています。
 
 
 
 
 
 
色彩も鮮やか。
 
 
 
 
 
 
犬の頭を持つアヌビス神(墓守)
 
 
 
 
 
そして、こんな壁画も……
 
 
これは、ガイド氏も知らなかったって。
 
すわ、新発見か!!
 
 
 
 
 
 
ピラミッドが盗掘の被害に遭い、その対策として、こちらの谷に穴を掘って
王族や貴族が墓を作ったそうです。
 
 
 
この場所が選ばれたのは、エジプトではナイル川を挟んで西側が
 
 
 
死者の町
 
 
 
 
東側が
 
 
 
生者の都
 
 
 
とされていたから。
 
 
 
インドのアーユルヴェーダでも、やはり東に向かうと活性化され、
西に向かうと沈静化されるので、お金持ちは職場を東、住まいを西にしているとか。
 
 
西は日の沈む方角、東は日の昇る方角だからでしょうね。
 
 
 
 
 

ナイルの流れに逢いたくて ⑧

ナイル川クルーズに話を戻します。
 
 
 
ソネスタ・スター・ゴッデス号に乗船前に、アスワンで、帆船ファカールに乗りました。
 
 
 
砂漠歩きが続いた後の帆船は、本当に爽やかで気持ちがよかったです。
 
 
風を上手に操り、ナイル川を楽しみます。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
船からのナイル川岸の景色も、長閑でホッとします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、エジプトツアー5日目の午前中は、コム・オンボ神殿へ行きました。
 
 
 
 
珍しい出産シーンのレリーフ。
 
昔は座って出産したんですね。
 
 
 
一部残っていた天井のレリーフは、色もきれいに残っていました。
 
 
 
 
ナイル川の水位を、これで計っていたそうです。
 
 
 
階段の上の方まで水がきていれば、その年は水が豊富なので豊作になる。
 
 
だから、税金を高くした。
 
 
 
とのこと。
 
 
 
 
 
 
午後からは、ホルス神殿を見学。
 
 
 
神殿までは、エドフ港から馬車に乗りました。
 
 
 
 
 
 馬が蹄を鳴らし、たてがみを揺らしながら走る姿は、なんともいとおしくて💕
 
 
 
 
 
神殿にはハヤブサの姿をした、美しいホルス神がいらっしゃいました。
 
 
 
 
 
 
 
 
神殿にも、客待ちの馬車がいっぱい。
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、賑やかなエドフの町。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ナイルの流れに逢いたくて ⑦

今日、カイロ市内を観光バスで移動中、
そもそも渋滞がちなのに、さらに酷い渋滞。
 
 
サイレンは鳴ってるし、パトカーは出てるし、何事かと思っていたら、これだったのだ。