ななつ星の旅 まとめ

昨夜、JR九州から写真が届きました。

 

ななつ星の旅では、プロのカメラマンの方が同行して、わたしたちのスナップを撮ってくださっていたんです。

 

そして、終日に注文をしておいたのが、昨夜届いたのでした。

 

%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f

 

改めて見ると、旅の思い出が、またひとつずつ甦ってきます。

 

昨今、写真はデータで保存することが多いですが、やはりプリントアウトしたものは、いいなぁ~

 

ななつ星の旅の良さは、徹底したおもてなし精神でしょうか?

 

あの、ななつ星だから

 

ということで、サービスはいいのだろうな?

 

という、こちらの予想を遥かに越えたおもてなし。

 

前にブログでも書きましたが、これまでの人生で、これほど人様に大切に扱われたことがあったろうかと、胸が熱くなる場面が何度もありました。

 

そして、その大切さの中に温もりが、ちゃんと感じられるんですね。

 

そこが、すごいと思うのです。

 

%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%83%e3%83%95お世話になったスタッフのみなさん

 

もちろんお料理も、

 

食材はもちろん、調理方法・盛り付け等、どれも美しく楽しくて、こんなお料理が列車の中で食べられるの?というくらい感動的でした。

 

また、駅で止まったとき、あるいは沿線で、たとえばお年寄りがお孫さんと一緒に、列車に手を振ってくれるのです。

思わず、こちらも振り返したり・・・

 

なんとも、心暖まるのです。

 

よく、旅行のキャッチフレーズなどで、

旅の思い出

とか言いますが、

 

ななつ星のキャッチフレーズは、

 

新たな人生に巡り会う、旅

 

だそうです。

 

 

旅の終盤では、

 

これからの新しい始まり

 

といった内容の言葉がたくさん出てきました。

 

思い出を大切にするだけでなく、未来思考なところも、グッときました。

 

今回は熊本地震の影響でコースが一部変更になり、阿蘇地域を回ることができませんでした。

 

ぜひ、いつか、今度は3泊4日のコースで九州全体を回りたいものです。

それから、その他の寝台特急の旅も、ご縁がある限り味わっていきたいと思います。

ななつ星の食事

車中1泊の、ななつ星旅。

食事は3回です。

列車の乗り込む際のセレモニーで、

クルーの方から、

 

一日1㎏増を目指して、食べましょう!

 

と言われたので、

 

そうかぁ

 

と、元気に食べ続け、

確かに体重は増えたようです➰

 

さて、今回は

そんなななつ星のお食事特集。

 

 

まずは、一日目の昼食。

和食でした。

dsc_0102

 

dsc_0108

 

dsc_0116

 

 

夕飯はフレンチ。

ドレスコードがあります。

 

dsc_0172

 

dsc_0176

 

dsc_0180

 

 

 

dsc_0182

 

 

夜10時からバータイムで、ピアノとヴァイオリンの演奏を聞きながら、お酒をいただきました。

 

dsc_0202

 

dsc_0203

 

 

 

テーブルマジックもありました。

 

超びっくりのコインマジック。

わたしの手の中に握っていたコインがいつの間にか増えてました!!

 

思わずのけぞりました。

 

びっくりし過ぎて、

写真撮るの忘れちゃいました~!!

 

そして、

今朝の朝食は和食。

dsc_0213

 

dsc_0223

 

あの『ななつ星』なので、

料理も美味しいとは想像してましたけど、それを遥かに上回る美味しさでした。

 

クルーの方々のテキパキとした動き

その反対に、親しみのある和やかな会話

すっかり魅了されました。

 

これぞ、プロ集団という感じです。

 

ありがとうございました。

ななつ星の車内

ななつ星の車内をご案内~

 

部屋は6畳分くらいの広さがあります。

 

dsc_0161

各部屋にクローゼットと、

トイレ・シャワールーム。

 

dsc_0076

dsc_0160

 

 

ヴィンテージもののワイン以外は、

ソフトドリンク・アルコール飲料とも飲み放題だそうです。

 

ネジの頭金も星形という懲りようです。

でも、写真では上手く撮れませんでした➰

 

部屋も廊下もレストランも、

すべて木の香ただよう造りとなっています。

 

dsc_0120

 

dsc_0173

 

そして、お夕飯をいただいている間に

ソファーがベッドに変身してました。

 

dsc_0186