アイルランド旅紀行 ー 自然 ー

ずいぶん間が空いてしまいましたが、アイルランドの自然について書いておこうと思います。

 

前にも書きましたが、アイルランドは北大西洋にありますが、暖流が流れているおかげで、真冬でも牧草が枯れないそうです。

なので、基本的に牛は年中放牧できます。

何よりわたしにとって珍しかったのは、牛や馬や羊が混在している風景です。

dscn0446

 

日本でも放牧されている牛などを見ることはできますが、混在している風景は、少なくともわたしは見たことがありません。

何とも、ほのぼのと楽しげな光景なのです。

 

また、アイルランドには、高い山がほとんどありません。

  ちなみに、
  東京近郊の高尾山の標高は599㍍
  筑波山は877㍍
  そして、富士山は3776㍍
  だそうです。

 

わたしたちが泊まったホテルの近くの最高峰の山の標高が、1050㍍ほどです。

なので、川も少ない。

ということは、滝もほとんどない。

わたしたちが訪れたキラーニー国立公園のトルクの滝も、わたしたち日本人にとっては、

 

あ、滝だね

 

といった程度のものですが、アイルランドの人々にとっては、

 

わぁっ、滝だあ~ !!

 

となるようです。

dscn0476

 

こんな風に、訪れた名所はどこも、

 

へぇ~

ふ~ん

ほぉ~

 

と、わりと地味な感動をもたらすところばかりでした。

 

なんだ、アイルランドってつまんない

 

 

ちょっと待ったぁ~!!

 

実はアイルランドの良さは、日本に帰ってきてからジワジワと染みてくるのです。

 

たまたま夫が読んでいた村上春樹の本の中に、こんな一節がありました。

 

%e6%9c%ac

 

極端な言い方をするなら、アイルランドから戻ってきてはじめて「ああ、アイルランドってほんとうに美しい国だったんだな」と実感する。もちろんそこに実際にいるときだって、「美しいところだな」ということは頭で理解できているのだけれど、その美しさがしみじみと身にしみてわかるのは、むしろそこを離れたあとのことだ。

 

まさに、その通りなのです。

 

アイルランドというのは、

 

特にどこかの名所を訪ねる必要のない

ただ、その地に行くだけでよい。

 

そんな国なのだと思います。

 

ななつ星の旅 まとめ

昨夜、JR九州から写真が届きました。

 

ななつ星の旅では、プロのカメラマンの方が同行して、わたしたちのスナップを撮ってくださっていたんです。

 

そして、終日に注文をしておいたのが、昨夜届いたのでした。

 

%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f

 

改めて見ると、旅の思い出が、またひとつずつ甦ってきます。

 

昨今、写真はデータで保存することが多いですが、やはりプリントアウトしたものは、いいなぁ~

 

ななつ星の旅の良さは、徹底したおもてなし精神でしょうか?

 

あの、ななつ星だから

 

ということで、サービスはいいのだろうな?

 

という、こちらの予想を遥かに越えたおもてなし。

 

前にブログでも書きましたが、これまでの人生で、これほど人様に大切に扱われたことがあったろうかと、胸が熱くなる場面が何度もありました。

 

そして、その大切さの中に温もりが、ちゃんと感じられるんですね。

 

そこが、すごいと思うのです。

 

%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%83%e3%83%95お世話になったスタッフのみなさん

 

もちろんお料理も、

 

食材はもちろん、調理方法・盛り付け等、どれも美しく楽しくて、こんなお料理が列車の中で食べられるの?というくらい感動的でした。

 

また、駅で止まったとき、あるいは沿線で、たとえばお年寄りがお孫さんと一緒に、列車に手を振ってくれるのです。

思わず、こちらも振り返したり・・・

 

なんとも、心暖まるのです。

 

よく、旅行のキャッチフレーズなどで、

旅の思い出

とか言いますが、

 

ななつ星のキャッチフレーズは、

 

新たな人生に巡り会う、旅

 

だそうです。

 

 

旅の終盤では、

 

これからの新しい始まり

 

といった内容の言葉がたくさん出てきました。

 

思い出を大切にするだけでなく、未来思考なところも、グッときました。

 

今回は熊本地震の影響でコースが一部変更になり、阿蘇地域を回ることができませんでした。

 

ぜひ、いつか、今度は3泊4日のコースで九州全体を回りたいものです。

それから、その他の寝台特急の旅も、ご縁がある限り味わっていきたいと思います。

ななつ星の食事

車中1泊の、ななつ星旅。

食事は3回です。

列車の乗り込む際のセレモニーで、

クルーの方から、

 

一日1㎏増を目指して、食べましょう!

 

と言われたので、

 

そうかぁ

 

と、元気に食べ続け、

確かに体重は増えたようです➰

 

さて、今回は

そんなななつ星のお食事特集。

 

 

まずは、一日目の昼食。

和食でした。

dsc_0102

 

dsc_0108

 

dsc_0116

 

 

夕飯はフレンチ。

ドレスコードがあります。

 

dsc_0172

 

dsc_0176

 

dsc_0180

 

 

 

dsc_0182

 

 

夜10時からバータイムで、ピアノとヴァイオリンの演奏を聞きながら、お酒をいただきました。

 

dsc_0202

 

dsc_0203

 

 

 

テーブルマジックもありました。

 

超びっくりのコインマジック。

わたしの手の中に握っていたコインがいつの間にか増えてました!!

 

思わずのけぞりました。

 

びっくりし過ぎて、

写真撮るの忘れちゃいました~!!

 

そして、

今朝の朝食は和食。

dsc_0213

 

dsc_0223

 

あの『ななつ星』なので、

料理も美味しいとは想像してましたけど、それを遥かに上回る美味しさでした。

 

クルーの方々のテキパキとした動き

その反対に、親しみのある和やかな会話

すっかり魅了されました。

 

これぞ、プロ集団という感じです。

 

ありがとうございました。