ななつ星プレミアムツアー その2

「指宿のたまて箱」で指宿駅に着き、薩摩伝承館へ。

 

こちらにあるイタリアンレストラン、フェニーチェ・ディ・アクアパッツァにてランチです。

 

 

 

 

大変に贅沢で楽しいひと時を過ごさせていただきました。

 

 

 

ランチ後は、薩摩伝承館の見学。

 

 

それからバスで仙巌園へ。

バスは、もちろんななつ星専用バス。

 

 

懐かしい~

 

 

仙巌園は島津家の別邸跡と庭園です。

とくに借景を利用した庭からの眺めは素晴らしいです。

 

 

 

 

 

 

そして、こちらでお夕飯。

薩摩切子の器に盛られた色とりどりのお料理は、味はもちろんのこと見た目も美しく大満足。

 

 

 

 

夕食後、バスまでの道が暗いからと心、時代劇よろしく提灯で足元を照らしていただきました。

 

心もお腹も満たされたところで今夜のお宿、城山観光ホテルへと向かいました。

 

(つづく)

 

 

 

 

 

ななつ星プレミアムツアー その1

わたしたち夫婦がななつ星に乗ったのは、昨年の9月です。

 

⏩昨年のななつ星ツアーについては、こちらをご覧ください

 

それから約1年。

 

今回は、福岡でななつ星の同窓会が開かれ、それに併せてプレミアムツアーが実施されるということで、

早速応募したところ、運よく当たっての参加です。

 

正直、北九州で大雨の被害が出ているときに

のんびり観光旅行でお邪魔してもいいのか

悩みました。

 

でも、無事なところは無事。

 

笑顔で訪問させていただくことで、

応援できればと思い、行ってきました。

 

 

 

集合場所は、プレミアムツアーのスタート地点である鹿児島。

 

このプレミアムツアーの目玉は、ななつ星以外のJR九州が誇る

D&S(デザイン&ストーリー)列車に乗ることです。

 

今回、4年目の大規模点検中のななつ星には乗車いたしません。

当選の連絡をいただいた時にも「ななつ星には乗りませんが、よろしいですか?」と念を押されました。

もちろんです!

今回は、あくまで同窓会に参加するのが一番の目的。

せっかくだから、この機会に南九州も回りましょうということで、このツアーに応募したのです。

 

 

さて、まずは鹿児島から最初のD&S列車「指宿のたまて箱3号」に乗りました。

 

 

 

この列車の特徴は、左右で色が違うことです。

 

半分が白。


 

もう半分が黒。

 


 

 

乗車前に車掌さんと記念撮影~

 

 

 

「たまて箱」という名前の通り白い煙が出てくる乗車口もあります。

 

 

 

私たちが乗った2号車の中は、こんな感じです。

 


小さなお子さんが乗ってもいいようにベビーサークルもありましたよ。

 

約1時間緒乗車で列車は指宿に到着しました。

 

(つづく)

 

 

 

 

 

ななつ星同窓会

14日に鹿児島入りし、ななつ星同窓会に付随したプレミアム・ツアーに参加してきました。

 

そして、今日は、メインイベントの同窓会。

 

 

 

 

ツアーや同窓会については、後日ご報告させていただくこととして、今日は、同窓会終了直後の感想を。

 

 

今のご時世、お金さえ出せば、それなりのサービスは受けられるし、豪華なお料理だっていただけます。

 

でも、ななつ星のいいところは、それらの豪華さは当たり前。

さらに、その上を行く暖かさ、優しさ、親しみやすさという、まさに人間らしさがあるところだと思います。

 

だから、一度乗ったら虜になってしまい、またぜひ乗りたい!と思うのです。

まさに、ななつ星マジック。

リピーターが多いのも頷けます。

 

わたしたち夫婦も、これからもチャレンジし続け、リピーターを目指す予定。

 

 

そして、忘れてならないのは、ななつ星を応援してくださる地元九州の皆さまの暖かさ。

やはり、地元に愛されてこその鉄道だと思うのです。

 

 

九州は、昨年からたて続けに災害に見舞われています。

わたしたちは、わたしたちなりにできることで、応援していきたいと思います。

 

最後に、プレミアム・ツアー、そして同窓会を企画、運営してくださった、全ての皆さまに感謝申し上げます。