読者レポーターに選ばれる

子どもの頃から国語辞典を引いたり、教科書の音読が趣味だったとは、何度も書いてきています。

それと同時に、読書感想文や作文を書くのが好きで得意でもありました。

でも、大人になるにつれ、そうしたことからはどんどん遠ざかっていき、いつしか忘れてしまっていました。

 

26歳で結婚をしたものの、悶々とした日々を送っていたある日。

当時愛読していた『LEE』という月刊誌に、こんな記事を見つけました。

 

創刊5周年記念

読者レポーター募集!!

 

dsc_0620

 

00010001

 

読者レポーターとして北海道の富良野へ行って、報告記事を書くというものでした。

富良野の美しく雄大な景色が脳裏に浮かび、

 

行きたい

 

と、切に思いました。

 

心晴れないことの多い日々の中で、ポッと灯りが灯ったようでした。

 

早速応募要領に沿って履歴書と原稿用紙2枚分の作文を書いて応募しました。

 

全国から何千もの応募があったそうですが、運のいいことに50名のレポーターの一人として、決定の通知を受け取ることができました。

 

恐る恐る夫に許可を求めると、意外にもすんなりOKが出ました。

心が伸び伸びと広がっていくようでした。

 

当時、世の中はバブル真っ盛り。

 

富良野の旅も豪華なものでした。

 

ラベンダー畑の真ん中で、当時人気絶頂だったフラーワーアーティスト高橋永順さんの<花あしらい講座>。

 

dsc_0621

 

そして、富良野塾で倉本聰さんのお話を聞き、塾生とバーベキューパーティー。

 

dsc_0627

 

宿泊はトマムリゾート。

旅を終えて家に帰ってみれば、ラベンダーの苗のお土産までが届いていました。

 

30a90d7987d5e27277d2b22efd70db0d_s

 

それ以来、ラベンダーはわたしの大好きな花となっています。

もちろん、今の家の庭にもラベンダーが何本か植わっています。

 

さて、レポーターとして参加したわけですから、当然レポートを書いて提出。

それがまた、写真とともに雑誌に掲載されました。

どんなに嬉しかったことか・・・

 

dsc_0624

 

 

 

50名の仲間と共に、富良野の景色を楽しみ、講座やイベントを楽しみ、そのうえレポートが雑誌に載ったのです。

 

16-11-14-16-00-04-415_deco

 

この上もない喜びと共にわたしの心に浮かび上がってきたのは、

 

書きたい

 

という思いでした。

 

この読者レポーターという経験を通して、わたしは文章を書くことが好きだったことを思い出したのでした。

言葉と関わることの喜びを思い出したのでした。

 

思い出してしまったら、もう止まりません。

 

書きたくて、書きたくて

 

でも、どこでどう書けばいいのかわかりませんでした。

 

今のようにブログなどない時代です。

それで、書く場所を探し始めました。

そうして出会ったのが、四日市の文芸セミナーです。

東京で活躍されていたS氏が、郷里の鈴鹿に戻り、文芸のすそ野を広げるためにやっていらしたセミナーで氏の人柄を慕って多くの方々が月に一度集っていました。

わたしも、見学がてら参加した最初の1回で、ユーモアに富みながらも的確な批評をされるS氏に、すっかり魅了されてしまいました。

 

この人の下でなら書いていける

 

そう思いました。

 

初めて参加したその時、S氏はわたしに尋ねました。

 

どんな文章が書きたいの

 

わたしは答えました。

 

上品な文章を書きたいです

 

 

S氏は驚いたように、こう言いました。

 

 

今時、上品な文章を書きたいなんて人は珍しい

面白いねぇ

 

わたしの『 書く 』人生が始まりました。

 

f00709678301442e14e62f2202c64eb9_s

 

 

 

 

 

 

ロクヨンを観て

映画『ロクヨン』の後編を観てきました。

 

DSC_0174 - コピー

 

やはり、原作がしっかりしている上に、出演している役者の皆さんが豪華で、素晴らしく見応えのある映画でした。

 

特に、緒形直人さんの演技が、わたしには印象深かったです。

被害者の顔の中に、一瞬覗く悪人面が、なんとも凄みがあって、思わず息をのんでしまいました。

 

さて、『ロクヨン』の原作者は、横山秀夫さん。

もと、新聞記者です。

多分、いわゆるサツ回りをしていらっしゃったのてはないでしょうか?

 

経験や経歴を生かしての作家活動といえば、東野圭吾さんも、そうですね。

彼は、確か工学部出身です。

その知識と経験がガリレオシリーズに遺憾なく発揮されています。

 

『死体は語る』などの作品で有名な上野正彦さんは、もと監察医です。

 

🌸 🌸 🌸 🌸 🌸

 

今回ご紹介するのは、前回と同じく四日市文芸賞を受賞したときに書いた「受賞の言葉に代えて」という文章の中の一つ。

 

DSC_0001

 

✑ ✒ ✑ ✒ ✑ ✒ ✑ ✒ ✑

 

≪ 輝く瞬間(とき)≫

 

私は医者でもなければ、弁護士でもない。

そのうえ地理や歴史にも疎い。

そんな私には、読み手の知識欲を満足させるような専門的な小説は書けない。

しかし、私は思う。

ささやかな暮らしのなかに生きる人々にも、その心がきらりと輝く瞬間があると。

とても悲しい時、嬉しい時、苦しい時、そして幸せな時、その人の心は美しい光を放って輝く。

そのほんの一瞬を捉えることができたら、心が「輝く瞬間」を描くことができたら、私は「幸せ」である。

 

✑ ✒ ✑ ✒ ✑ ✒ ✑ ✒ ✑

 

『輝く瞬間』は、四日市文芸賞を受賞した作品の題名です。

 

この文章を書いたとき、わたしは心の専門家になりたいと考えていました。

 

そのわたしが時を経て今、リーディングやことだま講座をしています。

人生というのは、本当に面白いものですね。

 

 

心の歌

先日、紅子さんのブログを読んで思い出したことがありました。

 紅子さんのブログは、こちら

 

引っ張り出してきたのは、わたしが四日市文芸賞を受賞したときの、「受賞の言葉に代えて」という文章。

 

DSC_0001

 

3部構成で書いた中のひとつが、≪ 心の歌 ≫です。

 

✑ ✒ ✑ ✒ ✑ ✒ ✑ ✒ ✑

 

   ≪ 心の歌 ≫

 

私は歌を歌うことが苦手である。

もっと正しく言えば音痴である。

私は歌が歌えない。

 

だから私は文章を書く。

音符の代わりに言葉を置いて、リズムを刻んでメロディーを奏でる。

大好きな「言葉」を使って、自分の呼吸で文を連ねる。

 

私の書く文章は、私の歌う歌である。

 

DSC_0004                                                                                                 (1996.2.15)

✑ ✒ ✑ ✒ ✑ ✒ ✑ ✒ ✑

 

ちなみに、丘由実というのは、昔のペンネームです。