助っ人のチカラを借りる

迷ったり悩んだりしているときって、ものすごくたくさんの思いで頭の中がいっぱいになりますよね。

なんだか、すごい悩みがあるような気がして、押しつぶされそうな感じ。

 

でも、書きだしてみると、あんなに頭の中をグルグル駆け巡っていたはずの思いが、

実はそんなにたくさんはなかったことに気づいたりします。

 

このところ、わたしも仕事のことで色々思うところがありまして…

 

 

色々考えて、書きだして、また考えて…

 

 

でも、そんな作業の際に、もう一人、客観的な視点から意見を言ってくれたり、

まとめてくれる助っ人がいれば、こんな心強いことはありません。

 

 

というわけで、わたしが頼りにするのが、佐々木紅子さん。

彼女のセラピストサポートというメニューです。

 

⇒紅子さんのHP 紅子☆ぷりずむ

 

 

サポートを受けたのは、新緑もまぶしい上野公園内カフェ。

 

前から気になっていたカフェです。

ですが、ごめんなさい。

話に夢中で、全然写真撮ってません。

後日改めて訪問し、<カフェめぐり>の方でご紹介したいと思います。

 

 

さて、席について飲み物を注文し一息つくと、

紅子さんがさっとノートを開き、

 

 

で、今日は、どんなご相談?

 

 

と、単刀直入に聞いてきます。

 

彼女のこういうところ、好きです。

 

一見ビジネスライクのようでありながら、

 

 

ちゃんと聞きますよ。だから話してね

 

 

という姿勢。

 

プロとしての矜持と、相談者に寄り添う優しさと。

 

だから頼りになるのです。

 

 

わたしは、とりあえず事前にまとめておいた、今日の趣旨をさっくり伝えます。

 

それから、彼女に聞かれるままに、

 

今の思い

 

これから何をどうしたいのか

 

どこを目指したい

 

何を伝えたい

 

自分が大切にしたいものは何なのか?

 

 

自分自身と向き合う作業も、彼女のサポートがあるので、気持ちよく楽しくできます。

 

 

ことばひらき

 

このみ(この身、好み)ひらき

 

みち(未来)ひらき

 

 

これらが、これからのキーワードになる予感。

 

 

 

すでに、みなさんに気楽に受けていただけるワークショップの構想も固まりつつあります。

 

お披露目できるその日まで、しばしお待ちください。

 

 

 

 

それにしても紅子さん、宿題いっぱいだよ!

 

 

紅子さんも、今回のことをブログに書いてくださいました。

 

 

 

 

ディエンチャン初体験

ディエンチャンって、ご存知ですか?

 

ベトナム語で顔診のことで、顔にある600個以上のツボと反射区を刺激し、

短時間で身体全体に働きかけるのだそうです。

 

 

今日は、伊藤妙子さんのベトナム医道ディエンチャンを受けてきました。

 

⇒妙子さんのブログ

妙子さんは、出張サロン<FuWaRi☆ふわり>をされています。

 

足の裏にたくさんのツボや反射区があるのは知っていたけれど、

顔にもあったのですね!

 

そのことに、まず驚きました。

 

それから、この道具たち。

 

 

文房具やキッチン用品など、道具好きのわたしには、たまりません~

そそられます~

そして、どれも可愛い!  愛らしい!!

 

 

それぞれに陰と陽があるそうです。

 

これらを使って、

 

 

 

ここは背中

 

ここは子宮

 

・・・

 

 

と、ツボを刺激しながら教えてくれます。

 

 

あ~

そこ、効く~!!

 

 

わたしの体で滞っていたのは、首・背中・肺でした。

 

確かに肺は、2日くらい前から少し咳も出ていました。

首と背中は、よく凝るところです。

 

 

ゴリゴリゴリ

ゴリゴリゴリ

 

 

道具を使って、流してもらいます。

 

 

痛いというよりは、痛気持ちいい感じでした。

顔も、だんだんポカポカしてきましたよ。

それから、頭や背中もゴリゴリしてもらいました。

あ~  すっきりした!!

 

 

念のために、顔の自撮りをしておきましたので、ご紹介。

 

before

 

 

 

 

after

 


 

 

あ、言っておきます。

自撮り、苦手です。

 

表情、硬いですね。

はい。

すみません。

 

でも、この顔・・・

ちょっと姉に似てる。

姉妹だから似ていて当たり前?

いえいえ、子どもの頃は全然似ていなかったんです。

 

でも、こうして見ると似てるかも。

 

複雑~

 

 

 

と、それは置いといて~

 

 

 

顔色が明るくなって、心なしか目がぱっちりしたように思いますが、

いかがでしょうか?

 

ディエンチャンは、顔のツボを刺激するので気楽に受けられるし、

即効性のあるところがいいですね。

 

 

妙子さん、ありがとうございました。

 

今、わたしは、ひたすら眠いです。

 

だから、もう寝ます!!!

 

 

楽しく安全な?氣学

その昔、ちょっとの間だけ付き合った人の家は、とても氣学に傾倒している家でした。

 

いつも相談する先生も決まっているようで、引っ越しも時期や方角を観てもらい、

家族それぞれがいい日に新しい家に引っ越す。

受験の際は、いい方角が変わるたびに下宿を移る。

けれど、その人は大学在学中に司法試験に受かったので、

やっぱり効果があったのかなぁとは思うのですが・・・

 

極めつけは結婚相手も先生に観てもらい、ダメと言われた人とは結婚しないと平然と言ってのけたこと。

 

正直、引いた…

 

 

 

 

 

そして、夫のおばあ様もまた、氣学に凝っていたそうな。

 

いい方角が変わるたびに、家具を動かしたり・・・

 

 

 

 

そんなこんなで、わたしは氣学に対してあまりいいイメージを持っていなかったのです。

ただ、古のむかしより綿々と受け継がれてきている以上、

何かあるのだろうとは思っていました。

 

でも、それよりはまってしまうことの怖さの方が先だって、

足を踏み入れるのをずっと躊躇していました。

 

 

 

 

ところが・・・

 

 

 

出会ってしまったのです!

 

とんでもない人に!!

 

とてつもなく面白い人!!!

 

 

それが塩ねえこと、塩崎桂子さん。

⇒塩ねえのブログ

 

 

彼女が氣学をやっているのは知っていたけれど、ずっと尻込みしていたわたし。

 

だけど、彼女が企画する神社巡りには参加してました。

 

神社はわたしも好きだし、彼女の案内はすっごく楽しいし。

 

そこで、ちょっとずつ氣学のことも教えてもらうようになり・・・

 

 

目から鱗

 

 

かつての彼氏の家や夫のおばあさまが突き抜け過ぎていたのね。

 

氣学って、こんなに楽しいんだ。

 

そして、安全。

全国の氣学ファンの方、ごめんなさい。
でも、これが今のわたしの正直な感想です。

 

 

 

 

人は、

 

 

いい

 

 

と聞くと、その反対側にある

 

 

悪い

 

 

を勝手に想像してしまう。

 

 

だから、

 

 

いい

 

 

と言われると、ちょっと身構えてしまう。

 

そんなことってあるよね。

 

 

 

例えば、いい方角に行くときはいいけど、じゃあ悪い方角に行くときは?

 

なんか悪いことが起きそうで嫌じゃない?

 

だったら、最初から、いい方角も悪い方角も意識に上らせない方が無難じゃん。

 

って。

 

 

 

 

 

でも、塩ねえの氣学は、

 

 

いい!

以上

 

 

って感じ。

 

 

その反対側の「悪い」を寄せ付けない。

 

 

だから、「いい」方にだけフォーカスできる。

 

 

そして、気楽に楽しく無理なく、日々の生活に取り入れらえる。

 

 

 

あれこれ氣学について言っていたわたしでも、風水はいいなと思うことだけ取り入れたわけで、

同じように美味しいとこ取りできる氣学が、塩ねえの氣学かと思うのです。

 

 

昨日は、2016年の振り返りをして、それから今年2017年をどう生きるかを考えるという講座でした。

 

 

 

氣学を学ぶというよりは、氣学という便利なツールを使って、自分を振り返り、それを踏まえて新たに構築する。

 

そんな感じでしょうか。

 

こんな氣学なら、わたしも続けていけそうな気がします。

 

 

 

だってさ、この写真見ればわかるよね。

 

この塩ねえの笑顔というより、笑い顔を見ればさ。

 


 

 

 

昨日の講座で、低迷期のわたしは低迷期だからこそできることを見つけました。

この見つけたことを、どう具体化するかをじっくり考えて、

今年一年コツコツ進んで行こうかと思います。