梅雨の晴れ間

 
久しぶりに、雨が止みました。
 
 
今年の梅雨は、わたしが子どもの頃の
思い出にある梅雨と似ています。
 
 
 
毎日、しとしとと雨が降り、
家の中が、なんとなくジメっとしてる。
 
 
 
 
昔と違うのは、浴室乾燥機があるので
洗濯には困らないってことかな 👕
 
 
 
ありがたいことです。
 
 
 
 
さて、天気予報では、明日からまた雨が降るらしいので、
今日は、頑張って、庭の草むしりをすることにしました。
 
 
 
毎日の雨で、こ~んな感じになっている➰
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
放っておくと、後が大変なので、気づいたときに、
 
 
 

すぐやる

 
 
 

やってしまう

 
 
 
主義です。
 
 
 
草むしりって、夢中になると、まさに
 
 
 

無の境地

 
 
 
頭の中が空っぽになるので、結構好きです。
 
 
 
 
とはいえ、蚊に刺されると、あとが厄介なので、
長袖、長ズボン、手袋、そして、首には手拭いを巻いて完全防備で挑みます。
 
 
 
 
でもね、時々、うっかり、顔を刺されるので、ご用心 。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
庭だけでなく、心までスッキリしたようです。
 
 
 
 
ついでに庭木の枝も少し切り詰め、花壇には新しい土も入れて、
本日の作業は終了いたしました。
 
 
 
 
お疲れさま~🎵
 
 
 
 
 
 
 
 

言葉選び

 
ここで具体的な例を挙げるのは、
色々と差し障りがあって、できないのだけれど……
 
 
 
何か問題が起きた時、話し合いをするに当たっての
 
 

言葉選び

 
 
という点で、例えば、
 
 
 
人格
 
 
 
とか
 
 
 
人権
 
 
 
とか
 
 
 
人の尊厳
 
 
 
だとかいった
 
 
 
もっともらしい
 
 
 
というか
 
 
 
立派な?
 
 
 
言葉を使うより、
 
 
 
 
可愛そうだから、こうしよう
 
 
 
という、平たい?言い方の方が
 
 
 
相手の心に素直に響く
 
 
 
ってことがあると思うのです。
 
 
 
 
もしかしたら、わたしの心がひねくれているのかも知れないけれど、
あんまり立派な言葉を使われると、
 
 
 
 
いやいや、あなた、それほどの人ですか?
 
 
 
と、つい突っ込みたくなるというか、
反発心が沸いてきてしまう時が、
恥ずかしながらあるのです。
 
 
 
 
わたしも、
 
 
 
ずいぶん心が狭い
 
 
 
というか、
 
 
 
 
嫌な奴だなぁ
 
 
 
 
と、思う自分がそこにいて、
それも、また、なんだか辛くなります。
 
 
 
 
ちょっと意味不明の文章で、ごめんなさい。
 
 
 
 
 
 

改名します

 
 
 
まもなく、すっきりシンプルな名称に変更いたします。
 
 
 
 
 
 
 
 
ですが、ブログの内容は、これまで通り
 
 
 
旅行
 
 
 
 
 
 
街角散策
 
 
 
 
 
 
神社仏閣めぐり
 
 
 
 
 
 
ふとした思いつき
 
 
 
 
など、
言葉や文学に関係ないことも書いていきますので、
今後とも、何卒よろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
ホームページのデザインも、ぼちぼち変更します 💖