1月3日に思うこと

 
 
え、もう年末~!?
 
 
から、あっという間に元旦 門松・左
 
 
 
そして、今日は3日。
 
 
 
すでに新年に、しっかりと足を踏み入れていますね。
 
 
 
 
ところで、結婚したときは、わたしも働いておりました。
 
 
なので、年末は大掃除するだけでいっぱいいっぱい。
 
 
 
で……
 
 
 
年越しは温泉で  温泉まぁく
 
 
 
ということにし、その後、わたしが仕事を辞めてからもこの流れは変えず、
毎年どこかの宿で年越しをしてきました。
 
 
 
ちなみに、昨年は屋久島で年を越しました。
 
 
 
 
 
 
 
ですが、昨年の秋に義母が施設に入所。
 
 
 
 
お正月は、一緒にお祝いしよう
 
 
 
 
ということで、今年は初めて自宅で年越しをしました。
 
 
 
 
元旦は、氏神様に初詣に行き、
帰宅後に、おせちをいただきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
食事は、大晦日は、夫の好きな毛蟹を用意。
 
元旦の昼は和風、夜は洋風にしてみました。
 
 
 
 
 
 
 
さて、翌2日に施設訪問。
 
 
 
 
 
 
 
施設も、すっかりお正月の飾付けとなっていました。
 
 
 
 
 
3人で、一緒にお正月仕様のちらし鮨をいただき、
持参した義母の学生時代のアルバムを眺めながら、話も弾みました。
 
 
 
 
sao☆ sao☆ sao☆ sao☆ sao☆
 
 
 
 
年末年始の食材を買い集めるのは、楽しくもありましたが、
骨の折れる仕事でもありました。
 
 
 
 
次回からは、また、どこぞでの年越しに戻したいと
切に願っております。
 
 
 
 
 

新年の始まり

みなさま、
 
明けましておめでとうございます鏡餅
 
 
おかげさまで、元旦の東京は、朝から快晴に恵まれ、
小鳥のさえずりも清清しい静かな朝を迎えております。
 
 
 
 
 
 
年末に夫の実家で収穫してきた柚子で、
朝から柚子風呂を堪能いたしました。
 
 
 
 
 
お風呂に入れたのは、末広りで八つにしました。
 
 
 
 
本年も、よろしくお願いいたしますいのしし いのしし いのしし
 
 
 

新しい年よ、こんにちは

昨年は、あれこれ思いつきながらも、
なかなか実現にこぎつけることができない一年でした。
 
 
とはいえ、それなりに行きたいと所へ行き、
やりたいことも、そこそこできた
とも言える一年でした。
 
 
 
歯がゆさを感じつつ、
ノンビリとした日々を過ごした
とも言えます。
 
 
 
 
 
 
 
新しい年は、どんな道を
わたしに見せてくれるのだろう。
 
 
 
 
新しい年は、どんな世界を
わたしに広げてくれるのだろう。
 
 
 
いえいえ、
 
 
 
わたしの進む道は、
 
 
 
わたしが選び
 
 
わたしが切り開き
 
 
わたしが、この足で歩いていく。
 
 
 
 
 
 
新しい世界は、
 
 
わたしが創造し
 
 
わたしが自ら扉を開ける。
 
 
 
 
それが、わたしの人生。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この一年、わたしの気まぐれなブログを、
読んでくださった皆さまに心から感謝申し上げます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これからも、様々なことを、ブログに書いていきたいと思いますので、
どうぞ、よろしくお願いいたします。