アフリカンな日々 その9

ブルートレインはケープタウンに着きました。

 

 

ケープタウンと言えばテーブルマウンテン、喜望峰、そしてビクトリアフォールズ。

 

それでは、一気にご紹介。

 

まずは、テーブルマウンテン。


ロープウェイで上に登れます。

ただ、朝早く行かないと、ものすごく並ぶそうです。

わたしたちは1時間ほど並んで乗ることができました。

 

 

それからビクトリアフォールズ。

 

わたしたちが行ったのは、乾季でしたので、こんな感じ。

 

雨期になるとどこからどこまでが滝かわからないくらいの水量だそうです。

 

 

虹もかかってきれいでした。

 


 

 

そして、社会科の教科書でしか知らない喜望峰。

 

 

 

こんなふうに両手を広げるのがお決まりのポーズ! とは、ガイドさんのお話。

 

 

途中、野生のダチョウにも会えました。

びっくりです。

海辺のダチョウ・・・

 

 

近くに赤ちゃんダチョウもいたのですが、バスの中からなので、うまく撮れませんでした。残念。

 

 

 

アフリカペンギンの生息地にも行きました。

浜辺はもちろん、草むらにも…

 

 

 

 

ワインランドにも行きました。

 

南アフリカのワインは、世界的にも有名だそうです。

 

5種類のワインを試飲させていただき、ランチの際にも美味しいワインを飲めました。

 

 

また、ケープタウンはマグロもたくさん水揚げされる場所柄、ツアー最後の夜は、

日本人の方のやっておられるお店で、豪華なお寿司をはじめとした和食を堪能いたしました。

 

 

大トロから赤身まで。

こんなマグロ尽くしのお寿司、日本でもめったに食べないなぁ~

 

最後は、南アフリカで見た美しいお花の写真をご覧ください。

 


 

 


 

 

旅紀行『 アフリカンな日々 』は、これにて終わりです。

最後までお読いただき、ありがとうございました。

 

 

次回からは、国内有数のスピリチュアルスポット、高千穂の旅紀行をお送りします。

 

思いつきのひと言

昔は、恥ずかしいと思うことが多かったように思う。

それは、多分に勝手に人の目を氣にして恥ずかしがっていたということなんだけど。

ところが、最近は恥ずかしいと思うことが少なくなっていると思う。

確かに年齢とともに厚かましくなっている部分もあるけれど……

 

それより、

人が一生懸命に生きるのに、なにを恥ずかしがる必要があるのか、恥ずかしいことなんてありはしない。

と思えるようになったから。

深谷LOVE

深谷と言えば、ネギ!

 

という程度の知識がなかったのですが、その深谷に前から興味をそそられて行ってみたかった場所があります。

そこへ、今回タイミングが合って行くことができした。

 

それは、深谷ベース。

 

初めてここの存在を知った時の衝撃。

 

 

深谷市ってすごい!

 

 

市の公共施設で、このオシャレ感。

そして地元民にやさしい料金設定。

もう一度言います。

 

 

深谷市ってすごい!!

 

 

ここで、いつもはお茶の水で受けているAssaさんのヘアカットをお願いしました。

 

 ⇒AssaさんのHP

 

 

 

 

その前に……

 

カメラマンであり、ボディワーカーでもある麻紗子さんが、事前に深谷市のおすすめスポットを教えてくれたので、日帰り旅行感覚で朝早く家を出ました。

 

 ⇒麻紗子さんのブログ

 

 

 

 

久しぶりの通勤ラッシュ電車。

 

 

いっそこのくらい混んでくれた方が、吊革につかまる手間も省けるね

 

 

と開き直っちゃうくらいの混みよう。

 

 

 

みなさん、毎朝こんな大変な思いをして通勤されているのですね

お疲れさまでございます

 

 

と、思わず心の中で頭を下げます。

 

 

 

歴史を感じさせる風格ある深谷駅。

こんな立派な駅舎があるなんて、深谷の歴史をひも解いてみたくなります。

 

駅から徒歩数分のところにあるのが瀧宮神社

ちょうど七五三のお子さんたちがたくさんいて、ご祈祷も行われていました。

 

可愛いトンボ玉入りのおみくじも引きました。

実は、先日箱根神社でも『大吉』を引いたのですが、なんと今回も『大吉』。

そして、ここも氣学にご縁のある神社だそうで、八方除けのお守りも買ってみました。

 

 

それから向かったのは、これまた麻紗子さんに教えていただいた、薬膳カフェ。

ネオ ガーデン カフェ

 

 

こんなお店が我が家の近くにあったなら、毎週行くんだけど……残念

 

 

早めのランチもおいしくいただいたところで、深谷ベースに向かいます。

 

ところが、雨…

 

と思ったら、車のクラクション。

音のする方を振り向くと、なんと麻紗子さんの車。

 

 

ラッキー!!

 

 

ありがたく乗せていただいて深谷ベースに到着。

 

 

 

まずは妙子さんのベトナム医道ディエンチャン。

 

 ⇒妙子さんのブログ

 

 

妙子さんのディエンチャンを受けるのは2回目です。

初めての時は、モニターとして20分顔だけというもの。

今回は、60分ガッツリ全身コースをお願いしてみました。

足から顔、頭、そして体の表裏?まで全身きまなくコロコロ流していただきました。

前にも感じたことですが、ディエンチャンを受けた後は、まるで温泉に浸かった後のような気持ち良さに包まれます。

 

 

あ~ 

スッキリした~

 

 

という声が自然に漏れます。

 

これ、病気などでお風呂に入れない方にもいいかもしれません。

わたしたち日本人にとって、お風呂って汚れを落とすだけの場所ではないですもんね。

 

 

さてさて妙子さんに頭もしっかりマッサージしていただいたあとは、くしゃくしゃヘアーのままAssaさんの所へ。

 

 

これまではカットをしてもらいながらセクシュアリティについて語り合うことが多かったように思うのですが、最近の話題はもっぱら社会情勢について。

大人な感じです。

カットしながら話し、話しながらカットし、そして時折

 

はい、あっち向いて

こっち見てみて

 

と、目の動きを指示されます。

前髪とのバランスをチェックしているのです。

 

 

はい

 

 

彼の腕を信じているわたしは、言われた通りに目を動かします。

 

そうこうするうちにカットは終了。

 

 

これで終わりと思いきや、今回は日帰り旅行感覚で出かけてきていますので、目いっぱい楽しまないとね!

というわけで、この後は麻紗子さんのパーソナルトレーニングを60分受けました。

 

まずは、歩いてみてください

 

はい

 

歩きます。

行ったり来たり、歩きました。

 

 

なるほど~

 

 

では……

 

 

と、それからいくつかのメニューを教えていただきました。

 

 

これでも昔はバレエを習っていたし、中学・高校と体操部だったわたし。

けれど、月日が経ち、年月を経るほどに、衰える筋肉。弛む体形。

麻紗子さんの教えてくれたメニューは、どれも痛い思い・必死の思いをしなくていいような、

家でテレビのCMタイムにちょちょっとできるものばかり。

でも、効果は抜群。

 

 

特に、実感したことは、

 

 

歩き方が変わると、体形が変わる

 

 

ということ。

 

 

歩き方が変わると、姿勢が変わり、姿勢が変わると、胸の位置やお尻の位置まで変わってくるのですね。

 

 

おなかのお肉をつまんでため息をつく暇があったら、美し姿勢で歩こうと思います。

 

 

歩くことは、人生を進むことにも通じるし。

 

 

講座などで、

 

 

美しい言葉は美しい人生を連れてくる

 

 

とよくお話ししていますが、

 

 

美しい姿勢も、また、美しい人生を連れてくる

 

のではないでしょうか。

 

 

最後に4人で記念撮影~