日枝神社に行ってきました

日枝神社は、東京の真ん中にある神社です。

 

往きは赤坂見附方面から。

 

渋い入口?です。

 

 

 

こちらのご祭神は、わたしの産土神である大山咋神。

 

それに猿田彦さんもおわします。

 

 

わたしは以前、アマノウズメがついていると言われたことがあり、

それ以来、その夫である猿田彦さんから目が離せなくなっています~

 

 

 

 

街中なのに大きな木も多く、さすが大山咋神です。

 

 

氣学に精通しているお友だちの塩姉さんから、

 

神社にお参りしたときに巫女さんや神主さん、それから太鼓が鳴ったりっていう

神社らしい現象?に出会ったら、それは歓迎されている証拠だよ

 

 

 

と教えてもらっていました。

 

⇒塩姉さんの新しいブログ

あなたの運を開きます「鈴なりの杜」

 

 

 

 

前回来たときには、お参りを済ませた途端に太鼓や笛が鳴り響き、

巫女さんの踊りまで始まったのでした。

 

どこかの会社の人たちがご祈祷をお願いしていたのです。

 

 

 

今回は、本殿前に来た途端、巫女さんと出くわし、地味に?歓迎を受けました。

 

 

本殿でのお参りを済ませると、今度は猿田彦さんへ。

 

 

 

あなた、お久しぶりね

 

 

という感じで気楽にお参り。

 

 

新しい御朱印帳も、可愛かったので買ってしまいました。

 

 

開くと、墨の香りが立ち昇り、なんとも清清しい氣分になりました。

 

 

 

ちょうど藤の花が満開で、こちらも甘い香りが辺り一面に漂って、幸せ~でした。

 

 

 

タケノコくんにも会えたし、大満足のお参りでした。

 

 

帰りは、溜池山王方面に

 

こちらからだと長いエスカレーターもあり、楽に上がれますよ。

 

 

 

 

 

 

ラッキーな花見

知り合いの色鉛筆画が入選したというので、久しぶりに上野にある東京都美術館まで行ってきました。

 


 

画の作者は、独学で色鉛筆画を始め、展覧会に出すたびに入賞しています。

 

驚きです。

 


 

彼女の画には、対象者に対する温かい眼差しが感じられます。

 

それが審査委員の方たちにも伝わるのでしょう。

 

ステキなことです。

 

 

 

さて、せっかく上野公園まで来たのですから、桜も・・・

 


 

 

今日は、残念ながら風も吹き、雨も時折降る生憎の天気でしたが、それでもなかなかの人出です。

 

 


 

 

 

人ごみの苦手なわたしは、いわゆる花見に行くことは、まずありません。

 

ですが今日は、ありがたいことにお花見ができました。

 

ラッキーでした。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

はぴねす近くの珈琲屋さん

 

モーニングでサービスで有名な名古屋で育ったせいか、喫茶文化をこよなく愛しています。

 

それも、個人経営の喫茶店。

 

オーナーの趣味も垣間見えて、楽しいからです。

 

 

 

地下鉄赤塚駅4番出口を出て、はぴねすに向かう途中、着物やさんの道を左に曲がると、すぐ右手にあるのがこのお店。

自家焙煎珈琲 ラルゴ

 


 

今まで全然気がつかなかったのに、なぜか昨日、ふと目に入りました。

 

楽しく≪ あけと流ことだま講座 ≫ の初級編を終えさせていただいた余韻をひきずりつつ、お邪魔してみました。

 

 

中は、思った以上に広くて明るかったです。

 

店の奥に大きな焙煎装置が置いてあります。

 

 

もう4時ころでしたので、ケーキとコーヒーをお願いしました。

 

 

珈琲は色々種類がありましたが、初めてだったので、ラルゴブレンドというのにしてみました。

 

メニュー表を見てみると、食事としてはシンプルなトーストとピザトーストだけでした。

 

以前、他の珈琲専門店のマスターに、

 

珈琲の香りに合うのはトーストの香りくらいなんですよ

 

と聞いたのを思い出しました。

 

 

 

珈琲は香りも高く、ケーキともども美味しくいただきました。

 

なんと、お代わりは半額になります。

それも、最初に注文したのと別のコーヒーでもいいそうです。

これは嬉しいサービスですね。

 

 

今までは、はぴねすに行く前に時間があると、乗換駅である飯田橋のドトールとかスタバに寄っていましたが、これからは、あえて早めに家を出て、こちらのお店で美味しいコーヒーをいただきながら、ブログを書こうと思います。