映画「祈りの幕が下りる時」

東野圭吾の本は、ほとんど読んでいます。

 

ドラマや映画も、全部見ています。

 

 

新参者シリーズ完結という今回の作品、公開を待ちかねて早速今日観てきました。

 

 

涙腺の弱い方は、ハンカチ2枚はお持ちください。

 

泣けます。

 

父と娘の逃避行の場面は、往年の名作「砂の器」を思い起こさせ、さらに涙腺が緩みました。

 

※わたしにとって、これまで観た邦画の中では、

「砂の器」が、ダントツ一位の作品です。

 

原作はもちろん良かったですが、映画もまた隅々まで神経の行き届いた出来で、

大変満足いたしました。

 

 

「嘘」の裏側にあるものとは…

 

心に響く言葉もありました。

 

 

 

あ、ぜひとも最後の最後まで観てくださいね。

 

楽しめますから~

 

 

 

阿部寛の新参者シリーズ、これで終わりなんて悲しすぎる。

 

「帰ってきた新参者」でも、「古参者」でもいいから、

ぜひまた帰ってきてください。

 

 

切に切に願っております。

 

 

2018年最初の映画

2018年最初の映画は、『嘘八百』

 

 
写真は映画のホームページよりお借りしました。

 

 

わたしが、W主演の中井貴一さんと佐々木蔵之介さんが大好きで、

夫がテレビ東京の『なんでも鑑定団』のファンということで選びました。

 

 

新年早々、ハードな映画はちょっと……という方向け。

 

近藤正臣さんを始めとする芸達者な、あるいは個性的な役者さんも多数出演しておられ、

互いにだましだまされる面白いお話。

 

こういうのをドタバタコメディと言うのかな?

 

ゆる~く楽しめる映画でした~

 

2017年映画のまとめ

 

夫が、2017年に観た映画をまとめてくれました。

 

 

映画は、いつも夫と夫婦50割引きというのを利用して、お値打ちに観ています。

 

夏休みや冬休みにあたる時期は、子ども向けの映画が増えるので、映画館から少し足が遠のきますね。

 

 

 1月14日  本能寺ホテル

 2月 4日  ミス・ペリグリンと奇妙なこどもたち

 2月12日  サバイバル・ファミリー

 2月26日  LA・LA・LAND

 3月11日  チアダン

 3月26日  SING

 5月28日  家族はつらいよ2

 6月24日  花勝負

 7月 2日  忍びの国

10月20日 ドリーム

11月 3日  ミックス

11月 5日  ラストレシピ

12月 6日  探偵はBARにいる3

12月10日  鎌倉ものがたり

12月13日  オリエント急行殺人事件

 

 

計15本。

 

 

来年も、素敵な作品に出会えますように。

 

 

 

 

2018年が皆様にとって素晴らしい一年となりますよう

祈念しております。