アロハ~ その3

少し間があいてしまいましたが、初ハワイ旅行記『アロハ~ その3』です。

 

 

いかなりハワイ島へ上陸し4泊してから、ホノルルに移動しました。

 

 

 

 

 

 

 

翌日、せっかくだからワイキキまで散歩に行ってみようかと、朝10時頃ホテルを出ました。

 

しばらく行くと、沿道にずらーっと人々が並んでいます。

 

 

え、もしかしてホノルルマラソン?

いやいや、時期が違うでしょ

じゃ、なに?

 

 

近くにいたポリスに聞くと、

 

 

今日はカメハメハデーで、これから、パレードが通るんだ

 

 

 

とのこと。

 

 

 

カメハメハ・デーは「キング・カメハメハ・デー」とも呼ばれ、

ハワイを統一したカメハメハ大王を祝うハワイ州の祝祭日で6月11日である。

1871年末にカメハメハ5世によって制定され、翌年から実施されている。

(ウィキペディアより)

 

 

 

どうする?

せっかくだから見てく?

 

う~ん

ま、いいか

 

 

と歩き始めると、突然雨が!

 

 

 

 

これがなかなかの降りで、思わず近くのガソリンスタンドの屋根の下に避難。

 

 

しばらくすると、向こうの方から賑やかなブラスバンドの演奏が聞こえてきました。

 

 

 

 

 

あ、パレードだ

 

 

 

 

ちょうど雨も上り、わたしたちは沿道へ。

 

 

 

カメラを構えてパシャリパシャリ

 

 

ブラスバンドに続いて、筋肉マンたち

 

 

 

 

 

そして、カメハメハ大王 !!

 

 

 

そのあとは、日本人のわたしたちにはよくわからないグループがどんどんやってきました。

 

 

 

 

 

こんなおばさまも…

 

なんだか、

 

 

 

見ていけ‼

 

 

と天から言われたような出来事でした。

 

 

 

 

アロハ~ その2

これまで国内外を問わず、旅行というと、

 

どこかへ行って、なにかをする

 

ものだったように思います。

 

 

 

けれど、今回ハワイ島に4泊して、初めて

 

 

特に何も考えず

どこかへ行こうと意気込まず

何かをするための時間にしばられない

 

 

という過ごし方を学んだようです。

 

 

 

確かにゴルフはしたし、夕日の見えるレストランにも行ったけど、

それは旅のメインではなく、朝起きて空を見、風を感じて、

 

 

 

風も穏やかで涼しそうだからゴルフに行こうか

暑いからプールサイドで本でも読むか

食材の買い出しも兼ねてショッピングモールまで、シャトルで行く?

 

 

とか、夫と相談して決める。

 

 

 

 

 

 

その日の予定を、その日に決めても、何ら問題はない日々。

 

 

曜日も時間も、どこかへ消え去った感じ。

 

 

それでも何の問題も不都合もなく、穏やかに過ぎていく日々。

 

 

 

旅先でこんな風に過ごしたことは、今までなかったなぁ~

 

 

 

 

 

今日はどこどこへ行って、あれしてこれ食べて…

 

という旅行も、もちろん楽しくて好き。

 

 

でも、こんな何もない旅というのもいいもんだなと、しみじみ思いました。

 

 

 

好き

 

 

 

が、またひとつ増えた、今回の旅です。

 

 

 

 

 

さて、これからホノルルに移動です。

 

アロハ~ その1

ハワイに来ています。

 

初めてです。

 

初めてですが、いきなりホノルル経由でハワイ島に来てしまいました。

 

 

 

 

ハワイ島のコナ空港。

可愛らしいです。

 

 

 

 

到着した日に、さっそく近くのショッピングセンターまで買い出しに行きました。

 

 

 

Queens’ MarketPlace

ここは、フードコートからファッションのお店、そしてスーパーまで入った大型ショッピングモールです。

 

 

 

 

まずはランチ

 

 

 

それから夕食(といっても疲れてもいるので、サラダとハムとビール程度)、

それから翌日はゴルフに朝から行く予定なので、これまた簡単な朝食を。

 

 

 

 

 

部屋の真ん前がゴルフコースです。

 

 

 

 

 

この日の夜は、ヒルトンホテルのレストランまで食事に出かけていきました。

 

 

 

 

カムエラ・プロビジョンカンパニー

夕日を眺めながらディナーいただけるとのことで、夫が事前に予約を入れておいてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

日が沈んでからは、波の音を楽しみながら、ゆったりとした時を過ごしました。