アフリカンな日々 その4

ジンバブエの私設自然公園内のホテルでは、早朝と夕刻にゲームサファリというのがあります。

 

〝 ゲーム ″ と付いてはいますが、レンジローバーに乗って動物を探しながらサファリ中を走り回るというものです。

決して、動物を追いかけまわしたりはしません。

あくまで主役は動物。

わたしたち人間は、その自然の姿を見せていただくというスタンスです。

 

 

初めてのゲームサファリに出かける前に、注意点の説明があります。

特に、ライオンに出くわしたときは、ライオンが逃げてしまわないよう決して大きな声を出さない。

また、写真を撮るためにとかで立ち上がってはいけない。

ライオンは動くものに反応するそうで、襲い掛かってくる危険があるからです。

 

 

さあ、それではゲームサファリに出発!!

 

 

ゲームサファリに出る車には前方にこんな特別席があり、特に目のいいスタッフが座り、いち早く動物を見つけてくれます。

 

彼が「あそこに○○がいる」と指を指して教えてくれるのですが、都会人の参加者は「え、どこどこ」と、なかなか見つけられず、あたりをきょろきょろ…

 

 

初めのうちは、そんなことの繰り返しだったのですが、ついにゾウに出会えました。

 

 

車の行く手を、のんびりと横切るゾウ

 

水たまりに集うゾウ一族?

 

 

そして、キリン。

 

キリンは若いと柄の色が薄く、年を取るにしたがって色が濃くなっていくのだそうです。

サファリでは若者キリンから長老キリンまで、様々なキリンを見ることができました。


 

 

バッファローの群れ。うじゃうじゃいます。

 

目が合った?!

 

 

ゲームサファリでは、途中で休憩タイムがあります。

 

スタッフが手際よくお茶の準備をしてくれます。

 

おいしそうなスナックも

楽しいスタッフたち。

 

 

アフリカの動物たち、これからも続々登場します~

 

 

 

 

アフリカンな日々 その3

広い広いアフリカでは、Wi-Fiのつながるところが少なく、また、雄大な大自然の中、せっかく持っていったパソコンも立ち上げる氣になれず、こうして帰国してからのアフリカ旅行報告となっています。

 

さて、羽田から香港、ヨハネスブルクを経由してジンバブエへと入りました。

ジンバブエはビザがいるのですが、事前申請は必要なく、空港での手続きでオッケーです。

 

 

ジンバブエには国定の自然公園と私設の自然公園とがあり、双方が柵で仕切られているわけではありません。

なので、動物たちは自由に行き来できます。

野生の動物が、自然のままに生きるためには、こんな広大な土地が必要なのですね。

 

 

私たちが泊ったのは、私設の自然公園内にあるホテル。

川沿いに立っているバンガローに、それぞれが分散しての宿泊でした。

 

ホテルに到着してまず言われたのが、夕方暗くなってきてからは、決して自分たちだけで外に出ないこと。

必要があるときは、スタッフに連絡をして付き添ってもらうように。

ホテルの敷地内にもゾウなどの野生動物がやってくるので、非常に危険だからとのこと。

一同に緊張感が走ります。

 

確かに、毎日夕飯を終えて各自のバンガローに戻る際は、スタッフが二人、懐中電灯であちらこちらを照らして確認しながらドアの前まで送ってくださいました。

 

けれど、そんな野生を感じたいと思って参加したツアーですので、これもまた楽しいことでした。

 

初めてのアフリカでの夜を過ごした翌朝、レストラン棟へ向かう道が、折れた枝でふさがれていました。

昨日はなかった枝です。

スタッフが言うには、ゾウがやってきて折ったのだとか。

確かに、夜の散歩は危険なようです。

 

 

 

わたしたちが泊ったのは、ラッキー7、7番バンガローでした。

 

 

おしゃれなバスタブ付き

 

ベランダにはプールありました。

でも、水が冷たくて入れませんでした~

 

他の方のバンガローでは、朝起きてみたら、ヒヒの一家がプールの水を飲んでいたそうです。

 

お部屋もなかなか素敵です。

 

 

次回は、サファリで出会った動物たちを、ご紹介いたします。

 

 

 

アフリカンな日々 その2

南アフリカへ行くには、成田から直行便も出ているようですが、わたしたちは羽田から香港(4時間半)、

そして香港からヨハネスブルク(13時間15分)、

さらにヨハネスブルクからビクトリアフォールズ(1時間40分)へというスケジュールでした。

 

成田まではJALでしたが、香港からは南アフリカ航空への乗り換え。

 

時間がたっぷりあったので、ミニ香港観光へと出かけました。

 

夫は香港に少しですが住んでいたのことがありますが、わたしは初香港。

 

香港というのは、固い岩盤の上にあるそうで、これまで一度も地震があったことがないそうです。

 

そして土地が狭いので、必然的に住まいとなるマンションは上へ上へと…

 

すごいですね~

 

わたしは、ちょっと香港には住めないと思いました。

 

 

お夕飯は、やっぱり中華料理ですね。

 

香港の夜景も楽しんで空港へと戻りました。