奈良・京都の旅 その1

ここ数年、旅行社の企画するツアーがお気に入りです。

 

なにせ便利で楽。

 

そのうえ、ガイドさんから色々な話や説明が聞けるので、勉強にもなります。

 

食事も、お店や種類がよく考えられていて、楽しめます。

 

 

 

今回は、奈良・京都へ二泊三日の旅です。

 

新幹線と近鉄特急を乗り継いで、奈良に到着。

 

 

まずは腹ごしらえとばかりに、向かったのは水之江さん。

 

こちらで会席料理をいただきました。

 

 

 

特に稚鮎干しが美味しかった~

 

夜なら、日本酒が進んだところです。

 

さて、美味しいお料理を堪能した後は、薬師寺へ。

 

 

 

まほろば会館で、副執事長・大谷徹奘師の法話をお聞きしました。

 

 

内容は、般若心経について。

 

般若心経の漢訳の中で、最も流布したのが玄奘三蔵のもので、

翻訳は思想なりという観点からのお話は、

とても分かりやすく楽しく拝聴いたしました。

 

6月には、東京でもお話が聞けるようです。

 
 
 
 
 
 
 
そして閉門後の食堂(じきどう)で、奉納雅楽を鑑賞させていただきました。
 
 
 
 
 
 
この日の宿泊は、前から一度泊まってみたかった奈良ホテル。
 
 
 

 
 
 
歴史と風格を感じさせます。
 
 
 

 
 
夕飯は、こちらのレストランでフランス料理をいただきました。
 
 
 

 
 
 
 
 
 

食べてばかりのシーガイア もう一つ

間が空いてしまいましたが、シーガイアリゾート内のお店で、

もう一軒ご紹介。

 

 

前回お邪魔して、とても気に入ったので、今回も必ず行きたかったお店。

 

実家くろぎ

 

 

前回同様、今回もカウンター席で、お店の方々と

あれこれと楽しいお話をさせていただきながらのお食事でした。

 

 

 

板前さんたちがテキパキと働いていらっしゃる様子の見える席、わたしは大好きです。

 

 

 

板前さんに限らず、一流のプロの方の動きって、無駄がなくて、大変に美しいと思うのです。

 

 

こちらのお店も、うしのみやと同じくおまかせメニューしかありません。

 

 

なので、お任せ~

 

 

 

 

こんなお料理も。

 

 

 

お酒に合わせて、好きな盃を選ぶことができます。

 

 

上が夫で、下がわたしの選んだ盃。

 

 

大将のおっしゃるには、選んだ盃で性格がわかるのだとか。

 

わたしの方が男前のようでした。

 

 

 

この他、

 

リストランテ・アルコや米九など、美味しいお店が入っています。

 

米九は、その名の通りご飯が美味しいお店で、

軽いお食事もあるので、お腹が疲れた時などに重宝しますよ。

 

 

 

食べてばかりのシーガイア

昨年も同じ頃に宮崎のシーガイヤに行き、

とても楽しかったので、今年も行ってきました。

 

 

特に、今回は、自宅リフォームのための仮住まい中で、

ビミョーに不自由な日々を送っていたので、

その息抜きも兼ねての宮崎行きでした。

 

さて、宮崎に着いたその日に行ったのは、

 

うしのみや

 


牛の顔の形に折られたナプキン。

花輪の金具は、箸置きになります。

 

 

昨年、予約が取れずに残念な思いをしたので、

今年はホテルに予約を入れると同時に、こちらのお店も予約をしました。

 

 

限定6席の牛肉割烹店です。

 

お店に入ると、まず出されたのは青汁です。

 

 

これから牛肉ばかりが出てきますので、お腹の準備です。

 

とのこと。

 


 

たくさんのお野菜が入っていて、とても美味しく、

夫共々お替りしてしまいました。

 

それからカウンター席へと案内していただきました。

 

 

本日提供されるお料理の材料です。

 


 

これらが、次々に料理されて出てきます。

 


 

 

こんな可愛いハンバーガーも。

 


 

直径5センチくらいかなぁ。

 

合間には、少量のパンや野菜も出てきます。

 

〆は肉茶漬け。

 

裏〆?もあり、こちらはカレーでした。

 


どれも、本当に美味しくて、

限定6席というこじんまりと落ち着いた空間とともに、

堪能させていただきました。