四季島の旅 ⑨

車内で美味しいランチをいただいたあとは、わたしたちは五能線コースに参加。

(もう一つの方は、縄文コースです)

 

新函館北斗駅から北海道新幹線に乗って新青森駅へ。

 

北海道新幹線には初めて乗りました。

車体の色が、わたし好みの美しいグリーンです。

 

そこからバスに乗り換えて、五所川原の立佞武多の館へ。

 

初めて見た立佞武多。

 

そのスケールの大きさに圧倒されました。

 

 

こちらが元になる絵。

 

これを元に、一人の方が半年くらいかけて作成するのだそうです。

なぜ一人で作成するのかというと、頭の中に、細部の設計図があるからだとか。

すごいです。

ぜひ、機会があったら、五所川原の立佞武多祭りを観に行きたいと思いました。

 

 

その後、木造駅からJR東日本のリゾート列車のさきがけ「リゾートしらかみ」に乗車。

 

大変にユニークな木造駅。

 

 

車内でいただいたのは、

 

弘前「オステリア エノテカ ダ・サスィーノ」の前菜と、

 

秋田「日本料理 たかむら」の夕食です。

 

ビールもいただきました。

 

電車は、はっきり言って揺れます。

かなり。

でも、それがまた楽しい。

 

車内での津軽三味線も堪能させていただきました。

 

 

四季島の旅 ⑧

杢の抄での優雅なひと時を過ごしリフレッシュした後は、

山のマルシェへ向かいました。

ホテルのテラスには、足湯もありました。

 

このマルシェは、“ ほんとうに気持ちいいキャンプ場” 2002年日本一に認定されたことのある、

ニセコサヒナキャンプ場にあります。

 

 

「山のマルシェ」というのは、四季島のためにだけ開催される、特別なマルシェ。

 

 

ニセコエリアで育まれた旬の農産物を始めとした特産品の試飲・試食ができ、

気に入ったものがあれば注文をして、後日自宅に戸溶けられるという仕組みです。

 

 

まずは、生産者方や農産物についてのお話を伺います。

 

 

熱く語ってくださいました。

 

 

それから試飲・試食タイム。

 

 

わが家も、いくつか注文してきましたよ。

 

届くのが楽しみです。

 

 

楽しい時間を過ごした後は、洞爺駅から列車に乗り、

函館フランス菓子「ぺシェ・ミニョン」によるランチをいただきました。

 

四季島の旅 ⑦

二日目のランチは、車内で。

 

北斗「クリマ」の関川シェフによる、地元の食材を生かしたランチ。

 

メニューからして、個性的。

想像力が、掻き立てられます。

 

 

お料理の一部です。

 

 

 

そうこうしているうちに、列車は伊達紋別駅に到着。

 

今夜は、列車を降りてニセコ昆布温泉の宿に宿泊です。

 

泊ったのは、杢の抄

ロビーも素敵です。

 

 

 

でも、なんといっても素晴らしかったのは、部屋付きの露天風呂です。

 

川のせせらぎ、鳥の声、木々の香り……

 

いつまでも、いつまでも、ゆっくりと浸かっていたかったお風呂でした。

 

もちろん、お酒もお料理も、美味しくいただきました。

 

 

 

 

はぁ~、幸せです。

 

 

 

 

 

 

でも、なんといっても素晴らしかったのは、部屋付きの露天風呂です。

 

川のせせらぎ、鳥の声、そして木の香り……

 

 

いつまでも、いつまでも、のんびりと浸かっていたかったお風呂でした。

 

 

お料理も、大変おいしくいただきました。