羽田から福岡へ

とある目的のため、福岡へ。

 

前に来たのがいつだったか

思い出せないほど久しぶりの

羽田空港国内線ターミナル。

 

dsc_0001

 

お弁当を受け取り、飛行機に乗り込みました。

 

 

dsc_0008

なかなかのご馳走です。

 

1時間30分ほどで、福岡空港に到着。

 

近いなぁ~

 

それから観光バスで太宰府天満宮へ。

 

1474007387334

 

梅ヶ枝餅、いただきました。

軽く炙ってあり、香ばしくて美味しかったです。

img_20160916_201305

 

参道にあるスタバ。

隈研吾さんのデザインだそうです。

和の風情とも言えますが、

フライドポテトに見えなくもない…かな?

dsc_0030

 

 

それから博多のホテルにチェックインして、

素敵なレストランでディナーをいただきました。

 

img_20160916_200747

アサリのソースが大変に美味でした。

 

img_20160916_200726

お肉はもちろん美味しかったけど、

お野菜がキレイでした~

 

 

さあ、いよいよ明日だ~

アイルランド旅紀行 ー 食ー

8月25日から9月2日まで、アイルランドに行ってました。

 

旅紀行はすでに掲載しましたが、今回からいくつかピックアップして書いてみたいと思います。

  ⇒ アイルランド旅紀行☆☆☆

 

 

初回は、アイルランドの『食』について。

 

アイルランドは北大西洋にありますが、暖流が流れているため冬でも牧草が枯れないそうです。

 

なので、基本的に牛は一年中放牧。

 

img_20160909_095302

 

草だけを食べて育った牛の肉は、赤身でさっぱりしています。

 

『なんちゃってマクロビ』(緩やかなマクロビ)を日々の生活に取り入れているわたしは、家では肉料理を食べません。

また、最近は年のせいか?日本の霜降牛はくどくて、美味しいとは感じられなくなってきました。

そんなわたしにアイルランドの牛肉は、とても美味しく思えました。

 

img_20160909_094316

 

そして、アイルランドの主食はジャガイモです。

 

食事のときには、オードブルと一緒にパンが出てきます。

 

dsc_0730

 

メインが出てくるときにはパンは片付けられてしまいますよ。

残しておきたいときは、自分の小皿にパンを取っておきましょう。

アイルランドのパンは、発酵させないのが一般的です。

ちょっとボソボソした感じ。

フワフワの白いパンが好きな夫の口には合わなかったようですが、わたしは好きです~

 

dsc_0843

 

そして、主食であるジャガイモは、堂々とした形で出てきます。

 

dsc_0271

 

他に、フライドポテトで出てきたり、あの手この手で登場してきます。

 

スーパーに行くと、わたしたちがお米を買うようにジャガイモを買っていくようです。

 

dsc_0823

こんな7㎏入りの袋が並んでいました。

 

海に囲まれた国でありながら、これまで魚はあまり食べる習慣がなかったそうです。

 

けれど、昨今は、特に海沿いのレストランでは、こんな美味しい魚料理もいただけます。

 

dsc_0731

 

アイルランド旅紀行 最終回

8月31日 水曜日

 

アイルランド旅行の最終地は、キラーニー国立公園とケリー周遊路です。

 

キラーニー国立公園は、3つのつながった湖を中心に美しい森の広がったところです。

 

DSC_0783

 

アイルランドには、高い山や湖が少ないそうで、湖と標高800m前後の山が揃っているだけで、みなさん感動するそうです。

 

 

 

そして、マックロク ・ハウス。

 

DSC_0800

 

広大な敷地に、美しい庭が広がっています。

 

IMG_20160903_144308

 

続くケリー周遊路には、滝がありました。

 

IMG_20160903_144443

 

日本ではさほど珍しくないのですが、高い山がないアイルランドでは、これまた珍しい光景で大人気だそうです。

 

アイルランドの人々が日本に来たら、どこへ行っても感激すること間違いなし!ではないでしょうか。

 

さて、キラーニーに2泊したら、いよいよ日本に帰ります。

 

DSC_0839

 

『アイルランド旅紀行』をお読みいただき、ありがとうございました。

 

このあと、アイルランドで氣にいったもの、氣になったことなどを、2~3回に分けて、また掲載させていただきます。