ナイルの流れに逢いたくて ⑫

2月後半に行ってきた
 
 
エジプトツアー
 
 
いよいよ最終日です。
 
 
 
 
訪れたのは、
 
 
 
ダハシュール
 
 
 
 
サッカラ
 
 
 
 
面白いピラミッドが見られました。
 
 
 
 
 
まずは、サッカラの階段ピラミッド。
 
 
 
 
 
 
 
世界最古のピラミッドです。
 
 
 
 
 
次は、ダハシュールの屈折ピラミッド。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ピラミッドの角度が、途中で変わっています。
 
 
 
 
ピラミッドの作成過程で
 
 
 
このままでは、上手くできない!
 
 
 
と気づき、角度を変えて完成させたのだそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こうして、ピラミッドの形が完成していく過程を見ていくと、
ピラミッドは、宇宙人の作ったものではなく、
やはり、人間が途方もない年月をかけて作っていったのだと納得させられます。
 
 
 
 
 
さて、最終回の今日は、ツアーのまとめもしてみたいと思います。
 
 
 
 
 
 
その1.食べ物
 
 
エジプトでは、小麦粉が作られています。
 
その小麦粉がいいのか、パンは素朴な味わいが、わたし好みで、美味しかったです。
 
 
 
ナンを焼いています。
 
 
それからフルーツも。
 
特にメロンとバナナ。
 
 
イチゴやトマトは、野性的?でした。
 
 
エジプトスイーツはイケた💕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
約9割がイスラム教徒のエジプトの料理は、お肉は牛肉か羊肉。
 
 
羊肉が少々苦手なわたしには残念ながら、あまり口にあいませんでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その2.警備
 
 
前にも書きましたが、飛行場、観光地、至るところに警察官がいて、チェックをしてました。(ダムは軍隊)
 
 
 
 
 
こんな感じで、普通に銃を持っています。
 
 
どこでだったか、ジーパン姿の青年が腰にピストルを持っていて、ガイド氏に尋ねたら、
 
 
彼も警官だよ
 
 
とのことでした。
 
 
 
 
 
その3.洗濯物
 
 
 
どこの家でも、こんな感じ。
 
 
洗濯竿にハンガーで干してあるのは、一度も見かけませんでした。
 
 
雨が年に1~2回しか降らなくて、空気の乾燥しているところだから、
こんな風に重ねて干しても乾くのでしょう。
 
 
 
 
 
その4.気候
 
 
 
エジプトは、砂漠地帯です。
 
 
3月からは砂嵐が吹き荒れるそうです。
 
 
わたしたちが行った2月は観光に最適なシーズンでした。
 
 
まるで、避暑地に来たかのような快適さ。
 
 
乾燥が激しいと事前に聞いていたので、
フェイスパックやヘアートリートメントも
用意していきましたが、
心配するほどのことはありませんでした。
 
 
わたしにとっては、日本の冬の乾燥の方がキツイ。
 
 
静電気が起きるしね。
 
 
 
でも、風が吹くと、砂漠特有の細かい砂が舞います。
 
 
サングラスにマスク(あるいは口元を覆うスカーフなど)は、必須です。
 
 
 
そして、朝晩の寒暖差が激しい。
 
 
昼間でも風が吹くと寒い。
 
 
わたしたちも、常にダウンのコートなどは持ち歩いていました。
 
 
あと、日差しが強いので、日焼け止め、長袖シャツ、帽子も。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その5.保険の話
 
 
 
エジプトの人口は、約9,000人だそうです。
 
そのうち車を持っているのは3割ほど。
でも、そのほとんどが首都カイロに集中しています。
 
でもって、毎日すごい渋滞。
 
エジプトは、人優先ではなく、車優先だそうです。
 
 
損保に勤めていたわたしは、
 
 
この国で自動車保険は、成り立つのか
 
 
と疑問に思い、ガイド氏に聞いてみました。
 
 
 
すると、エジプトにも保険はあるのだそうです。
 
 
でも、入る人は少ない。
 
 
なぜなら、保険会社を信用していないから。
 
 
だそうです。
 
 
 
 
家を建てるにも銀行ローンを組まないのは、
銀行を信用していないから。
 
保険に入ったり、ローンを組んだりできるのは、
社会が安定しているからなのですね。
 
 
 
それに、保険って、規則を守る前提があって、成り立つもの。
 
 
 
車優先で信号はないし、あっても守らない国では、
保険は成り立ちませんね〰️
 
 
 
 
 
 
 
 
その6.買い物
 
 
エジプトは、世界有数の観光大国。
 
 
観光収入が、生活の支えです。
 
 
なので、基本、なんにでもお金がかかります。
 
 
 
 特に買い物は、要注意。
 
 
 
観光地で、あれこれやり取りしながら、
お土産を買うのは旅行の醍醐味ですが……
 
 
 
誰が教えたんだ
 
って、日本語を連発して、話しかけてきます。
 
 
 
で、一人から買おうとすると、
他の人たちも回りにワッと群がってきて、
身動きが取れなくなることもあるそうです。
 
 
それと、粗悪品も多いとこのと。
 
 
で、ここなら安心という店で買ったのが、これ。
 
 
 
 
 
 
本物のパピルスで作られたカレンダー。
 
 
星座も入ってます。
 
 
買った時は、くるくるっと丸めて、
賞状を入れたりするような筒に入れてくれるので、
スーツケースにも安心して入れられます。
 
 
 
ちゃんとしたお店は、梱包も丁寧なので、
後々も安心です。
 
 
 
他に、香油やカルトゥーシュ、パピルスの栞、ミニピラミッドなど、
あれこれ買ってしまいました 😜
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回のエジプトツアーは、
これまで行った中で、最もハードな旅行でした。
 
 
 
今のうちに行けて、
そして、無事に帰ってこられて良かったと思います。
 
 
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 

ナイルの流れに逢いたくて ⑪

エジプトツアーも、いよいよ終盤。
 
 
カイロに戻ってきました。
 
 
 
9日目は、夫が楽しみにしていた
 
 
 

エジプト考古学博物館

 
 
 
です。
 
 
 
 
ここには、かの有名な
 
 
 

ツタンカーメンの黄金のマスク

 
 
 
もあります。
 
 
 
 
ここは、一般の方の見学終了後の時間帯、ツアーメンバー以外、誰もいない中で、のんびり回ることができました。
 
 
 
贅沢な時間です。
 
 
 
 
 
博物館には、ミイラの集められた部屋も2つあります。
 
 
 
ミイラって、包帯してないやつ、生?の人間が見られるんです。
 
 
 
いわゆる人間の干物?
 
 
 
 
 
が、
 
 
 
わたしは、ちょこちょこっと見て出てきちゃいました。
 
 
 
ガイド氏には、
 
 
 
面白いのに~😁
 
 
って言われましたけど、なんか夢に見そうで……
 
 
 
意外と気弱なわたしです。
 
 
 
古代エジプトでは、他にもワニや犬など、色々な動物もミイラにしたそうです。
 
 
 
すごい技術です。
 
 
 
 
 
このミイラの部屋とツタンカーメンの部屋は撮影禁止。
 
 
 
 
実を言うと、わたしツタンカーメンって、特に興味はなかったんですね。
 
 
 
でも、ツタンカーメンの部屋で見た
 
 
 

黄金のマスク

 
 
は、やはり素晴らしかったです。
 
 
本当に。
 
 
テレビで見たりするのとは、迫力が違いました。
 
 
 
そして、
 
豪華なのはもちろんのこと、繊細な細工の施された副葬品の数々には、感動すら覚えました。
 
 
 
 
ガイドブックの写真
 
 
部屋の外にあった
 
 
 

ツタンカーメンの棺

 
 
を守っているのは女神です。
 
 
 
 
四方にそれぞれいます。
 
 
 
 
こちらは、ツタンカーメンの内臓が仕舞われている箱。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
やはり、女神の蓋が大切に守っています。
 
 
 
 
 
 
わたしのお気に入り。
 
 
アヌビス神。
 
 
 
 
 
 
格好いい💕
 
 
 
 
 
 
 
 

ナイルの流れに逢いたくて ⑩

王家の谷で、素晴らしい壁画の数々を堪能したあとは、ハトシェプスト女王の葬祭殿へ。
 
 
後ろの山が、グランドキャニオンのようでもあります。
 
 
 
 
 
 
 
そして、王妃の谷にあるネフェルタリ王妃の墓の特別見学。
 
 
このお墓は、数年前まで未公開でした。
 
今も、1日の入場者数が限られています。
 
 
そして、入場券も、とってもお高い!
 
 
 
 
 
 
他の場所の入場券が80~200EGPなのに
 
 
 
1200EGP!!
 
 
 
桁違いです。
 
 
思わず2度見しちゃいました。
 
 
EGPは、約6~7円。
 
 
つまり、7,000円~8,000円。
 
 
そんなにする場所なんて、日本にもないんじゃないでしょうか?
 
 
 
中は撮影禁止なので、ネットからお借りしました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ネフェルタリとは、
 
 
 
一番美しいもの
 
 
 
という意味だそうです。
 
 
 
ラメセス2世に最も愛された第一王妃らしい名前です。
 
 
 
 
 
 
それからメムノンの巨像を見に行きました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一旦船に戻りランチのあと、午後からは、生者の都ルクソール東岸の観光です。
 
 
 
訪れたのは、ルクソール神殿。
 
 
 
 
第一塔門には、高さ25mのオベリスクが建っています。
 
元々は対になっていたそうですが、もう一本のオベリスクは、現在パリのコンコルド広場にあります。
 
 
 
 
 
 
 
柱が石を組み合わせてできているのに対し、オベリスクは石切場から切り出された
1つの石からできています。
 
 
25mもの石を切り出し、彫り物を施して、
無事ここまで運んできた、昔のエジプトの人々の知恵と努力に頭が下がります。
 
 
 
 
 
そして、カルナック神殿。
 
 
 
スカラベの石像
 
 
 
 
 
聖なる池
 
 
 
 
 
 
エジプトでは、野良犬をよく見かけます。
 
 
のんびり、穏やかに暮らしているようです。
 
 
 
 
近くに仔犬もいましたよ。