思いつきのひと言

今日は、朝からあれこれと用事を済ませ、それからとある手続きのために、とあるショップへ。

 

さほど混んでいるようには見えなかったけど一時間待ちとのこと。

 

手続き自体は、一分で終了。

 

疲れていたのもあって、ちょっと不機嫌になってしまった。

 

勝手に疲れて、勝手に不機嫌になって…

 

後味が悪い。

 

ショップの人は、誰も悪くないんだよね。

 

ひたすら、わたしの氣持ちの問題。

 

もっと余裕を持って行けば良かっただけだから。

 

反省の一日。

思いつきのひと言

借りものの言葉を、いくら並べても人には伝わらない。

 

けれど、自分の内側から発せられる言葉は、どんなに拙くても、確実に人の心に響くのだ。

思いつきのひと言

父を早くに亡くしたり

離婚したり

失業したり

 

人生には色々なことが起きるけれど…

 

 

それらを踏まえて、どう生きるかは、全くもってわたしの自由。