思いつきのひと言

勝負というのは、必ずどちらかが勝って、どちらかが負ける。

 

共に勝ち残ることは許されない。

 

この至極当たり前のことが、大変に辛く感じられる。

思いつきのひと言

久しぶりに、朝の情報番組を見ていたら、国会議員によるガン患者へのヤジを扱っていました。

 

 

かつてヘビースモーカーの上司の元で働いていたことがあります。

 

すでにその頃、職場での喫煙は禁止。

タバコを吸いたければ、喫煙コーナーまで行かなければならなかったのですが、彼は平気で席でタバコを吸っていました。

 

わたしがいた財団は、ワンフロアを使っていたので、他者の目が届かないというのもあったと思います。

 

 

わたしも、入ったばかりで何も言えませんでした。

 

 

ある時、わたしは風邪気味で出勤し、咳が出たことがあります。

 

すると、わたしのすぐ横に座っていた、その上司は、全く気にする様子もなくタバコに火を付けました。

 

 

その煙で、わたしは激しく咳き込みトイレに駆け込みましたが、上司は意に介さず。

 

 

上司の人間性を疑った瞬間でした。

 

 

 

 

思いつきのひと言

いつか

 

って、いつ?

 

 

そのうち

 

って、いつ?

 

「いつか」とか「そのうち」と言っている間は、「いつか」はいつまで経っても「いつか」だし、「そのうち」「そのうち」のまま。

 

 

これらを、今目の前にある現実にするために必要なのは、

 

決断力

 

 

実行力

 

 

そして、決断力と実行力を後押しするのは、ほんの一握りの

 

 

勇気

 

 

だね。