思いつきのひと言

もしかして他の人も、そうなのかなぁ~

 

例えば、脳内に記憶の引き出しのようなものがあるとして、わたしの場合は、

 

自分の得意分野の引き出しは細かく分類されていて、新しい情報は、それぞれの引き出しにきちんとしまえるし、後からもスムーズに取り出すことができる。

 

でも、

 

苦手な分野の情報は、雑フォルダーのようなところに放り込んでしまうので、後から取り出すことが、ほとんどできない。

思いつきのひと言

ラーメン好きは、ラーメン屋に行く

 

わけだから・・・

 

なに屋さんかわからないお店には、わたしのような物好きが、たまに覗くくらいで、なかなか人は寄りにくい。

 

看板が出ている方が、わかりやすいに決まってる。

 

だから、わかりあえる仲間が欲しければ、看板を出さないと。

 

わたしって、こんな人。

 

ってお知らせしなければ、始まらない。

思いつきのひと言

日常の中に、少し入り込む非日常が好きです。

 

でも、だんだん日常の幅が広がってきて、非日常を見つけることが難しくなってきました。

 

きっと、そのうち、日常とか非日常とか区別がなくなるんだろうな。

 

待ち遠しいな。