思いつきのひと言

よく、

 

あるがままの自分を受け入れる

 

って言うけど、

 

あるがままでいるから辛い目にあうんじゃない?

 

ってこともあるし、

 

なりたい自分の姿

 

っていうのも、浮かんできたり…

 

多分、スタート地点に立たないと、

目指す場所には行けないっていう意味で、

まずは、あるがままの自分を受け入れるんだろうね。

だから、そんなに難しく考えることないんだよ。

 

は~い 

 

ってくらいの軽さでいい!

 

 

 

 

思いつきのひと言

わたしが、心がけていること---

 

自分が好きものについては、熱く語る

 

自分が正しいと信じることについては、声高に語らない

 

食べて不味いと思ったときは、「わたしの好みに合わない」という言い方をする。

思いつきのひと言

晴れた日は、

青い空と

まぶしい陽の光と

柔らかな空気に包まれて

なんだか自分が祝福されているような氣分になれる。

 

雨の日は、

立ち上る土や木や

草の匂いが感じられて

自分が自然に守られていることに氣づかされる。

 

曇りの日は、

中庸であることを、思い出させてくれる。

どちらにも片寄らないで在ること。

自分の立ち位置は、これでいいのかと

今一度振り返る、いい機会だ。