思いつきのひと言

特にスポーツだと、よくわかるけれど、

 

上手くやろうと思えば思うほど、

力が入って上手くいかない。

 

けれど、

力を抜いた方が、実は上手くいくことの方が多い。

 

開き直って、やけくそ気味でやると、思いの外上手くいくことも、多々ある。

 

力を抜くことと、いい加減にするのとは、違うのだ。

思いつきのひと言

人から迷惑行為をされても、その相手に氣を使ってしまって何も言えないときって…


それって、優しさかな?


それとも、相手に対する思いやり?

 

その前に、

自分に対して優しいか?

自分に対する思いやりがあるか?


嫌だと思いつつも我慢している自分のこと、忘れていないか?

思いつきのひと言

よく、他人にどう思われるか氣になるっていう人がいるけど、その『他人』って誰のことなんだろう?

 

だって自分以外を他人と呼ぶなら、家族すら他人だもんね。