思いつきのひと言

わたしが、プロフィール連載や氣づきのに関する記事で言いたいことって、

 

苦労しない方法

 

ではなくて、

 

苦労の種から幸せの花を咲かせる方法

 

なんだと思う。

思いつきのひと言

昔は、恥ずかしいと思うことが多かったように思う。

それは、多分に勝手に人の目を氣にして恥ずかしがっていたということなんだけど。

ところが、最近は恥ずかしいと思うことが少なくなっていると思う。

確かに年齢とともに厚かましくなっている部分もあるけれど……

 

それより、

人が一生懸命に生きるのに、なにを恥ずかしがる必要があるのか、恥ずかしいことなんてありはしない。

と思えるようになったから。

思いつきのひと言

探し物をしているとき、

 

確かにそこにあるはずなのに、何度見ても見つからない

 

ということが、時々ある。

 

そんな時は、

 

見ているのに見えていないんだ

 

と思って、もう一度見てみると、たいてい見つかる。

 

人生にも、同じようなことがあるんじゃないかな?