秋分の日のコンサート

秋分の日に、篠笛とクリスタルボウルのコラボコンサートに行ってきました。

 

 

安枝さんは、3年ほど前に八ヶ岳の身曾岐神社で開催された東儀秀樹さんのコンサートへご一緒した際に、ご自分が過去世で笛を吹いていたことを思い出し、それがきっかけで篠笛を始められました。

 

習い始めた当初は、

 

音を出すことすら難しくって

 

と話していらっしゃったのですが、その後精進を重ねられての、初コンサートです。

 

緊張の面持ちでひと笛吹かれた瞬間、わたしの脳裏に里山の風景が浮かびました。

そして、なぜだかわからないけれども涙がこぼれてきました。

 

 

先日のフラワーエッセンスの時と同様、自分も忘れてしまっていた心の傷が癒されたのでしょうか。

フラワーエッセンス

 

安枝さんのお話によると、篠笛は竹にただ穴を開けただけの簡素な作りで、古の昔より庶民の楽器だったそうです。

だから、どこか懐かしい里山の光景が浮かんだのでしょうね。

 

篠笛に限らず、ピアノやヴァイオリン、あるいは文章にしても演奏者や書き手によって味わいが違います。

技術は学ぶことで身に付きますが、音色や文体は持って生まれた感性によって様々に変わるものではないでしょうか。

安枝さんの笛の音色には、人の心に染みわたるチカラがあると思いました。

 

またぜひ、じっくり聞いてみたいものです。

 

 

さて、もうお一人は、美和子さん。

 

彼女のクリスタルボウルは以前から大好きで、新月や満月の際に自宅サロンで開催される演奏会に、都合がつく限り参加していました。

 

けれど、ここ最近はなかなか都合が合わず…

 

今回は、久しぶりにじっくり聞くことができました。

 ⇒美和子さんのブログ

 

 

クリスタルボウルって、耳で聞くのではなく、体全体で受け止めるって感じ。

人それぞれ、その時の体や心の状態で受け止め方は変わると思いますが、頭の周りをグワングワンまわっていたかと思うと、体中にドォーンと響いてきたり。

この感覚、クセになります。

 

おまけに、今回は、最近彼女が惹かれ練習中のアイリッシュハープまで聞くことができ、大感激です。

 

 

本人は、

 

ボロボロだった

 

と落ち込んでいたようですが、いえいえなかなかの出来栄えでした。

今後一層の精進?を期待します。

 

クリスタルボウルの演奏の時は、いつも寝転がって夢と現を行ったり来たりしているので、彼女が演奏している写真がないのが残念です。

 

 

 

 

 

フラワーエッセンス

 

すでに何度も作っていただいている昌代さんのフラワーエッセンス。

 

なのに、ブログに書くのは、これが初めてです。

 

なぜなら、

 

肩こりが治った

 

とか、

 

鼻水が止まった

 

 

とかいう感じではなく、

 

 

でも、なんか、すごくいい

 

 

という、ある意味あいまいな感想しか言えないからです。

 

 

でも、確かに、

 

 

すごくいい !!

 

 

だから、何度もお願いしているわけで…

 

 

このことを、ある日昌代さんに遠慮がちにお話ししたら、

 

 

それが、フラワーエッセンスなの !!

 

 

と、満面の笑みで言われました。

 

 

その笑顔に勇気をいただいて、今日ようやく書くことができました。

 

 

まずは、わたしが今氣になっていることなんかをお話しし、カードをひきます。

そのカードについての説明とアドバイスを、昌代さんからお聞きします。

 

真剣な顔の昌代さん。

 

 

 

なるほど~

 

 

出たカードといい、昌代さんのアドバイスといい、ものすごい納得感。

 

それから、今のわたしに必要なエッセンスを作ってくれます。

 

マイ・エッセンス。

電磁波を防ぐホイルを巻いてくれてます。

 

 

 

 

たくさんの種類のボトルが整然と並んでいる光景は、美しい~

 

 

フラワーエッセンスって、自分でも氣がついていない心の奥底にまで働きかけて癒してくれるのだそうです。

 

だから、今日飲んで明日にもはっきり効果がわかるというものではありません。

 

でも、確実に自分の中の何かがより良い方向へと変化して整っていくのが、実感できます。

 

だから、何度も作っていただくのです。

 

あ、それから、フラワーエッセンスって、例えば食後とか食間とか、飲む時間帯やタイミングを氣にしなくていいというのも嬉しいです。

氣がついたら、スポイトでポチ・ポチ・ポチと口の中へ

 

そんな手軽さも、氣に入ってます。

 

 ⇒ 清水昌代さんのブログ

 

 

吉取り大人の遠足ツアー 2回目

9月12日は、氣学でいうところの輪重でした。

 

年盤・月盤・日盤がまったく同じに重なり、とってもお得に吉がとれる日です。

 

 ⇒詳しくは、塩ねえさんのブログをご覧ください

 

 

 

吉取り大人の遠足ツアー2回目の今回は、南南西の七赤を取りに横須賀にある叶神社に行きました。

 

 ➾1回目の様子はこちら

 
 

 

叶神社には西と東の2カ所あります。

 

もちろん、両方とも行きましたよ。

 

なんせ、吉取りですからガッツリ行きます!

 

 

行く先々で、光があふれていました。

 

まずは西叶神社で、可愛い勾玉を購入。

 

続く東叶神社では、西で買った勾玉を入れる袋を購入。

 

 

 

バッチシです。

 

それから、走水神社へ。

 

少し迷いましたが、これも星の象意を取っているとのことで、ラッキーなのです。

 

 

 

走水神社の宮司さんにお聞きして初めて知ったことですが、西の叶神社には、普段めったに宮司さんがおられないそうです。

 

あらぁ~

 

なんか当たり前のように、御朱印いただいたりしてきましたけど、実はとってもラッキーだったんですね。

 

これも、宮司さんにお聞きしなければわからなかったこと。

 

感謝です。

 

 

めずらしく二人でパチリ。

 

いつもお互い景色とかを写すのに夢中で、自分たちを写すのを忘れているので、たまにはね。

 

さて、3つの神社を回って、さすがにおなかが空きました。

 

塩ねえがネットで検索してくれたかねよ食堂さんへと向かいました。

ネットで見ただけでは、漁師小屋のようなお店に思えていたのですが、入ってみると、なんともおしゃれなカフェでした。

 

 

吉取りでは、地のものをいただくのも、とっても大切。

 

サザエのバター炒めや、鮮魚のカルパッチョ、そしてピザ。

 

どれも、本当においしかったです。

 

ここ、おすすめです。

 

もし、こちらの方面へ行かれることがあったら、ぜひお立ち寄りください。

 

わたしたちも大満足で、すっかりファンになってしまいました。

 

 

 

美味しい料理を前に、テンションMAXのわたし。

 

 

小雨交じりの1日でしたが、不思議とお参りの時には雨が止んでくれました。

 

そして帰りには、遠くに青空も。

 

 

行く末は明るい

 

とみました。

 

 

 

楽しくて、美味しくて、吉をいっぱい取ってきた1日でした。

 

塩ねえ、ありがとうございました。

 

次回も楽しみにしています。

 

 

 

ところで…

 

なぜか、遠足ツアーの前の晩には不思議な夢を見ます。

 

1回目のときは、たまたまかと思っていたのですが、回目の今回もやはり夢を見たので、どうもこれは吉取りと関係があるなと氣がつきました。

 

たぶん、こういう大きな吉取りに行くときは、天とつながる道が開くようです。

 

3回目は、どんな夢を見るのか、恐ろしい、いや楽しみです。