吉取り大人のツアー 3回目

塩ねえさんと行く〈吉取り大人のツアー〉も3回目となりました。

 

 ⇒塩ねえさんのブログ

 ➾1回目の様子はこちら

    ➾2回目の様子はこちら

 

 

なんだ、ただあちこち出かけて美味しいもん食べて、喜んでいるだけじゃないか

 

とお思いの方も、いらっしゃるかもしれませんが…

 

それこそが、吉貯金

 

吉方位のあちこちへ出かけ、当地の美味しいものを食べることで、吉のエネルギーをいただき、

 

そして何より

 

楽しく過ごす

 

まさに、吉貯金の醍醐味です。

 

さて、3回目の今回は、寒川神社に行ってきました。

境内の空気感が半端ない。

 

 

今回もまた、神社へ向かう道中の見かける車見かける車、「88」だの「888」だの、楽しいナンバーばかり。

塩ねえさんと二人、歓喜の雄叫びを上げ続け。

 

 

寒川神社は関東で唯一の発砲除けの神社だそうです。

そして、氣学の神様でもあるそうです。

 

そのせいでしょうか、平日だというのに、結構な人出でした。

恐るべし寒川神社。

せっかくなので受けたご祈祷の際に、天井から垂れ下がった鈴を鳴らしてくださったのですが、

その音がなんとも美しく上品な音色で、

 

ああ、確かに願いは天に届けられたな

 

と思いました。

 

神社内の庭園も散策いたしました。

 

 

お抹茶もいただきました。

 

 

そして、〆は、神社そばのカフェにてランチコース。

 

あ、確かに、今回も食べて喜んでばっかりでした~

 

緑も美しかった。

 

さあ、次回はどこに行こうか、塩ねえさん!

 

 

 

商売繁盛☆オリジナルチラシWS

前から習いたくって仕方がなかった、塩ねえさんのチラシ作成ワークショップ。

 

念願かなって、今回ようやく実現しました。

 

ね、こんな手書きチラシ、楽しくていいと思いませんか?


持ち物は、「やる氣」だけというのも、いいじゃありませんか。

 

そのうえ、紅子さんとのコラボという、ぜいたくな構成です。

 

まずは、参加者が、それぞれにやりたいと思っていることを話します。

それを紅子さんが、上手に整理してくれます。

 

こういう作業って、なかなか一人ではうまくできないんですよね。

 

さて、いよいよ塩ねえさんの出番です。

 

いつでも明るく楽しい人です。

 

 

彼女の話を聞いていると、なんでもできそうな氣がしてきます。

そして本当にできちゃいます。

 

 

塩ねえさんは、自分のことを

 

 

いい加減なの~

 

 

と言います。

 

でも、本当にいい加減だったら、手書きチラシ作りがまったく初めてのわたしたちに、こんなチラシを書かせることができるでしょうか。

 

じゃ~ん !!


 

人生お初の手書きチラシ。

 

我ながらいい感じと、自画自賛。

 

家に帰ってから、さらに練習をして、出来上がったのがこちら。


紅子さんに整理していただき、塩ねえさんに書き方を教わり、これからは自分で工夫を重ねていこうと思います。

 

おかげさまで、ようやく新しいメニューのお披露目もできそうです。

 

紅子さん、塩ねえさん、そしてご一緒してくださった皆さま、ありがとうございました。

 

紅子さんのブログにも報告記事出てます。

 

 

秋分の日のコンサート

秋分の日に、篠笛とクリスタルボウルのコラボコンサートに行ってきました。

 

 

安枝さんは、3年ほど前に八ヶ岳の身曾岐神社で開催された東儀秀樹さんのコンサートへご一緒した際に、ご自分が過去世で笛を吹いていたことを思い出し、それがきっかけで篠笛を始められました。

 

習い始めた当初は、

 

音を出すことすら難しくって

 

と話していらっしゃったのですが、その後精進を重ねられての、初コンサートです。

 

緊張の面持ちでひと笛吹かれた瞬間、わたしの脳裏に里山の風景が浮かびました。

そして、なぜだかわからないけれども涙がこぼれてきました。

 

 

先日のフラワーエッセンスの時と同様、自分も忘れてしまっていた心の傷が癒されたのでしょうか。

フラワーエッセンス

 

安枝さんのお話によると、篠笛は竹にただ穴を開けただけの簡素な作りで、古の昔より庶民の楽器だったそうです。

だから、どこか懐かしい里山の光景が浮かんだのでしょうね。

 

篠笛に限らず、ピアノやヴァイオリン、あるいは文章にしても演奏者や書き手によって味わいが違います。

技術は学ぶことで身に付きますが、音色や文体は持って生まれた感性によって様々に変わるものではないでしょうか。

安枝さんの笛の音色には、人の心に染みわたるチカラがあると思いました。

 

またぜひ、じっくり聞いてみたいものです。

 

 

さて、もうお一人は、美和子さん。

 

彼女のクリスタルボウルは以前から大好きで、新月や満月の際に自宅サロンで開催される演奏会に、都合がつく限り参加していました。

 

けれど、ここ最近はなかなか都合が合わず…

 

今回は、久しぶりにじっくり聞くことができました。

 ⇒美和子さんのブログ

 

 

クリスタルボウルって、耳で聞くのではなく、体全体で受け止めるって感じ。

人それぞれ、その時の体や心の状態で受け止め方は変わると思いますが、頭の周りをグワングワンまわっていたかと思うと、体中にドォーンと響いてきたり。

この感覚、クセになります。

 

おまけに、今回は、最近彼女が惹かれ練習中のアイリッシュハープまで聞くことができ、大感激です。

 

 

本人は、

 

ボロボロだった

 

と落ち込んでいたようですが、いえいえなかなかの出来栄えでした。

今後一層の精進?を期待します。

 

クリスタルボウルの演奏の時は、いつも寝転がって夢と現を行ったり来たりしているので、彼女が演奏している写真がないのが残念です。