『梵字で開運講座』に参加しました

梵字って、ご存知ですか?

こういうのです。

550px-Siddham_script_(consonants)_sample.svg[1]

 

氣がつけば梵字に魅せられていました。

上京する際に、お世話になっていたマッサージの先生に、

 

これを持っていきなさい。

 

と渡された『烏枢沙摩明王』の真言も、梵字で書かれています。

DSC_5281

どこかで梵字を習えないかと、一時真剣に探したのですが、その頃教えてくれるのは、京都のとあるお寺さん一件のみでした。

さすがに京都までは習いに行けません。

本屋で梵字の本を買おうと思ったこともありますが、なんかピンとこなくて、そのままになっていました。

でも、今回縁あって、『梵字で開運講座』に参加することができました。

この講座を企画してくださったのは、最近なにかとお世話になっている紅子さん。

  紅子さんのブログは、こちら

 

場所は、最近開設されたばかりの

手作り雑貨と癒しのコミュニティサロンはぴねす

 

先日、プレオープン企画の、≪プチプチ癒しフェア≫に出展させていただいた所です。

 

そして、講師をしてくださったのは、十専さん。

o0800082313644203812[1]

怖い顔?をしていますが、面白い人です。

十専さんのプロフィールは、こちら👇

(紅子さんのブログから拝借しました)

 

”  学生時代から茶道の師範代として茶道界に所属し、お茶会を通じて寺門の得縁。

寺門での下坐行多年を経つつ、30代後半に僧籍を得る。(真言密教系)

主にヒトさまの病い(スピリチュアル系ではなく)、身体病いの加持(佛様のお力を加え、その方の持っている自己治癒力を高める)祈祷を修してきました。

そして今は、母親血筋の流れを覚知して迂生の母親系祖父が開得した自然一如の法を継承伝に務め行じております。

合掌國定十専  ”

 

『講座』っていうの、わたし嫌いなんです。

 

のっけから、こんな調子でお話が始まりました。

『講座』ではなく、『伝授』というのが正しいそうです。

 

なるほど、なるほど

 

おもしろそうでしょ?

 

十専さんのお話を聞いて、なぜ梵字の本を買おうとしたときピンとこなかったか、わかりました。

形だけ真似てもダメだからです。

 

梵字とは、仏さまの本体そのもの、つまり『文字佛』。

心が入っていなければ、意味がない。

 

ことだまと同じだなぁ

 

と、一人感慨にふけりながら聞いておりました。

o0717096013644203898[1]

参加者のみなさんも、それぞれの思いを胸に熱心に聞いていらっしゃいましたよ。

 

教えていただいた書写の作法の中に、

 

墨をすりながら、心を統一

 

というのがありました。

わたしは、かな文字も少しやりますが、元々は墨をする時の香りに惹かれて始めた部分もあり、納得。

実際に、梵字を書いたりもして、楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。

次回も、とっても楽しみです。

 

十専さん、紅子さん、そして参加者のみなさん、ありがとうございました。

感謝

 

 

 

 

 

 

最近、最も活躍しているバッグ

地元、亀戸のアトレをふらついていたとき

目の端に止まり、即決購入したバッグ。

 DSC_5150

 

メインの外バッグ。

内バッグ。

ミニポーチ。

そして、肩から下げられるショルダーベルト。

以上4点からなっています。

メインバッグは、A4ノートが楽に入ります。

内ポケットもついています。

DSC_5153 メインの使い方は、こんな風に内バッグを中に入れて。

両端にフックが付いていて内バッグを固定できます。

重いものを入れたときは、ショルダーベルトを付けて肩から下げることもできます。

DSC_5154

さらに荷物が増えたら、内バッグをななめ掛けにして、外バッグは手に持ちます。

IMG_20160426_102648

先日のニューヨーク旅行でも大活躍してくれました。

買ったのは、こちらのお店。

DSC_5158

アトレ亀戸の2階にありますが、他にも出店しているところがあると思います。

色と模様違いもありますよ。

ものによっては3割引きの札のついているものもありました。

DSC_5159

あ、もう一つ。

バッグ自体がとても軽いところも気に入っています~

お値段は、7000円~8000円くらいだったと記憶しています。

 

花粉症を克服?!

わたしが花粉症になったのは、まだ『花粉症』なんて言葉が一般には知られていなかった頃。

7078971979cbe394b77919b2dc31aef5_s

 

それから30年。

毎年春になると、その良さを味わう余裕もなく、目のかゆみや鼻水と奮闘する日々。

やがて春だけでなく、秋にもイネ科の花粉によるアレルギー性喘息まで発症するようになってしまいました。

そうなると、1年の半分は花粉症の薬を飲むことになります。

7b76ffe7dd14020d377557bf30bdd80a_s

 

これって、体にとってどうなの?

 

と、疑問に思い始めたある日。

いつものように薬を飲んだ途端、鼻が壊れてしまったのかというくらい、鼻水が止まらなくなってしまいました。

水道の蛇口から水が流れ出るように鼻水が止めどなく流れ出てくるのです。

その時、決めました。

 

もう、薬を飲むのは止めよう。

 

と。

今から5年くらい前のことです。

そこで、まず考えたのが体質改善です。

体は食べたもので作られる。

この当たり前のことを、ついわたしたちは忘れがちです。

けれど、体にどこか不調を感じるときは、まずは自分の食生活を振り返ってみるのが一番です。

 

体質改善を目指したわたしは、マクロビの料理教室に通うことにしました。

料理教室に通うと、料理が覚えられると同時に、最低週に一回は(料理教室で)マクロビ料理をがっつり食べられます。

一石二鳥です。

 

おいしい~

 

この「おいしい」という感覚は、わたしにとって大切なキーワード。

何かをしようと思う時、「おいしい」という感覚があるかどうか。

 

「美味しい」うえに「楽しい」とか

「学べる」うえに「面白い」とか

「上達する」うえに「人の役に立つ」とか

 

「おいしい」という感覚を持って取り組んだことは、楽しく長続きするようです。

 

話を元に戻しましょう。

マクロビ料理で体質改善を目指したわたしは、ホメオパシーのレメディも取り入れました。

体質改善には時間がかかります。

でも、花粉症は待ってくれません。

そこで、レメディを服用することにしたのです。

これで、ずいぶん楽になりました。

 

そして今年。

さらに半信半疑で新たなものを取り入れてみたら、効果抜群!!

 

あれ? わたし、花粉症だったよね?

 

と思うくらい軽くなったのです。

 

その特効薬は・・・

 

安心してください。

怪しいお守りでも、薬でもありません。

 

それは、黒コショウと山椒と生姜の粉末です。

どれも、普通にスーパーの調味料コーナーにあります。

これらを同量ずつ混ぜて、お湯で溶いて飲むだけです。

これは、ほぼ毎月夫と通っているアーユルヴェーダのサロンで教えてもらったものです。

 

最初は、

 

黒コショウと山椒と生姜?

それってインド人にはいいかもしれないけど、日本人にはどう?

 

と怪しみました。

でも、花粉症から解放されたい一心で試してみたら、どうでしょう。

最初の一杯で、早くも鼻がスースーと通るではありませんか。

夜中に鼻が詰まることも、朝起きた途端に鼻水が垂れてくることもなくなりました。

それでは、もう少し詳しくお伝えします。

 

材料は、黒コショウ・山椒・生姜。

全て粉末で用意します。

わたしは、これらを大さじ一杯ずつ小さな容器に入れて混ぜたものをつくっておきます。

IMG_20160316_133017

こんな感じです。

それを、ティースプーン一杯すくって湯呑に入れ、お湯を注いだらでき上がり。

あ、お湯を注いでも砂糖やお塩のようには溶けませんよ。

飲みやすくするためにお湯を注ぐと思ってください。

注ぐのはお水でもいいと思いますが、アーユルヴェーダ的に考えると、やはり白湯でしょう。

粉末と白湯の割合は、自分で調整してくださいね。

わたしは小さな湯呑にティースプーン一杯くらいが飲みやすいです。

それを朝と夜の2回は飲んでみましょう。

寝る1時間前くらいに飲んでおくと、鼻づまりを起こさないようですよ。

(寝る直前だと、トイレが近くなる可能性あり)

初めて飲んだときは、辛めの麻婆豆腐を食べたときのように喉や舌がヒリヒリしたので、すぐにお水を飲んで口の中をすっきりさせました。

ので、みなさんもそのあたりは氣をつけてお試しください。