優しさに感謝

夫が長年勤めた会社を辞めて、半年が過ぎました。

 

時々、

 

朝ごはんを作るぞ

 

と張り切ってくれます。

 

先日作ってくれた朝食。

 

 

冷たいものばかりではダメかと思って炒め物も作ってみた

 

と。

 

気持ちはありがたいけど、わたしには多すぎるなあ~

 

今朝もまた張り切って作ってくれました。

 

でも、トースターにパンを入れてからじっと見てる。

 

 

おいおい、それじゃ機械にお任せする意味ないから……

 

 

ヤカンに水を入れたまま火にかけてない。

 

いやいや、火にかけておけば、フルーツとか切ってる間に沸くし……

 

とか、突っ込みどころ満載で。

 

わたしには子どもがいないけど、子育てってこんな感じかな? なんて、

ちょっとばかり思ってみたり。

 

 

 

でも、一生懸命食事を作ろうとしてくれる、その優しさに感謝したいと思います。

 

 

ところで、今朝の朝食はこちら。

 

 

程よい分量で満足いたしました。

 

これからも、よろしくお願いします~

 

 

恥ずかしい

7月に行ったななつ星プレミアムツアーでの手びねり体験。

 

その時につくった器が、やっと焼きあがってきました。

 

 

 

しかし

 

にしても

 

なんで、名前なんてベタなもの彫ったかなぁ~

 

花とか葉とか、魚とか、幾何学模様とか、いくらでもあっただろうに。

せめて、梵字にしとけばよかった。

 

自分の発想力の貧困さが情けない…

 

 

いや、待て。

 

先に自分緒名前の一文字を彫ったのはダンナだった。

それに影響されて、つい、わたしも名前の一文字彫っちゃったんだ!

つくっていたときはダンナの小さな文字をせせこましいと笑ったけれど、

焼きあがってみると、なんか模様っぽくって、かえっていい感じになってる。

それに引き換え、わたしの方は、なまじ大きく彫ったから、却って幼稚でダサくない?

 

 

あ~恥ずかしい!!!

 

 

車に注意

 

先日、車に轢かれそうになった。

 

場所は、ゴルフ場。

 

 

突然、お尻のあたりにすごい衝撃。

 

見ると無人の電動カートが・・・

 

 

 

あ~

 

 

 

 

自分でコントローラーのスイッチを押して動かしてたんだね。

 

 

そのことをすっかり忘れてカート道に、うっかり突っ立っていた。

 

 

 

 

久しぶりの、やっちまった感。

 

 

電動カートは、同じ電動カートには反応するけれど、人間には反応しない。

 

 

だから、氣をつけてくださいね。

 

 

と、ゴルフ場では必ず注意を受けるし、カートにも注意書きがあったりする。

 

 

 

 

十分、わかっていたはずなのに…

 

 

 

 

 

日ごろから、お尻に肉を蓄えておいたおかげ?で、大事には至らず、

その後もプレーを続けることができました。

 

 

 

 

でも、電動カートって、ある程度の衝撃で止まるようにできているんだね。

初めて知った。

そうでなかったら、わたしの左半身は、確実にカートの下敷きになっていたよ。

良かった、良かった。

 

 

 

 

 

 

にしても、お尻が痛い。

 

 

これは絶対、アザになるなぁ~