あけと流ことだま講座開講!!

DSC_4559 - コピー

 

わたしが言靈ワークショップというのを恐る恐る始めてから、まもなく2年経ちます。

 

DSC_2092

 

東京はもとより、神奈川・京都、そしてニューヨークでも開催させていただくことができました。

 

o0480064013120862017[1]

 

ワークショップにご参加くださった皆さまには、心から感謝申し上げます。

 

2016-03-27 00.30.42

 

参加者数も100名を超え、この機会に言靈ワークショップ『50音の秘密』を全面リニューアルし、『あけと流ことだま講座』として、新しく始めることといたしました。

こちらの講座は、初級・中級・上級と3段階に分かれており、皆さまのご興味に合わせて選んでいただけるようになっています。

 

講座の目的は、≪ことだまとともに開く豊かな人生≫です。

 

ことだまのチカラを身につけて、ご自身の望む未来への扉をご自身の手で開けられるようになっていただきたいと思います。

 

bcfc4516a03f27fd08c549a4f1d72b29_s

 

++++++  ++++++

    ++++++   ++++++

 

 

講座の概要は、次の通りです。

 

≪初級≫ ことだま講座基本のキ

1.日本が古来より『言靈の幸ふ国』と言われ、言靈を信じるのはなぜか?

言葉が生まれてきた過程を知ることで、言葉に魂が宿る理由を知ります。

また、自然に最も近い音と言われる母音の響きを実感します。

 

2.名前に込められた本当の意味を知る

ご自身にとって最も身近な言葉は、『名前』です。

その意味を知ることは、自分の生まれてきた意味やこれからの生き方を考えるうえで、とても役に立ちます。

 

*****

 

『姓』には家系の、『名前』にはその人自身の個性や特徴が込めらています。

ワークを交えながら、深く探っていきます。

 

3.日常生活にぜひ積極的に取り入れていただきたい言葉 ~その1~

日々使う言葉によって、自分自身だけでなく回りの人々、ひいては人生も大きな影響を受けます。

よい影響を受けられる言葉を積極的に使うことによって、言霊のチカラを最大限に生かし、人生を豊かに生きましょう。

 

📩 お問合せ・お申し込みは、こちらから 📩

 

*本講座開講に先立って、初級講座のモニター受講者を若干名募集します。

   開催日時:7月13日(水)13:00~15:00

    場 所:江東区亀戸のマンション

      募集人数:4名

    参加費:3000円

 

📩 お問合せ・お申し込みは、こちらから 📩

 

3ef5284aa5fe40d201c75a262c56db06_s

 

≪中級≫

1.日本語の特徴を深く知る

日本語の50音一音一音には、固有のエネルギーがあります。

それらを知ることで、ご自分で様々な言葉の持つエネルギーがわかるようになります。

ワークを交えながら、実践的に学んでいきます。

 

2.日本語と外国語との違いを知る

世界の言語の百科事典ともいえるEthnologueによると、現在、世界には6900ぐらいの言語があるといわれています。

なぜ、こんなに多くの言語が存在するのでしょうか?

 

*****

 

言葉は、そこに暮らす人々の意識の表れです。

様々な国の言葉をエネルギー翻訳することで、それらの国の人々との意識の違いも考えてみましょう。

 

3.日常生活にぜひ積極的に取り入れていただきたい言葉 ~その2~

あなたは、毎日どんな言葉を多用していますか?

あなたの使う言葉があなたの人生を作っていきます。

よい影響を受けられる言葉について、さらに深く学びます。

 

📩 お問合せ・お申し込みは、こちらから 📩

 

3e53b4709e8178e2b54a4a0685ca26a0_s

 

≪上級≫

1.日本の3つの文字種について

日本語の書き言葉には、漢字・カタカナ・ひらがなという3つの文字の種類があります。

これらは、どうしてできたのでしょう?

たとえば、「ツ」と「シ」の違いは、どこにあるのでしょう?

これを知れば、よく似た文字の大きな違いがわかります。

 

2.これだけは知っておきたい漢字の意味

漢字の意味をを知るだけで、毎日の食事に何を食べればいいのかも、簡単にわかるようになります。

そんな日々の生活に役立つ漢字とその意味をお伝えします。

 

3.日常生活にぜひ積極的に取り入れていただきたい言葉 ~その3~

自分に役立つ言葉を、自分で創ってみませんんか?

≪初級≫≪中級≫と、ことだまについて様々な角度から学んできたあなたになら創れます。

オリジナルの言葉からオリジナルの人生を生み出していきましょう。

 

b0b3bf5037182b41e97158c055d1d48b_m

 

*****

 

上級修了者には、修了書をお渡しします。

さあ、これで、あなたも日本語通!!

 

++++++  ++++++

    ++++++   ++++++

 

各講座の所要時間と参加費は、次の通りです。

≪初級≫ 2時間5000円

≪中級≫ 2時間6000円(初級受講者は、特割5000円)

*『50音の秘密』受講者は、再受講扱いで初級・中級とも2000円引きとさせていただきます。

≪上級≫ 3時間8000円(初級・中級受講者は、特割7000円)

 

*講座の開講は、9月からを予定しています。

 

*本講座開講に先立って、初級講座のモニター受講者を若干名募集します。

   開催日時:7月13日(水)13:00~15:00

    場 所:江東区亀戸のマンション

      募集人数:4名

    参加費:3000円

 

📩 お問合せ・お申し込みは、こちらから 📩

ワークショップに参加された方々の感想です

3月27日にニューヨークで開催した『日本語の素晴らしさ再発見』に参加された方々からいただいた感想をお伝えします。

 

ワークショップに参加されたきっかけは?

 

・言葉がけが子育てに重要だと思うので

・発する言葉によって水の結晶が変わるというのを知って、言霊を知りたいと思いました。

・私自身アートを考えるエデュケーターなので、言葉の苦手な部分をもう少し勉強したかったため。

・前から興味がありました。

・アップルビレッジで知り、言葉がうまく使えていないことを日ごろ実感しているわたしとしては、ぜひ!と参加しました。

 

このワークショップに参加されて、良かった点や氣づいた点をお書きください

 

・ひらがなから伝わる言葉の意味、強さがこれほど日常生活に大切なことであるにも関わらず、今まで無視していた現状に気づかされました。

・一つ一つの持つ言葉のエネルギーを知れたこと。

・もっと丁寧に言葉を感じて使っていきたいと思いました。

・言葉の原点がわかり、日本語の素晴らしさを実感できてよかったです。

・新しい観点から言葉を見る・発するきっかけになりそうです。

・言葉のチカラ

・音そのものが持つエネルギーを知ることができ、あるいは意識することができるようになり、とてもありがたく感じました。

・和語と漢語の違いについて認識することで、今後、教育者としても、自分自身の言葉の重みが違ってくるように思います。

 

 またワークショップに参加されるとしたら、どのような内容を希望されますか?

 

・どんな況にどのような言葉を使うと理想的なのか。色々なシーンを実際に考えてみたら面白いと思います。

・子どもと一緒に感じるワークショップ。

・グループワークショップでも参加したいです。

・言葉作りをしてみたいです。

・家族の名前、名前のカードがもっとやってみたいです。

・表現の仕方、言葉の選び方など、実際に生活の中で活かせることも、もっと知りたいです。

 

 その他

 

・言葉の成り立ちや他の国の言語など、とても楽しかったです。ありがとうございました。

・シリーズでお願いしたいです!

・「ことだま~?」という感じで、わかるようなわからいような感じで参加させていただきましたが、とても新鮮で楽しかったです。

・自分が伝えたいと思う気持ちが、実は伝わっていないことがとても多いなと痛感します。言葉、音をもっと深く理解できるといいですね。

 

*****

 

みなさん、ありがとうございました。

みなさんからいただいた意見を元に、さらにワークショップを磨き上げていきたいと思っています。

また、ぜひニューヨークでお会いしましょう!!

わたしがワークショップを始めた訳

わたしは学者ではありません。

なのに、わたしのワークショップやセミナーには、言語学や音声学、そして音相学といった学問が散りばめられています。

 

プロフィールでも触れていますが、わたしは本に囲まれて育ちました。

  連載プロフィールもくじは、こちらから

 

eb2177c6e0fd6e70c460e25fc78bc913_s

そんなわたしは中学生になるまで本屋で本を買って読んだことがありません。

買わなくても家にいくらでも読みたいと思える本があったからです。

シートン動物記

怪盗ルパン全集

といったシリーズ物から、

秘密の花園

小公女

若草物語

etc.

 

改めて見てみると翻訳物が多いですね。

世界文学全集と並んで日本文学全集もあったのですが、なんとなくカビ臭いイメージがあって読まなかったようです~

中学生になると遠藤周作の狐狸庵シリーズや、北杜夫のドクトルマンボウのシリーズが面白かったですね。

 

さて、小学生の頃のわたしの趣味は、国語辞典をひくことと、教科書の音読です。

国語辞典をひくといのは、まず教科書をざっと読んで、読めない漢字や意味のわからない言葉に赤線をどんどん引いていき、それをノートに書き出して、片っ端から辞書で調べていくのです。

693c041886ec99996f4af75481805e66_s

教科書の音読は上手く読めれば自分だけでなく、聞いている人も喜んでくれると同時に、耳に心地良かったからだと思います。

 

つまり、小学生にして、すでに日本語の魅力に取りつかれてしまったわけです。

 

で、何で、それがワークショップやセミナーになるの?

 

ですよね~

 

わたしも、じっくり考えてみました。

 

この続きは、次回に