お母さん向けの講座を始めます

今、子育て真っ最中の、

あるいは

これからお母さんになろうというしているみなさまへ。

 

 

 

言葉なんて、放っておいても自然に覚えるものだと思っていませんか?

 

 

いえいえ、生まれたばかりの子どもには、

「楽しい」と「悲しい」という言葉の違いはわかりません。

 

 

それでは、どうやって、

 

 

いつどんな気持ちの時に、

どの言葉を使うのか

 

 

ということを、学ぶのでしょう。

 

 

 

それは、お母さんをはじめとする周りの大人たちとの

生きた会話から学んでいくのです。

 

 

 

だから、たとえば

 

ただテレビを見せておけば、自然と覚えていく

 

というものではありません。

 

 

 

 

なぜなら、テレビの画面を通じてでは、

感情の波動というものが伝わってこないからです。

 

 

このように、言葉は、自然に覚えているようで、実はそうではないのです。

 

 

 

 

どんな気持ちの時に「楽しい」と言うのか。

 

どんな気持ちを抱いたときに「悲しい」という言葉を使うのか。

 

 

 

それらをきちんと伝えることで、子どもは感性豊かな、

コミュニケーション能力の高い子供に育てることが可能です。

 

 

 

わたしはこれまで、人生を豊かにする≪ことだま講座≫という講座を開催してきましたが、

来年から子育て中のお母さま方を対象とした≪ことだま講座≫も始めたいと考えて。

 

 

子育て中のお母さま方にも、気軽の参加していただける時間帯・参加費で、

お役に立てる講座をしていきたいと思います。

 

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

自分を好きになる〈こころひらき〉

 

人生を豊かにする ≪ ことだま講座 ≫ 

<こころひらき> のご案内です。

 

 

 

 

こころひらき

 

って、誰の心を開くの?

 

もちろん、あなたの心です。

 


 

さて、目標設定をすることが大切だとは、よく言われることですが…

 

もちろん、自分がどこへ向かうかを決めることはとても大事。

でも、それだけではどこにも行けません。

 

 

まずは、

 

今、自分がどこにいるのか

 

それを知ることが大切。

 

 

 

 

乗り換えアプリだって、行先だけ入れても経路案内は出てきませんよね。

 

 

 

さて、ここで一つ質問です。

 

あなたは、自分が好きですか?

 

 

う~ん

好きなところもあるし、嫌いなところもあるかなぁ

いやいや、わたしは自分のことが好きじゃない

つい自分の嫌なところにばかり、目が行ってしまう

 

 

 

はい。それで大丈夫。

いいんです。

今は、それでいいんです。

まずは、自分の居場所=スタートラインが確認できれば、それでオッケー。

 

 

次に、ちょっと考えてみてください。

 

もし、好きになれないとしたら、人生という長い道のりを、そんな自分とともに歩んでいけるでしょうか?

 

旅行だって、同じです。

 

氣の合う人と行く旅行は楽しいけれど、そうでない人が一緒だったら…キツイですよね。

 

まずは自分が自分の一番の理解者・味方になりましょう。

なぜ、自分が自分の一番の理解者・味方になる必要があるのか、どうしたらなれるのか。

なぜ、自分を好きになる必要があるのか、どうしたらなれるのか。

〈 こころひらき 〉では、そこから丁寧にひも解いていきます。

 

 

 

 

自分を知る手がかりとして頼りになるのが『名前』。

 

あけと流ことだま講座では、あなたの名前の一音一音(ひらがな)から、あなたの個性や強みを鑑定していきます。

 

そのうえで、今のあなたが、その個性や強みを活かせているか、どうしたらもっと輝かすことができるのかもアドバイスいたします。

 

 

< こころひらき > で目指すのは、

 

 

より良い人生を生きるための土台づくり

 

 

 

 

 

 

 

 

あけと流ことだま講座は、お一人さまからお受けいただけます。

場所は、落ち着いたカフェの一角やレンタルスペースなど、ご相談の上で決めさせていただきます。

グループ受講をご希望の方は、その都度日程案内をご覧ください。

 

 

 

<こころひらき>

 

所要時間:90分(参加人数によって前後します)

受 講 料 :6,000円(資料代・飲み物代など諸経費込みです)

お問い合わせ。お申し込みはこちら

ご都合の良いお日にちを、3日ほどお知らせください。

 

 

『 思う 』 ことと 『 言葉にする 』 こと

人間関係について語られるとき、なんでも言い合える関係が良いとよく言われますが…

 


 

日常生活を送る中で、わたしたちは日々いろいろなことを思いながら暮らしています。

 

嬉しい

 

とか、

 

ありがたい

 

とか、

 

良かった

 

と、思えることばかりならいいのですが、

 

あれ?

 

とか

 

おいおい

 

とか、

 

勘弁してほしいなぁ

 

なんて、思うこともあります。

 

 

 

 

それらを、思いつくままに、次から次へと言葉にしてしまうなんてこと、ありますか?

たとえ仲のいい友人と一緒でも、すべて思ったことを言葉にしているとは限りませんよね。

 

 

 

心に『思う』ことと、『言葉にすること』は、イコールではありません。

また、イコールがベストなのでもありません。

 

思ったことを言葉として発するまでの間には、ハードルのようなものがあります。

 

そのハードルは、思った内容と伝えようとしている相手との関係性によって、

あるいはその場の状況などによって、それぞれに高さが変わってきます。

 


 

たぶんコミュニケーションの苦手な人というのは、このハードルの高さの調節が苦手な人。

 

かく言うわたしも、かつては苦手でした。

⇒ブログ「確かな人間関係」

 

それでトラブルに巻き込まれたことも一度や二度ではありません。

かなり深刻な問題に襲われたこともあります。

 

けれど、心と言葉の関係や、ハードルの高さの設定の仕方、言葉の持つ本来のエネルギーなどについて知ると、

こんなトラブルに巻き込まれることは、確実に減ってきます。

 

 

 

特に、

 

人間関係に苦手意識をお持ちの方

 

そんな方向けの新しい講座を9月からスタートさせます。

 

 

あけと流ことだま講座 

≪ ことばひらきコース≫ 

です。

 

 

人間関係に振り回されるのではなく、自分の望む人間関係を築く。

それには、言葉を使いこなせるようになることです。

 

講座を受けていただけば、言葉はあなたにとって苦手なものなのではなく、

あなたを自由にしてくれる最高のツールであることが納得できるでしょう。

 

9月スタート!!

あけと流ことだま講座

≪ ことばひらきコース ≫

 

 

日本語や言霊について、じっくり学んでみたいという方は、こちらをどうぞ

≪ あけと流ことだま講座 ≫

初級編

中級編

上級編

 

* * * * * * * *

 

お問い合わせは、こちらまで

 

⇒日本語が大好きだ!

 

⇒『 生まれて初めて小説を書く 』